> How to Use > パーティション管理 > WindowsをGPTパーティションでインストール不能時の対処法

WindowsをGPTパーティションでインストール不能時の対処法

2016-12-20 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
WindowsシステムをGPTパーティションでインストールしようとしたが、「WindowsをGPTパーティションでインストールするのはできません」とのメッセージが出て失敗しました。WindowsをGPTパーティションでインストール不能な場合、どう対処すればいいでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

「Windowsのインストールに失敗しました。GPTパーティションでインストールするのが無理みたいなエラーメッセージが出て、WindowsをGPTパーティションでインストールできませんでした。どうすればいいのでしょうか?」

Windowsをインストール時、前のようなエラーに遭った人は少なくないでしょう。どうすればこの問題を解決できるでしょうか?次は二つの対策を皆さんにご提供します。

方法一:BIOSでUEFI起動に設定する

起動ディスクがUEFI起動モードに対応するのはこの対策の前提です。試す前には是非確認してください。

  • パソコンを再起動し、「BIOS」に入ります。
  • 「UEFI boot」をイネーブルして、設定を保存します。
  • 再度Windowsインストールを試します。

UEFIモードではGPTパーティションが64bitしか対応しませんので、正しいバージョンをダウンロードすることに気をつけてください。

方法二:GPTパーティションをMBRに変換

GPTパーティションをMBRに変換すれば、Windowsインストールが確実に可能になります。ここで、GPT変換ツール搭載の無料パーティション管理ソフトEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。GPTパーティションをMBRに変換してから、再度Windowsインストールを試しましょう。

1.ソフトを実行して、初期画面でMBRに変換したいGPTディスクを右クリックして、「GPTをMBRに変換」をクリックします。

「GPTをMBRに変換」を選択する

2.上の欄で「実行」をクリックして、変更を適用しますかとの画面でで「はい」をクリックして操作を実行させます。

「変更を適用」を選択する

3.パソコンを再起動して、Windowsインストールを行います。

EaseUSが選ばれる理由