> How to Use > パーティション管理 > ベスト3| Windows Serverパーティションツール(無料&有料)

ベスト3| Windows Serverパーティションツール(無料&有料)

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/24
   
NANAちゃん
執筆者:NANAちゃん
   

概要:

Windows Serverコンピュータ用の無料のディスクパーティションマネージャーはありますか?このページに従えば、2023年に最高のWindows Serverパーティションツールを無料でダウンロードする方法が分かります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows Server用の無料のパーティションマネージャーはありますか?

Windows Server用のパーティション管理ソフトウェアを検索しているとき、多くのWindows Server管理者は、コンピュータのディスクやボリュームのパーティション分割のために無料のパーティションソフトウェアを好む。しかし、Windows Serverユーザーがディスクを独立して適用し、効果的に管理するための無料のパーティションマネージャーはあるのでしょうか?

この問いに対する答えは、YesでもありNoでもあります。

Windows Serverシステムには、基本的なディスクパーティション操作を無料で実行するツールが内蔵されているからです。そして、無料のサーバー・パーティション・ツールは以下の通りです。

  1. サーバーのディスク管理
  2. サーバーでのDiskPartコマンドプロンプト

なぜ「いいえ」という答えを主張するかというと、「ベストフリーパーティションソフト」と検索すると、Windows関係者やホームユーザー向けのフリーソフトのリストが表示されるからです。残念ながら、この検索結果は期待にかなりマッチしていません。また、キーワードを「無料パーティションマネージャー Windows Server」「無料Windows Serverパーティションマネージャー」のように切り替えると、Windows Serverのパーティションソフトのおすすめリストが表示されます。

そして、各ページに入ると、これらのソフトウェアは無料であると主張していますが、家庭や個人ユーザー向けに設計されています。残念ながら、Windows Server管理者やITサービスプロバイダーは、まだ支払いを必要としています。

Windows Serverパーティションマネージャー【無料・有料】のベストは何か?

では、Windows Serverのパーティションやディスクを管理するための生産性の高いパーティションマネージャーソフトウェアとして、どのツールを選べばいいのでしょうか。

ここでは、2つの無料のWindows内蔵パーティション管理ツール - Disk ManagementとDiskPartコマンドライン - と信頼できるサードパーティ製のServerパーティション管理ソフトウェア - EaseUS Partition Masterを比較します。そして、普遍的なディスクパーティションの目的に基づいて、どのツールを選ぶべきかを知ることができます。

特徴 ディスクの管理 DiskPartコマンドプロンプト EaseUS Partition Master
対応OS すべてのWindowsおよびWindows Serverシステム。 すべてのWindowsおよびWindows Serverシステム。 すべてのWindowsおよびWindows Serverシステム。
基本機能
  • シンプルなボリュームを新規に作成する
  • エクステンドボリューム
  • シュリンクボリューム
  • ボリュームを削除する
  • フォーマットボリューム
  • シンプルなボリュームを新規に作成する
  • エクステンドボリューム
  • シュリンクボリューム
  • ボリュームを削除する
  • フォーマットボリューム
  • シンプルなボリュームを新規に作成する
  • エクステンドボリューム
  • シュリンクボリューム
  • ボリュームを削除する
  • フォーマットボリューム
高度な機能
  • ベーシックをダイナミックに変換する
  • MBRからGPT、GPTからMBRへの変換(全パーティションの削除が必要です。)
  • ベーシックをダイナミックに変換する
  • MBRからGPT、GPTからMBRへの変換(全パーティションの削除が必要です。)
  • BasicからDynamic、DynamicからBasicに変換する
  • MBRをGPTに、GPTをMBRに変換する
  • ディスクやパーティションのクローンを作成する
  • OSをHDD/SSDに移行する
  • パーティションリカバリー
  • ダイナミックボリュームの作成、拡張、縮小
  • NTFSからFAT32、FAT32からNTFSに変換する
  • クラスターサイズを変更する
  • 4Knハードディスクを管理する
難易度 ミディアム コンプレックス イージー

では、Serverコンピュータのディスクパーティション管理には、どのツールを選べばいいのでしょうか。

  • 簡単で無料のパーティション分割ソリューションとして、ディスク管理はWindows Serverユーザーにとって信頼できるものです。
  • しかし、MBRとGPTの間でディスクを変換したり、OSをSSDに移行したり、あるいはシステムを再インストールせずにシステムディスク全体を新しいものにアップグレードすることが多い場合、EaseUS Partition Masterは信頼に値します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

パーティションマネージャーソフトウェアやツールをダウンロードして適用し、サーバー上でディスク管理操作を実行するにはどうすればよいですか?以下のガイドに従って、今すぐディスクパーティションの管理を開始しましょう。

パーティション管理に最適なWindows Serverパーティションツール無料ダウンロード3選

ここでは、Serverパーティションマネージャツールをダウンロードして適用し、コンピュータの拡張、縮小、作成、またはいくつかの高度な操作を実行する方法を紹介します。3つのツールは、簡単なものから複雑なものまでリストアップされます。

ここから始めましょう。

#1.EaseUS Partition Master 無料ダウンロード

EaseUS Partition Masterは、WindowsとWindows Serverのすべてのレベルのユーザーが基本および高度なパーティション管理操作を効果的に実行することができますサードパーティ製のディスクパーティションソフトウェアです。このソフトは、Windows Serverユーザーをサポートし、パーティションの拡張、縮小、作成、フォーマット、および数回の簡単なクリックでディスクまたはシステムを新しいドライブに正常にアップグレードすることに適用します。

1.ハードディスクをパーティションで分割する

ステップ1:EaseUS Partition MasterをPCにインスールして、起動します。

ステップ2:ターゲットドライブを右クリックして、「パーティション分割」を選択します。

ドライブパーティションを分割する手順2

ステップ3:ドライブにある黒い点を右にトラックしてパーティションを分割して、「OK」ボタンをクリックします。

ドライブパーティションを分割する手順3

ステップ4:右下のタスクキューにある「1個のタスクを実行」をクリックします。「適用」をクリックすると、分割が開始します。
ドライブパーティションを分割する手順4

2.ディスクをMBRからGPTに変換する

3.ディスクのクローン、新しいHDD/SSDへのアップグレード

ステップ1.ソースディスクを選択します。

  • 左のメニューから「クローン」をクリックします。OS ディスクのクローン」または「データディスクのクローン」を選択し、「次へ」をクリックします。
  • ソースディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ2. ターゲットディスクを選択します。

  • 目的のHDD/SSDを保存先として選択し、「次へ」をクリックして続行します。
  • 警告メッセージを読み、「はい」ボタンを確認します。

ステップ3. ディスクレイアウトを表示し、ターゲットディスクパーティションサイズを編集します。

ターゲットディスクのデータをすべて消去するとの警告が表示されたら、「続行」をクリックします。(ターゲットディスクに貴重なデータがある場合は、事前にバックアップをとってください)。

ディスクのレイアウトをカスタマイズするために、「ディスクの自動装着」、「クローンをソースにする」、「ディスクレイアウトを編集する」を選択できます。(Cドライブのスペースを確保したい場合は、最後のものを選択してください)。

ステップ4. 「実行」をクリックして、ディスククローニング処理を開始します。

他の高度な機能:

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

#2.ディスク管理 無料ダウンロード ハウツーガイド付き

ディスクの管理はWindowsに内蔵されているツールで、Windowsユーザーがディスクの基本的な操作を行うのに役立つものです。したがって、このツールでハードドライブのパーティションを管理することが多い場合、ツールのダウンロードやインストールは全く必要ありません。

そして、「ディスクの管理」でハードディスクを管理するコツを紹介します。

1.新しいシンプルボリュームを作成する

  • Windowsキー+Sキーを押し、「ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット」と入力し、クリックするとディスクの管理が開きます。
  • 対象ディスクの未割り当て領域を右クリックし、「新規シンプルボリューム」を選択します。
  • パーティションにファイルシステム、ドライブレター、ボリュームサイズを設定します。
  • 完了をクリックして完了です。

新しいシンプルなボリュームを作成する

2.シュリンクボリューム

  • Windowsキー+Sキーを押し、「ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット」と入力し、クリックするとディスクの管理が開きます。
  • 縮小する傾向があるパーティション上で右クリックし、「縮小」を選択します。
  • ターゲットボリュームで縮小しがちなサイズを設定し、「OK」をクリックして確定します。

ターゲットボリュームに追加することを選択し、「OK」をクリックして確定します。

3.エクステンドボリューム

なお、Serverコンピュータでディスクの管理を使ってボリュームを拡張するには、ターゲットボリュームの横に未割り当ての領域が残っている必要があります。

  • ディスクに未割り当ての領域がない場合は、事前にネイバーボリュームを縮小する必要があります。
  • 未割り当ての領域がボリュームの隣にない場合、Resize/Move機能を持つEaseUS Partition Masterは、空き領域をターゲットパーティションに直接追加することができます。

ここでは、未割り当ての領域が残っているServerコンピュータのボリュームを拡張する手順を説明します。

  • ディスクの管理」を開き、対象ボリュームを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

エクステンドボリューム

  • 未割り当ての領域をターゲットボリュームに追加することを選択し、「OK」をクリックして確定します。

4.フォーマットボリューム

ボリュームをフォーマットする前に、すべての重要なコンテンツを別のドライブにバックアップしていることを確認してください。以下はその手順です。

  • ディスクの管理を開き、フォーマットしたいターゲットボリュームを右クリックします。
  • 「フォーマット」を選択し、ファイルシステムを設定し、「OK」をクリックします。

フォーマットパーティション

#3.DiskPart コマンドプロンプトの無料ダウンロードとハウツーガイド

DiskPartは、Disk Managementと同様に、シンタックスラインを実行して、コンピュータにディスクパーティション分割などの実行を命令するコマンドプロンプトツールです。

Serverコンピュータでディスク管理タスクを実行するためにそのコマンドを実行する際には、十分な注意が必要です。

1.ボリュームを作成する

  • Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。
  • コマンドプロンプトにdiskpartと入力し、Enterを押します。
  • 以下のコマンドラインを入力し、その都度Enterを押してください。
  1. リストディスク
  2. セレクトディスク
  3. create partition primary size=* (MB)
  4. assign letter=G (ドライブレターを追加)
  5. select volume * (*はボリューム番号)
  6. フォーマット fs=ntfs クイック

新しいシンプルなボリュームを作成する

2.ボリュームを削除する

  • Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。
  • コマンドプロンプトにdiskpartと入力し、Enterを押す。
  • 以下のコマンドラインを入力し、その都度Enterを押してください。
  1. リストディスク
  2. セレクトディスク
  3. ディテールディスク
  4. 選択ボリューム*
  5. 削除する

ボリュームを削除する

3.フォーマットボリューム

  • Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。
  • コマンドプロンプトにdiskpartと入力し、Enterを押す。
  • 以下のコマンドラインを入力し、その都度Enterを押してください。
  1. リストディスク
  2. セレクトディスク
  3. リストボリューム
  4. セレクトボリューム
  5. フォーマット fs=ntfs クイック

または、NTFSを他のファイルシステムに置き換えて、ボリュームに設定することも可能です。

書式容量

diskpartで上記の操作を実行する際にエラーが発生した場合は、このガイドに従って解決することができます:Windows 11/10でコマンドプロンプトが動作しないのを修正する

まとめ

このページでは、Windows Server用の「無料のパーティションマネージャーツールはありますか」という質問にお答えしました。

  • マイクロソフトがハードディスクを管理するための「ディスク管理」と「DiskPart」という2つの無料ツールを開発したことが理由です。
  • この2つのツールは、基本的なディスク管理の状況でしか機能しません。OSドライブのクローンやアップグレードなど、高度な要求には、やはり専門的なServerパーティションソフトに頼る必要があります。

WindowsServerをお使いの皆様に、様々なタスクを実行するための無料と有料のパーティションマネージャツールを提供します。この3つのツールの中で、EaseUS Partition Masterは、コンピュータのパーティションを素早く最適化し、内部および外部ディスクを管理するのに役立つものです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

よくある質問

1.使いやすいWindows Server用のパーティションマネージャーツールを教えてください。

一番お勧めのはEaseUS Partition Masterです。この優れたパーテーション管理ソフトはパーティションを拡張、変更、縮小することなどの高度な機能を持っています。

2.EaseUS Partition Masterは無料ですか?

EaseUS Partition Master Freeは、パーティション管理の基本的な機能をすべて搭載した無料のパーティションマネージャーです。パーティションのサイズ変更、拡張、フォーマット、クローンパーティション、OSのSSDへの移行などが可能です。

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!