EaseUS Partition MasterでOSを移行

適用OS

Windows 10 /8.1 /8 /7 /Vista /XP
Windows Server 2012/2008/2003/2000(上位版のみ)

適用デバイス

ハードディスク
SDカード
SSD
USBメモリ
RAIDディスク
そのほかのストレージデバイス

OS移行の概要

OS移行、つまり現在使用中のオペレーティングシステムを別のパソコンに移行することです。システムディスク容量不足のため、OSをHDDに移行する、性能をあげるため、OSをSSDにいこうする、または企業内ですべてのPCでOSをインスールするなど、様々な場合でOS以降が必要となります。このページでは、Partition MasterでOSを別の機器に移行する方法をわかりやすく解説します。

Partition MasterのOS移行機能

Partition Masterで次のようなOS移行のシチュエーションで役に立ちます。
1.OSをHDDからSSDに移行する
2.OSをHDDからHDDに移行する
3.OSをSSDからHDDに移行する
4.OSをSSDからSSDに移行する
5.OSをディスクから容量のもっと小さいディスクに移行する

ご注意:

1.OSの移行先のディスク上のデータがすべて消去されますので、必要に応じてバックアップを取ってください。
2.移行先がSSDの場合、「SSDならオプションを確認する」をチェックしてください。
3.移行先のディスクにパーティションがある場合、パーティションを削除する必要があります。パーティションを削除したくない場合、別のHDD/SSDを選択してください。

Partition MasterでOSを移行する手順

  • ステップ1.ソフトの最初画面の上部メニューにある「OS移行」機能を選択します。そして、OS以降先のディスクを選択します。

  • ステップ2.現在のHDD/SSDの状態(レイアウト)が表示されます。移行を開始する前に、パーティションのサイズを調整することができます。SSDに移行する場合、「SSDを最適化する」を選択してください。

  • ステップ3.画面の左上にある「保留中の操作」をクリックして操作の内容を確認することができます。そして、「適用」をクリックしてディスク・パーティションのクローンを始めます。

オールインワンのパーティションマネージャ データ損失なしでパーティションをリサイズ、拡張、フォーマット、作成、移動できる