> How to Use > バックアップと復元 > パソコンのデータを外付けHDDにバックアップする2つの方法 - EaseUS

パソコンのデータを外付けHDDにバックアップする2つの方法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月29日に更新

概要:

この記事では、外付けHDDにコンピュータをバックアップするための2つの信頼性の高い方法を提供します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

写真や動画、資料などのデータが失われると、いらいらしていますね。パソコンに保存されているデータを失うのは、ほとんどの場合、ハードウェアの欠陥が原因です。大事なデータを守るために、定期的にコンピュータをバックアップする必要があります。

どのようなデータをバックアップする必要がありますか?

では、どのようなデータをバックアップすればよいのでしょうか。OS、プログラム、ソフトウェアはいつでも再ダウンロード、再インストールが可能ですが、安全に保管する必要があるのは個人データです。個人的なファイルやデータの中には、かけがえのないものもあり、データをバックアップしておかないと、大きな損失を被ることになります。データを守る簡単で便利な方法の1つは、外付けHDDに定期的にデータのバックアップを取ることです。

なぜ外付けHDDにバックアップする必要があるのでしょうか?

PCのバックアップ方法を知る前に、外付けハードディスクにデータをバックアップすることの重要性を知っておく必要があります。ほとんどの人は間違えて、PCのバックアップをどこかの内蔵ドライブに取ってしまいます。その場合、完全なシステムクラッシュは、あなたがすべてのあなたの敏感で、貴重なデータを使用することになることができます。CD/DVD、外付けハードディスク、クラウドストレージ、オンラインストレージなど、PCのバックアップを取る場所は他にもたくさんあります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

以下、機能一覧です。

  • システムのバックアップ: Windowsのシステムイメージを作成し、システムのクラッシュが発生する時、システムデータをに即座に復元することができます。
  • ファイルのバックアップ:重要なファイルを定期的にバックアップし、万が一紛失しても復元できます。
  • パーティション/ディスクバックアップ:ドライブまたはその一部だけをバックアップする必要がある場合、それも可能です。
  • ディスククローン/パーティションクローン/システムクローン:データをクローンすると、アプリケーションなどのデータを再インストールする必要がありません。

全体として、EaseUS Todo backupはほぼ全てのデータバックアップ・クローンニーズに応えあられます

EaseUS Todo backupの解説動画

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、「バックアップ内容の選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

ディスクバックアップ手順1

ステップ2.「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ディスク」を選択します。

ディスクバックアップ手順2

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクとパーティションを選択します。

ディスクバックアップ手順3

ステップ4.「バックアップの保存先を選択」をクリックします。

ディスクバックアップ手順4

ステップ5.ディスク/パーティションのバックアップの場合、バックアップをローカルドライブまたはNASに保存することを選択します。

ディスクバックアップ手順5

ステップ6.「今すぐバックアップ」をクリックします。プロセスの完了を待ちます。

ディスクバックアップ手順6

Windowsの「バックアップと復元」でPCのデータを外付けHDDにバックアップする方法

バックアップと復元は、コンピュータ上のすべてのファイルとユーザーアカウントのバックアップを取ることができるWindowsに内蔵されている機能です。十分な容量のある外付けドライブがPCに接続されていることを確認し、以下の手順に従ってください。

操作手順

ステップ1: Winキー+ Rを使用して実行プロンプトを開き、controlと入力し、Enterキーを押してください。コントロールパネルで、「システムとセキュリティ」 > 「バックアップと復元(windows7)」の順に移動します。

バックアップと復元の操作手順1

ステップ2:右側にある「バックアップの設定」をクリックして、バックアップ先を選択します。

バックアップと復元の操作手順2

ステップ3:必要に応じて、バックアップ対象を選択します。ここでは「自動選択」オプションを選択して、例として説明します。

バックアップと復元の操作手順3

ステップ4:バックアップ設定を確認して、「スケジュールの変更」をクリックして、必要があれば、自動バックアップのプランを設定することができます。

バックアップと復元の操作手順4

全ての設定が完成したら。「設定を保存してバックアップを実行」をクリックして、バックアップを始めます。

おまけ:システムイメージの作成

バックアップと復元では、システムイメージの作成も可能ですが、システムイメージのみを用意する場合は、同じ場所にオプションが用意されています。

操作手順:

手順1.「コントロールパネル」「バックアップと復元(Windows 7)」に移動します。

手順2.「システムイメージの作成」を選択します。

システムイメージ作成手順2

手順3.システムイメージを保存する外付けドライブを選択し、「次へ」をクリックします。ドライブに十分な空き容量があることを確認してください。

システムイメージ作成手順3

手順4.バックアップしたいディスクパーティションを選択します。システムパーティションはデフォルトでバックアップされます。

手順5.バックアップの設定を確認してから、「バックアップの開始」をクリックしてシステムイメージを作成します。

システムイメージ作成手順5

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。