> How to Use > バックアップと復元 > windows10PCでUSBから起動する方法

windows10PCでUSBから起動する方法

2019年06月25日に更新

筆者:Bak

バックアップと復元
概要:
Windows10のパソコンが、急に起動できなくなりました。パソコンに、大切な資料を保存していたのに、アクセスできなくなってしまいました、どうすればよいのでしょうか。そんな場合には、ブート可能なUSBドライブが必要です。本文では、Windows10のパソコンでブート可能なUSBからシステムを起動できる方法を皆さんに紹介します。

Windows10のブート可能なUSBドライブ作成手順

Windows10のパソコンが、急に起動できなくなった場合、落ちついて本ページを参照し、USBからの起動をやり遂げましょう。それではまず、コンピュータが起動できないトラブルに対応するためには、完全なシステムバックアップをすることとWindows 10の起動可能なUSBドライブを作成する必要があります。 
上記を行うために必要なツールとして、EaseUS Todo Backupというフリーソフトをお薦めします。EaseUS Todo Backupには、「システムバックアップ」と「ブータブルディスク作成」の機能によって、完全にシステムバックアップをすること、またはWindows 10の起動可能なUSBドライブを作成することが可能となります。

ガイダンス:たった1回のクリックだけでシステムバックアップをやり遂げる

ステップ1. EaseUSのフリーソフトEaseUS Todo Backup FreeをWindows 10 のパソコンにダウンロードしてインストールします。インストールを無事に完了した後、実行をします。

  無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

ステップ2. USBドライブをコンピュータに接続します。
ステップ3. アプリの画面で、システムバックアップをクリックしてシステムを守ることができます。

システムバックアップをクリック
ステップ4. ソフトはご利用のシステムを自動的に検出します。 バックアップ情報(プラン名、説明))を入力し、バックアップのターゲット場所を選択して実行をクリックします。念のために、 システムバックアップイメージを接続されたUSBドライブに保存しておきましょう。

バックアップ実行をクリック

ガイダンス:ブート可能なUSBドライブを作成する手順

ステップ1. ブータブルディスクをクリックします。

ステップ2. ブートディスクタイプとして「WinPEブータブルディスクの作成」を選択します。

ステップ3. ブートディスクの保存先としてUSBを選択します。 実行をクリックし、タスクが終了するまでお待ちください。

WINDOWS10のパソコンでusbから起動する手順

これでEaseUS Todo Backup Freeを使ってブータブルUSBドライブを作成することができました。 アップデートやウイルス攻撃により、システムがクラッシュし、アクセスできない場合には、ブート可能なUSBドライブが役に立つでしょう。

ステップ1. 起動可能なUSBドライブを起動できないWindows 10のパソコンに接続して、F2を長押ししてBIOS環境に入ります。

ステップ2. EaseUS Todo Backupブータブルディスクから起動を選択します。

パソコンが順調に起動すると、EaseUS Todo Backupの画面が自動的に表示されます。 作成したシステムバックアップイメージを選択し、リカバリをクリックすることで、Windows 10のコンピュータを問題なく健全な状態に戻すことができます。

リカバリをクリックし、健全状態に戻る

  無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ