EaseUS Exchange Recovery 1.0

迅速に(EDB)ファイルとデータを復旧・修復。2019, 2016, 2013, 2010のExchange データべースに対応。

Microsoft Exchange Serverエラーを解決 Exchange データベースファイル(EDB) 復旧法

 

Eseutil PowerShellコマンドに失敗した時のデータベースの修復

Eseutil PowerShellコマンドとは、 Extensible Storage Engine (ESE)やJetデータベースエンジンで小さな問題も修復可能なinbuilt ユーティリティのことです。PowershellコマンドによるEseutilユーティリティが、Exchangeデータベース破損修復に失敗した場合、EaseUS Exchange Recoveryツールによって破損したExchangeメールボックスデータを、コマンドなしで修復可能です。

 

アンマウント/Offline EDB メールボックス復旧

データベースがマウントに失敗したり、[HR=0X80004005, EC=-528] エラーを提示したりしたケースでは、メールボックスのフォルダーやデータ内容を損失してしまう可能性が大いにあります。効率的なEDB修復ソフトとして、EaseUS Exchange Recoveryソフトは高い実効性のあるスキャンアルゴリズムによる継続モードで、見つかりづらいデータベースを探し出すことができます。

 

予期せぬExchange Serverクラッシュからの復旧

様々なデータ破損トラブルは、操作の障壁となったりユーザーアカウントへのアクセス不可やユーザーのメールボックス情報の損失などを引き起こし得ます。これらは、Jetエンジンエラー、予期せぬシャットダウン、データベースのマウントエラーや論理的損壊問題などによって発生することが多いです。EaseUSのExchange Server復旧は、重度のダメージを受けたEDBファイルの修復をも可能にし、確実に全てのデータを取り戻すことができます。

 

予期せぬシャットダウン後のデータ復元

予期せぬシャットダウン(ダーティーシャットダウン)は、Exchange Server データベースファイルに損害を与えます。このような複合トラブルは、EaseUS Exchange RecoveryツールでEDBファイルを修復することによって簡単に解決できます。

操作性能を向上させるその他の特徴

 

Live Exchange Serverへのエクスポート

この機能は、復旧したEDBファイルデータを直接、Live Exchange Serverにエクスポートすることを可能にしました。Exchange 2019/ 2016 / 2013 / 2010対応。
以下の条件を満たす必要があります。:
a.Exchange権限アカウントを設定する。
b.それぞれのメールボックスアカウントデータで復旧対象を明確にし、そのアカウント権限情報を設定する。

 

Granular Exchange復旧

この高度な機能によって、ユーザーの望み通りに、Exchange Serverメールボックス、Eメール、多くの重要データなどの完璧な復旧を手に入れることができます。ユーザーは、従来、または、新しいExchange serverか、.MSGファイルに直接復元可能です。

 

自由自在にExchange Server メールボックスの内容を選択・復元

EaseUS Exchange復元ソフトは、どの特定メールボックスも選択できるオプションを持ち、別々にデータを復旧可能です。ユーザーの好みによって、各メールボックスを復旧できます。

 

復旧前のプレビュー機能

Eメール、添付ファイル、下書き、予定表、連絡先、送信済みアイテムなどのメールボックスの内容を復旧前にプレビューし確認することができます。この機能により、どのデータを復元したいか、自由自在に選択することが可能です。

動作環境

  • ハードウェア関連の情報 
  • 対応するOS 
  • 注意事項 

EaseUS Exchange Recoveryをインストールするには、次の環境が必要です。

マウス、キーボード、カラーモニターが備えられた標準PCでソフトを実行して下さい。
ハードディスク:
50 MB以上の空き容量
メモリー:
1 GB以上
プロセッサー:
Pentium クラス
ブータブルディスクを作成するには、CD-R/RW、DVD-R/RW、DVR+R/RW若しくはDVD+R/DLを用意する必要があります。

ユーザーガイド-Exchange Serverメールボックスファイルの復旧方法

Step 1: EDBファイルを選択
破損した.edbファイルを検索&選択します。
Step2: 分析
データをスキャンして、Eメールやその他の重要なデータ等の紛失データを探しだし、選択。
step3: データ復旧
データをご希望の場所にエクスポート、もしくはサーバに復旧する。