> How to Use > データ復元コンテンツハブ >Windows修復ツール・サービス【Windows 10/11】

Windows修復ツール・サービス【Windows 10/11】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki |カテゴリ: データ復元コンテンツハブ| 2022年08月01日に更新

概要:

Windowsの修復モードはどのように実行するのですか?Windows 10の修復ツールはありますか?この記事では、データを失うことなくWindows 10および11を修復するための、いくつかのWindows修復ツールおよびサービスを紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows は世界で最も普及しているオペレーティング・システムですが、問題がないわけではありません。時間の経過とともに、Windowsはさまざまな問題を引き起こし、パフォーマンスの問題、不安定さ、さらにはデータの損失につながる可能性があります。

Windowsの問題には、パフォーマンスの低下や応答性の低下、頻繁なクラッシュやブルースクリーン、不完全なアップデート、奇妙なエラーメッセージやポップアップ、プログラムが正しく動作しないなどがあります。

ただし、Windowsの修復には多くの方法があります。この記事では、Windowsの修復ツールとサービスを皆さんに紹介します。

Windowsに関する4つの重大な問題

Windowsには、ユーザーに不便を強いるいくつかのよく知られた問題があります。ここでは、最も深刻なWindowsのシステムの問題を4つ紹介します。

1.Windowsの準備ができていない

Windowsがシステムに更新プログラムを適用している最中に、「Windowsの準備をしています。コンピューターの電源を切らないでください」というメッセージが表示されます。これらの更新プログラムには、新機能、セキュリティパッチ、およびその他の改善が含まれることがあります。

アップデートをインストールするときは、コンピュータの電源を切らないことが重要です。電源を切ると、アップデートが失敗し、システムに問題が発生する可能性があります。

windowsの準備をしています

コンピューターがWindowsの準備画面で動かなくなった場合は、プロセスが終了するまで待つことをお勧めします。インストールされる更新プログラムのサイズや数によって、このプロセスには数分から1時間以上かかる場合があります。更新プログラムのインストールが完了すると、コンピュータが再起動し、通常通り使用できるようになります。

関連記事:対処法:「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」でフリーズ。

2.WHEA修正不可能なエラー

WHEAの修正不可能なエラーは、コンピューターの起動時に発生する可能性のあるハードウェアエラーの一種です。問題が発生すると、コンピュータは通常、次のスクリーンショットが表示するようなエラーメッセージとともにブルースクリーンを表示します。

WHEA修正不可能なエラー

WHEA修正不能エラーは、パソコンがクラッシュしたり、場合によってはデータの消失につながることもある深刻な問題です。そのため、早めの対処が必要不可欠です。

問題を解決するためには、原因を特定する必要があります。ほとんどの場合、プロセッサの過熱、メモリーの不具合、ハードディスクの故障、CPUの不適切な設定のいずれかになります。

プロセッサが過熱している場合は、冷却パッドまたはファンで冷却してみてください。または、メモリの障害が原因でWHEAの修正不可能なエラーが発生している場合は、メモリモジュールをリセットできます。

関連記事:実証済み|6つの方法でWindows10を修復する

3.Windows 10 がシャットダウンしない

多くのユーザーから、windows 10がシャットダウンしない問題が報告されていますが、この問題が発生する原因はいくつかあります。

1つの理由は、すべてのプログラムが閉じられたように見えても、バックグラウンドでまだプログラムが実行されていることです。Windows 10は自動的にアップデートを行うため、時にコンピューターが正しくシャットダウンしない原因となることがあります。それでも、電源設定、破損したシステムファイル、またはBIOSがシャットダウンプロセスを妨げる可能性があります。

関連記事:Windows 10シャットダウン不能時の対処法

4.パソコンがフリーズ・ブルースクリーンになる

フリーズ・ブルースクリーン(ブルースクリーン、BSODとも呼ばれる)とは、Windowsコンピュータシステムで致命的なシステムエラーが発生した後に表示されるエラー画面のことです。

フリーズ・ブルースクリーン

パソコンがフリーズ・ブルースクリーンになるのは、通常、RAMの障害、コンポーネントの過熱、またはシステムの他の部分と互換性のないハードウェアなどのハードウェアの問題によって引き起こされます。ソフトウェアがハードウェアと互換性がない場合、またはソフトウェアが適切に構成されていない場合、ソフトウェアエラーによってBSODが発生することもあります。

もし、このようなエラーが発生したら、何が原因かを調べ、コンピューターに深刻なダメージを与えたり、データの損失を引き起こす前に問題を解決することが非常に重要です。

関連記事:対処法:Windows 10でBSODになった

データを失うことなくWindows10を修復する方法 

Windowsの問題は、確かに上記のものに限りません。どのような問題に遭遇しても、パソコンのデータを安全に保つことは究極の目標です。そのため、Windowsを修復する前に、まずパソコンからデータを復元することを強くお勧めします。

EaseUS Data Recovery Wizardは、起動可能なコンピュータと起動不可能なコンピュータの両方から失われたデータを復元することが可能です。Windows 11、Windows 10、Windows 8、Windows 7、およびすべてのWindows Serverバージョンでのデータ復元をサポートしています。

Windows10が正常に起動できません?Data Recovery Wizard Pro & Bootable Mediaを利用して、壊れたハードディスクやアクセスできないWindowsパソコンからデータを復元する方法をご紹介します。

ステップ1.ブータブルディスクから起動できないパソコンを開けてから、EaseUS Data Recovery Wizardが出てきます。初期画面でスキャンを行うディスクを選んでください。それから、スキャン開始します。

起動できないパソコン データ復元1
ステップ2.スキャンが完了すると、左側に表示された「削除されたファイル」などからデータを確認してください。より速くデータを見つけるには、下記の方法をお試しください。

a.フィルター:データ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。
b.検索ボックス:直接にデータ名を検索することが可能です。

起動できないパソコン データ復元2
ステップ3.確認できたデータをチェックして「リカバリー」をクリックすると、指定場所に保存できます。ここまでは復元操作が完了です。

起動できないパソコン データ復元3

データ復旧に成功した後、以下の方法でWindows 10の修復を行います。

修復1.Windows 修復のためのコマンドプロンプトを実行する

Windowsの不具合やクラッシュの中には、システムファイルの破損に起因するものがあります。DISM とSFCのWindows修復ツールを使って、Windowsをスキャンして修正します。

詳しい操作方法は以下の通りです。

ステップ1.まず、復元環境で起動する必要があります。これを行うには、「Shift」キーを押しながら、スタートメニューの「再起動」オプションをクリックするだけです。

ステップ2.「トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンドプロンプト」を選択します。

ステップ3.Windows 10を修復するために、次のコマンドを入力します。

  • 「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力し、破損したファイルを修復します。
  • 「sfc /scannowと入力し、破損したシステムファイルをスキャンして置き換えます。
  • 「Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」をもう一度入力して、必要なファイルがすべて揃っていることを確認します。

これらのコマンドを実行した後、コンピュータを再起動すれば、問題なく使用できるはずです。

修復2.Windows 10で自動修復/スタートアップ修復を使用する

自動修復は、スタートアップ修復とも呼ばれ、Windows 10/8/7のWindowsインストールに関する一般的な問題をトラブルシューティングして修正することができる内蔵の修復ツールです。

自動修復を使用するには、次の簡単な手順に従います。

ステップ1.「 Windows+I」キーを押して、「設定」を開きます。そして、「更新とセキュリティ」→「回復」→「高度なスタートアップ」→「今すぐ再起動」をクリックします。

ステップ2.WinREの画面で、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」を選択します。

ステップ3.詳細オプションの「自動修復」を選択し、「自動/スタートアップ」修復を選択するをクリックします。

Windows 10で自動修復

Windows 10は、これでインストールの修復を試みます。このプロセスにはしばらく時間がかかり、コンピューターが起動することもあります。成功した場合は、「完了」をクリックして、PCを再起動します。

自動修復が失敗し、自動修復ループの準備に入った場合、またはWindowsがこのコンピューターを自動修復できない場合は、問題をさらにトラブルシューティングして解決策を見つける必要があります。

しかし、多くの場合、自動修復は、破損または損傷したWindows 10インストールを正常に修復することができます。

修復3.Windows修理サービス

Windows修復の最後の方法は、専門的で信頼性の高いWindows修復サービスを利用することです。EaseUSのお任せデータ復旧サービスは、システム障害、システムブルースクリーン、システムブラックスクリーンなど、あらゆるシステム起動時のエラーをデータ損失なく解決することが可能です。ここをクリックして、当社の専門家に連絡してください。無料診断の後、次のサービスを提供することができます。

  • BSODを含むWindowsブート問題の修正
  • Windowsエラーの修正とWindows環境の設定
  • 起動に失敗した場合のシステムの復元
  • Windowsコンピュータを最適化し、高速に動作するようにします

上記では、Windowsの修復方法として最も一般的な3つの方法をご紹介しています。

あらゆる方法でWindows 11を修復

Windows 10と同様に、Windows 11を実行すると、起動の問題、アップグレードのトラブル、フリーズ・ブルースクリーンなどの多くのシステム問題が発生します。

修復1.セーフモードで起動する

Windows 11の最も一般的な問題の1つは、正常に起動しないことです。このような場合、まず「セーフモード」オプションを使用することをお勧めします。セーフモードを行うには、以下の手順に従ってください。

ステップ1.コンピュータを再起動し、起動画面が表示されたら「F8」キーを押します。これでオプションのメニューが表示されます。

ステップ2.このメニューの中から「セーフモード」を選択し、「Enter」キーを押します。

セーフモードを有効にする

ステップ3.コンピュータがセーフモードで起動したら、再起動して問題が解決されたかどうかを確認します。

修復2.Windows 11を修復するためにシステムの復元を実行する

Windows 11のシステムにまだ問題がある場合、「システムの復元」機能を使ってみることができます。これにより、システムが正常に動作する以前の状態に復元されます。具体的な操作方法は以下の通りです。

ステップ1.「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「システムの復元」と入力します。

ステップ2.システムの復元ウィンドウが表示されたら、システムに問題が発生し始めた日付より前の復元ポイントを選択します。

ステップ3.プロンプトに従って復元プロセスを完了し、コンピュータを再起動します。

修復3.Windows 11のクリーンインストールを実行する

これらの方法で解決できない場合は、オペレーティングシステムのクリーンインストールを実行する必要があるかもしれません。これは、ハードディスク内のデータをすべて消去してしまうため、最終手段としてのみ行う必要があります。

Windows 11のインストールディスクをコンピュータに挿入し、プロンプトに従ってプロセスを完了します。クリーンインストールのプロセスを開始する前に、重要なデータを必ずバックアップしてください。

関連記事:[2022ガイド]Windows11を修復して破損したファイルを復旧する

まとめ

パソコンのフリーズ・ブルースクリーン、システムのクラッシュやアクセス不能など、さまざまなWindowsの問題に遭遇することがあります。その原因は、Windowsレジストリの破損、互換性のないドライバーや古いドライバー、ウイルスやマルウェアの攻撃、Windowsインストールの破損などかもしれません。

Windows の起動や更新の問題で行き詰まったら、Windows スタートアップ修復ツールの実行、CMD によるシステムファイルの修正、Windows 修復サービスへの依存、またはシステムの復元の実行など、いくつかの方法でトラブルシューティングを行うことができます。

どの方法を取るにしても、これ以上被害が拡大しないように、まずは信頼できるファイル復元ツールでデータを救出・復元してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: