> How to Use > パーティション管理 > 対処法:Windows 10でBSODになった

対処法:Windows 10でBSODになった

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月15日に更新

概要:

Windows 10 BSOD(死のブルースクリーン)とは、Windows 10でブルースクリーンがずっと表示されていること、またはPCを再起動しても、エラーが再び発生することです。Windows 10でBSODを修正するにはどうすればよいですか?このページに従って、このエラーを修復、コンピューターを正常に動作させる方法を確認しましょう。

 

目的:Windows Update後、またはアプリケーションをインストールした後に発生したブルースクリーンエラーを修正します。

Windows 10でブルースクリーンを修正するにはどうすればよいですか?コンピュータに空白のブルースクリーンが表示され続けるのでしょうか、それとも[問題が発生したため、PCを再起動する必要があります]となるのでしょうか? 

ここで、この問題を完全に取り除き、コンピューターを再び正常に動作させるためのガイドを提供します。では、始めましょう!

エラー:Windows 10 BSOD | 死のブルースクリーンとは何?

定義:Windows 10 BSODは、CRITICAL_PROCESS_DIED、VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTEDなどの停止コードが表示されたブルースクリーンでOSにアクセスできないエラーです。 

Windows 10 BSOD

症状: 通常、次のような場合は、コンピューターでBSODが発生していることです。

#1.空白のブルースクリーンが表示され続けます。OSを起動したり、Windowsドライブ内のファイルにアクセスしたりすることはできません。

#2.ブルースクリーンには停止コードが表示されます。

最も一般的な停止コード:

  • CRITICAL_PROCESS_DIED
  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED
  • IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
  • VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTED
  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
  • SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION
  • DPC_WATCHDOG_VIOLATION

では、BSODを修復するにはどうすればよいですか?次のパートに入り、原因を確認し、それぞれの対処法に従ってコンピュータを修復しましょう。

Windows 10でBSODを修正する方法は?

BSODを引き起こす理由が様々あります。例えば:

  • デバイスドライバの障害
  • BIOSの設定ミス
  • Windows Updateの不具合
  • 古いWindows OS
  • ハードディスクの破損またはシステムディスク容量不足
  • 正しくないレジストリエントリ
  • アプリケーション競合または互換性のないアプリ

では、このエラーを修正するにはどうすればよいですか?まず、コンピュータでブルースクリーンがいつ表示されるかを確認してください。それなりの対処法がありますから。

BSODはいつ発生しますか

BSODを修正するソリューション

#1.Windows Update後

1.セーフモードで起動させる

2.最近の更新をアンインストール

3.デバイスドライバを削除

4.システムドライブを拡張し、Windows 10をクリーンインストール

5.システムの復元を実行

#2.アプリの実行中

1.互換性のないアプリをアンインストール

2.デバイスドライバを更新または削除

3.互換性のない周辺機器のプラグを抜く

Windows 10でのBSODのクイックフィックス:コンピューターを再起動します>コンピューターが起動するのを待ち、BSODエラーがまた出るかどうかを確認します。

  • 出ないと、下記のものを読まなくても大丈夫です。
  • BSODがまた表示されたら、次のソリューションに従って、BSODをすぐに修復しましょう。

#1.Windows Update後にWindows 10 BSODを修正

まず、Windows 10をセーフモードで再起動します

手順1.シャットダウンと起動を繰り返して、Windows回復環境を実行します。

  • 電源ボタンを10秒間押し続けて、Windows 10の電源を切ります。
  • 電源ボタンをもう一度押してコンピュータを起動し、電源ボタンを10秒間押し続けて電源を切ります。
  • 電源ボタンをもう一度押して、コンピューターの電源を入れます。
  • Windowsが起動したら、電源ボタンをもう一度10秒間押し続けて、電源を切ります。
  • 電源ボタンをもう一度押して、Windowsを完全に再起動してWinREに入ります。

手順2.[オプションの選択]画面で、ガイドに従ってコンピューターを再起動します。

[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[スタートアップ設定]>[再起動]をクリックします。

Windows 10をセーフモードで再起動

次に、Windows 10 BSODをセーフモードで修復します-4つの方法

コンピューターが起動してセーフモードに入ると、Windows 10 BSODを修復するには、4つの方法が利用可能です。

修正1.最近または最新のWindows 10更新プログラムをアンインストール

手順1.コントロールパネルを開きます。

[Windows]+[S]キーを押し、検索ボックスに[コントロールパネル]と入力して、開きます。

手順2.[プログラム]>[プログラムと機能]をクリックします。

手順3.左側のペインから[インストールされた更新プログラムを表示]をクリックします。

Windows 10更新プログラムをアンインストール1

手順4.[Microsoft Windows]セクションで最新のWindows Updateを右クリックし、[アンインストール]を選択します。

Windows 10更新プログラムをアンインストール2

手順5.「はい」をクリックして確認します。

Windows 10更新プログラムをアンインストール3

手順6.[今すぐ再起動する]をクリックして、Windows Updateのアンインストールを完了します。

修正2.Windows 10でBSODを解決するためにデバイスドライバを削除

手順1.スタートボタンを右クリックして、[デバイスマネージャー]を選択します。

手順2.BSODエラーの原因となった問題のあるデバイス(主にOSディスクなど)を展開し、右クリックし、[アンインストール]または[デバイスのアンインストール]を選択します。

デバイスのアンインストール

修正1と修正2の両方で、変更を保存してプロセスを有効にするために、セーフモードを終了する必要があることに注意してください。 

セーフモードを終了する方法は次のとおりです。

ステップ1.[Windows]+[R]キーを押し、[msconfig]と入力して、[Enter]キーを押します。

ステップ2.[ブート]タブ>[ブートオプション]>[セーフブート]チェックボックスのチェックを外します。 

ステップ3.[OK]>[適用]をクリックして、変更を保存します。 

セーフモードを終了する

この後、Windows 10コンピューターを再起動します。 

修正3.Cドライブを拡張してWindows 10をクリーンインストール

Cドライブが容量不足になると、Windows Updateのインストールを妨げるかもしれません。だから、プロのパーティション管理ソフトウェアで あるEaseUS Partition Masterでシステムドライブを拡張してから、Windows 10をクリーンインストールすることをお薦めします。

まず、システムドライブを拡張します 

オプション1.未割り当て領域でシステムCドライブを拡張します

1.システムCドライブを右クリックして、[サイズ調整/移動]を選択します。

2.システムパーティションの末にある黒い点を右にトラックしてパーティションの容量を拡大します。そして[OK]ボタンをクリックします。 

3.ソフトのメイン画面で上部で保留中の操作をクリックして、[適用]をクリックして、変更を適用します。

オプション2.未割り当て領域なしでシステムCドライブを拡張します

1.システムディスク上に十分な空き領域がある大きなパーティションを右クリックし、[領域の割り当て]を選択します。

2.システムドライブへ割り当てることを選択し、黒い点を両端へドラッグすることでシステムCドライブを拡張します。[OK]をクリックします。

3.一覧表示されている保留中の操作を確認し、[適用]をクリックして変更を保存し、Cドライブを拡張します。

次に、Windows 10をクリーンインストールまたは再インストールします

Windowsをクリーンインストールすると、システムCドライブとデスクトップのデータが上書きされることに注意してください。したがって、貴重なデータがある場合は、事前にデータをバックアップすることを忘れないでください。 

関連記事:パソコンが起動しない場合のデータ救出

データのバックアップを作成する必要のない場合は、以下の手順でWindows 10を今すぐインストールしましょう。

手順 1.Windows 10インストールメディアをダウンロード して8GB以上のUSBドライブにインストールします。

Windows 10をクリーンインストール1

手順2.作成したインストールメディアのUSBをPCに接続し、USBからPCを再起動します。

[F2]/[F8]/[Del]キーを押してBIOSに入ります>ブートセクションに移動します>USBを起動ドライブとして設定します。

Windows 10をクリーンインストール2

手順3.コンピューターがUSBから起動したら、[今すぐインストール]を選択します。 

Windows 10をクリーンインストール3

手順4.言語、時刻、キーボードを設定します。

手順5.プロダクトキーの入力をスキップして、[Windowsのみをインストールする]を選択します。Windowsのインストール場所を選びます。

手順6.画面の指示に従って、Windows 10のインストールを完了します。 

手順7.BIOSブートメニューに再度入り、Windows 10 OSドライブを起動ドライブとして設定し、コンピューターを再起動します。

これで、クリーンインストールされたWindows OSが使用可能になり、正常に実行および起動されます。Windows 10 BSODも解決されました。

修正4.Windows 10 BSODの対処法として、システムの復元を実行

Windows 10をアップグレードする前にWindows 10の復元ポイントを作成した場合は、Windows 10を以前の状態に戻すことにより、BSODを修正することもできます。

手順1.[Windows]と[R]キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ボックスに[rstrui.exe]と入力します。[Enter]キーを押して、システムの復元を開きます。

システムの復元を実行1

手順2.[別の復元ポイントを選択する]を選択し、[次へ]をクリックします。

手順3.新しいWindows Updateをインストールする前に、最新のWindowsバックアップを選択し、[影響を受けるプログラムの検出]をクリックします。

システムの復元を実行2

手順4.[復元ポイントの確認]ウィンドウで[完了]をクリックします。

システムの復元を実行3

手順5.最後に、[はい]をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

システムの復元を実行4

プロセスが完了したら、以前のWindows 10に戻ります。ブルースクリーンもなくなります。

#2.アプリまたはデバイスの実行中にWindows 10のブルースクリーンを解決

コンピューターでアプリケーションを開いたり使用したりしているときにBSODエラーが発生した場合は、3つの修正を試す必要があります。

修正1.互換性のないアプリをアンインストール

手順1.検索ボックスに[コントロールパネル]と入力し、開きます。

手順2.[プログラム]>[プログラムと機能]をクリックし、互換性のないアプリを見つけて右クリックし、[アンインストール]を選択します。

互換性のないアプリをアンインストール

手順3.ポップアップウィンドウでアンインストール操作を確認します。

それから、PCを再起動します。 

修正2.デバイスドライバを更新または削除

デバイスドライバを更新するには:

手順1.検索ボックスに[デバイスマネージャー]と入力して、開きます。

手順2.デバイスドライバを右クリックして、[ドライバーの更新]を選択します。

手順3.ポップアップウィンドウで[ドライバーを自動的に検索]を選択します。 

デバイスドライバを更新する

次に、ドライバーの検索とインストールを待ちます。

デバイスドライバをアンインストールするには:

手順1.[デバイスマネージャー]を開き、[ディスクドライバ]を展開し、問題のあるディスクを右クリックして、[デバイスのアンインストール]を選択します。

デバイスドライバをアンインストールする

手順2.プロセスが完了したら、コンピューターを再起動します。

Windows によりドライバーの再インストールが自動的に試行されます。

修正3.互換性のない周辺機器を取り外す

互換性のない周辺機器がコンピュータに接続されている場合、ブルースクリーンエラーが発生するかもしれません。外付けハードドライブを接続した後にBSODになった場合は、プラグを抜いてみてください。

手順1.接続されている外付けハードドライブまたはUSBを取り外します。

手順2.Windows 10コンピューターを再起動します。

再起動プロセスは長く続く可能性があります。

このガイドに従い、死のブルースクリーンを修復!

この記事では、Windows 10のブルースクリーンとは何か、およびそれぞれの対処方法を説明しました。

少し複雑な修復プロセスですが、上記のガイドにちゃんと従えば、問題が解決され、コンピュータも再び正常に動作するようになります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!