> How to Use > 記憶媒体復旧 > USB修復:Windows 11/10でUSBを開けない時の対処法

USB修復:Windows 11/10でUSBを開けない時の対処法

Bak

Bak

|カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年09月28日に更新

主な内容:

概要:

Windows 11/10パソコンでUSBメモリが開かない場合、どうしたらいいですか?この記事では、Windows 11/10でUSBを開けない時に、重要なデータを救出する方法を紹介した上、USBメモリが開かない問題を修復する方法を紹介します。同じような問題に直面しているユーザーは、この記事を参照してください。

EaseUS Data Recovery Wizard

USBが開けない問題について

「大切に使ってきたUSBですが、昨日Windows 10/11のパソコンに接続してみると、フォルダが表示されず開くことができなくなりました。それは何故でしょうか?中身のデータはどう抽出しますか?」

USBなどの外付け記憶装置がパソコンに認識されなくなるのは、不良セクタや、ドライブシステムエラーなどが主な原因です。ドライブの修復作業を始める前に、中身のデータを取り出す必要があります。

USBメモリ開かない時の確認事項

以下でとっておきのソフトウェアをご紹介しますが、まずは、原因が何か確かめるため、また、自力で状態を改善できる方法があるか試してみるためにいくつかの、簡単な確認方法をご紹介します。

  • 違うポートに挿してみる

PCにはいくつかのUSBポートがあるため、他のUSBポートに挿してみてUSBが開けるようになるか試してみましょう。

  • 他のパソコンに挿してみる

現状として、USBを開くことができないため、原因はUSBだと思いがちですが、お使いのPC側のUSBポートに問題がある可能性も考えられます。他のPCにUSBを差し込んでみて、読み込めるか試してみましょう。

  • その他のUSBポートを取り外す

お使いのPCにキーボード、マウス、プリンター、その他の外付けHDD等が繋がってはいませんか?あまりに多くのUSB機器を接続した状態だと供給電力不足を起こしている可能性があります。一旦それらを取り外してから、USBを再度接続し、開けるか試してみましょう。

  • 再起動する

上記の方法を試して、原因がUSB側ではないと分かれば、とりあえず再起動して様子を見ましょう。焦らずに、時間をかけて行っても大丈夫です。

開かないUSBメモリからデータを復元する

ここで、無料データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。開けないUSBからデータを復元することが可能です。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/11/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.1(macOS Big Sur)

「パソコンレッスンTVオンライン」様によるレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardを実際にお使い頂き、データ復元に挑戦していただきました。こちらの動画で、EaseUS Data Recovery Wizardによるデータロス問題解決が、どれほど簡単に行えるのか確認してみてください。

USBメモリからデータを復元する操作手順

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

開かないUSBメモリを修復する方法

WindowsパソコンでUSBメモリが開かない場合は、下記の方法を参照して、コマンドプロンプト、またはフォーマットツールを使用して、USBメモリが開かない問題をカンタンに修復することができます。

1.CMDでドライブでの不良セクタを修復

ステップ1. WindowsRを同時に押して、出たダイアログボックスでcmdと入力して実行します。

ステップ2. コマンドプロンプトウィンドウで、chkdsk g: /rとタイプして、Enterをヒットします。

ステップ3. 修復作業が終えたら、USBを取り外して再接続します。

2.USBメモリをフォーマットする

USBメモリがWindowsパソコンで開かない場合、USBメモリをフォーマットするのは非常に効果的な対策です。Windowsに内蔵されている「ディスクの管理」ユーティリティを使えば、簡単にUSBメモリをフォーマットすることができるので、下記の対処法を参照しましょう。

ステップ1.Win + Rキーを同時に押して、「ディスクの管理」をクリックして開きます。

ステップ2.ディスクの管理の画面で、開かないUSBメモリを右クリックして「フォーマット」を選択します。

ステップ3.ここでUSBメモリのドライブのファイルシステムをWindows標準の「ntfs」に設定して「OK」ボタンをクリックします。

ここで、USBメモリのフォーマットが完了したら、USBの状態が一新されるので、USBメモリが再び開けるようになると思います。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ