> How to Use > データ復旧 > 対処法:「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」でフリーズ

対処法:「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」でフリーズ

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

PCを再起動したら、「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という画面から先に進みません。このエラー解決のために、この記事を見逃せません。この記事では、最も効果のある対処法をまとめて皆さんに紹介します。

 

「Windowsの準備をしています」で先に進めないエラーについて

「Windowsの準備をしています、コンピューターの電源を切らないでください」で先に進めないエラーは、PCを再起動する時によく発生するエラーです。特にWindows 10が更新プログラムをインストールする時に、多くのユーザーがこのエラーに遭っています。

ご案内
Windows 10がいつも自動的に更新プログラムを適用されていますが、新しいバージョンではバグが多いので、「Windowsの準備をしています」画面で先に進めないエラーを含む様々なエラーが起こることがあります。だから、このエラーの発生を防ぐため、windows 10の自動更新を停止することが最も有効です。windows 10の自動更新停止方法はこちらから!

では、もし既にこのようなエラーが発生して、PCを再起動して、画面が「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」で長時間、先に進めない場合、どうすればいいのでしょうか。次は、様々な対処法を皆さんに紹介していきたいと思います。

Windowsを準備している途中で止まっている

関連記事:Windows自動修復が無限ループになった

心配しないでください、この記事では、Windows10/8/7で再起動する時、「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」画面で止まっているエラーの対処法を紹介します。下記の5つの対処法を試してみてください。また、データのセキュリティを確保したい場合は、起動もできないパソコンからデータを復元することができます。データ復旧をまず行うには、データ復旧対策を参照してやりましょう。

<<記事読者だけの割引 - 公式の割引価格より1,000円安くData Recovery Bootable Mediaをご購入>>

「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」原因とは?

「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」このメッセージを見たことがある方は非常に多いのではないでしょうか。では、このメッセージが表示される原因は何なのでしょうか?

このメッセージ「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」が表示される主な原因として考えられるのが、Windows updateによるものです。つまり、更新プログラムをインストール後の再起動の際に、このメッセージが表示されることが多いということです。これは、更新プログラムインストール後に行われる再起動時の適用が上手くいっていない、また、その適用に時間がかかっていることが原因となっています。

さらに、前回の動作で、ディスクが壊れるような動作をした、ウイルスチェッカーを二重に使用している、また、ディスク自体の空き領域が極端に少ない、など不適切な作業方法を行ったりすると、CPU、メモリ、システムリソースなどに負荷がかかってしまいます。このようなパソコンに対する負担は、起動する際に不具合を生じさせやすく、「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」等のメッセージによって、ユーザの作業を中断させることがあります。

そのため、普段からディスクとウイルス検査、さらに、ディスクの最適化を行い、空き領域に十分な余裕を持たせるよう心がけることが大切です。

しかしながら、頻繁に行うのは面倒で管理を怠った、また、普段から心がけていたがなぜか不具合を起こし、「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」のメッセージが表示されている、といった場合、何か対処方法はあるのでしょうか。

以下で5つの対処法について紹介します。どの対処法が最も良いか、パソコンの状態を考慮して決めてください。まずは、対処法1,2を試してみることをオススメします。

対処法1.周辺機器を取り外す

まず、パソコンの周りに何か接続されていないか見渡してみてください。例えば、USBメモリやSDカードなどの外付けハードディスクや、プリンター等の周辺機器が接続されている場合、これらが、パソコンの立ち上げに何らかの問題を起こしている可能性があります。もし、これらを発見したら、一度取り外して、様子を見てみてください。

対処法2.しばらく待ってください

対処法1に従って「パソコンの周りを眺めたが、何も見当たらなかった」、「周辺機器を見つけたので取り外した」のにも関わらず、状態が改善されない場合は、ひたすら気長に待ってあげましょう。「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」このメッセージ通り、何らかの原因によって上手くいかない動作を、時間をかけて解決しようとしている可能性があります。

Windowsを準備している間に、パソコンが色々なファイルをダウンロードしてインストールするので、ハードウェアの性能によってはとても時間がかかる場合もあるので、もう少し待ってみましょう。

下記の対処法を進む前に、少なくとも2-3時間は待って、それでもエラーが続いているようなら下記の対処法を試してみてください。

対処法3.PCを強制終了

いくら待っても状態が変わらず、「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」のメッセージが表示され続けている場合、PCの強制終了を行ってみます。しかし、この作業はパソコンにかなり負担をかけるため、何度も行うことはオススメできません。パソコンの状態をよく判断した上で行ってください。また、対処法4,5を先に確認してから行うようにしてください。

1.パソコンに周辺機器を接続している場合、可能な限り取り外してください。(ラップトップ/ノートパソコンは電池も外してください)
2.パワーボタンを30秒程度長押ししてください。
3.ラップトップ/ノートパソコンに電池を入れ直します。
4.パソコンが再起動すれば、エラーが解決できたか確認してください。

対処法4.問題ファイルを削除

1.回復環境に入ってください。(Windowsの起動が3回連続失敗した場合に Windows回復環境が自動に起動されます。)
2.トラブルシューティング 詳細オプションコマンドプロンプト
3.コマンドプロンプトのウィンドウでC: cd Windows\System32\LogFiles\Srt. SrtTrail.txt を入力し、エンターキーを押します。
4.もしもBoot critical file c:\windows\system32\drivers\vsock.sys is corruptのような文字が表示されたら、下記のようにファイルのパスの後にDelを入力することでそのファイルを削除することが可能です。

CMDで問題ファイルを削除

対処法5.システム復元

コントロールパネルでシステム復元を実行

1.回復環境に入ってください。(Windowsの起動が3回連続失敗した場合に Windows回復環境が自動に起動されます。)
2.トラブルシューティング詳細オプションシステムの復元

「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」に対するこれらの対処法は、場合によっては、デバイス内のデータに損害を与える可能性があります。このような、予期せぬデータ損失が起こってしまったら、どうすればよいのでしょうか。特に、システムの復元は、データに損害を与えることがあります。

対処法6.Windows PE起動ディスクを作成してデータを復元する

パソコンが正常に立ち上がらなくて、パソコン、又はパソコンのHDDからデータを救出する場合、データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成しましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaという起動ディスク作成機能が搭載するデータ復旧ソフトのセットです。この製品でデータ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成すれば、Windows PEから起動すると、全てのデータを救出することが可能です。

データ復旧用のWindows PE起動ディスクの作成に必要なもの

データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成するために、3つものを事前に用意していただく必要があります。

  • ①書き込み可能なUSB/CD/DVD
  • ②EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Media
  • ③正常に動作可能なパソコン

上記ものを用意した上、下記のステップに従ってデータ救出用のWinPE起動ディスクを作成しましょう。

*重要ポイント↓↓↓:

  • ①本ページのダウンロードボタンから取得するソフトはデータ復旧ソフトの無料体験版です!正常動作可能なパソコンでデータ復旧可否を確認用のもので、復元すること及びWinPE起動ディスクを作成することに対応していませんので要注意!
  • ②EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaは無料版が提供されていないため、事前に購入する必要があります。ソフトがデータを救出できない場合は30日以内全額返金対応!

<<記事読者だけの割引 - 公式の割引価格より1,000円安くData Recovery Bootable Mediaをご購入>>

データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成する手順

ステップ1.WinPE 起動ディスクを作成する

事前に用意したUSB/CD/DVDをパソコンに入れて、ご購入後にダウンロードしたEXEファイルを実行して、ブータブルディスクを作成できるデバイスを選択します。「Create」ボタンをクリックして、完了します。

WinPE 起動デバイスを作成する

作成に失敗した場合、又は他のツールで焼きたい場合は、ISOイメージファイルをエクスポートすることも可能です。

ISOファイルをエクスポート

ステップ2.BIOSのブート順を変える(機種によって操作方法は異なります。)

先ほど作成したブートデバイスからロードするために、ブートキューの一番上にCDドライブまたはUSB-HDDを配置する必要があります。通常は、BIOSセットアップユーティリティで設定します。F2(デスクトップ用)、Del(ラップトップ用)キーなどを押すことでユーティリティをログインします。以下は、BIOSセットアップユーティリティの一例です。

BIOSのブート順を変える

BIOSのブートディスクの順を変えたら、パソコンはWinPE 起動ディスクから起動するようになります。パソコンがWinPEで起動すると、データ復旧ツールの操作画面が自動的に表示されます。

データ復旧ソフトを使って紛失データを復元

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。