> How to Use > 記憶媒体復旧 > 自分でできる外付けHDD復元方法

自分でできる外付けHDD復元方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

ishi | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2021年05月13日に更新

概要:

外付HDDから大事なデータを削除してしまった場合、自分で復元できます?EaseUS Data Recovery WizardというHDD復元ソフトを利用して、自分でもわずかな三つのステップで外付HDDを完全に復活できます。

 

自分でも外付けHDDを復元できる?

「昨日、バックアップ用の外付けHDDから不要のデータを削除してた時に、自分の不注意により、たくさんのデータを削除してしまいました。今日、その分のデータを使おうとしたいが、どこにも見つけられませんでした。本当に大事なデータなので、削除の誤操作からデータを取り戻したいです。

Googleで色々と調べたところ、専門的なデータ復元ソフトが役に立つかもと思って、いくつか試してみようと思うのですが…やっぱり疑問点があります。」

  • 1.外付HDDの写真入りフォルダを削除するときに、「ゴミ箱に入りきらないので削除しますか?」といったメッセージが出た記憶があります。現に、ゴミ箱にはもうないので、ゴミ箱を通らずに削除していたと思います。この場合、復元するのはパソコン本体のCドライブではなく、外付HDDのGドライブでいいのでしょうか?
  • 2.あと、削除直後にサルベージしたほうが確率が高いということですが、消してしまってから2、3日経ちます。パソコンは使用していましたが、外付HDDはそれから書き込みはしていません。この場合は外付HDDはまだ無事だったりするのでしょうか?

私はあまり詳しくないので、アドバイスをお願いします。もしデータを復元可能な場合は、自分でもできる外付けHDDの復元方法を教えてください。

この記事もおすすめ:フォーマットしたhddを復元する方法

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.15/Mac OS Big Sur

自分で外付けHDDを復元することに必要なもの

自分で外付けHDDのデータを復元するには、下記のものを予め用意する必要があります。

  • 正確に動作可能なWindows/Macパソコン
  • 専門のデータ復旧ソフト
  • 復元したい外付けHDD及びパソコンに接続可能なケーブル

上記の3つのものを事前に用意した上、何とか自分で外付けHDDからデータを復元することができます。しかも、復元する操作手順も非常に簡単です。ケーブルで外付けHDDをパソコンにインストールすると、専門のデータ復旧ソフトを使って、当該外付けHDDを完全にスキャンし、データを復元することができます。具体的な操作手順は下記の内容を読み続けてください。

外付けHDDからデータを復元する原理

上記のように、データが何らかの原因によってなくなった場合、実は自分でその分のデータを復元することができます。だから、本文では、まずHDDからデータを復元可能な原理を皆さんに紹介します。直接にデータを復元する方法に移りたい方はこちらをクリック!

外付けHDDから削除したファイルが本当に消去されていることではなく、隠されているだけです。外付けHDDからデータを削除すると、データを保存しているそ領域を解放するため、その分のデータを表示しなくなっています。適切な復元作業を行えば、その分のデータを取り戻すことが可能です。しかし、外付けHDDに新しいデータを保存すると、新しいデータがその領域を占めてしまい、もともとのデータが上書きされます。このような場合になると、データ復元ができなくなります。下記画像を見てください、空のデータが自分で復元できるデータです。

HDDからデータを復元可能な原因

初心者向けのHDD復元ソフト

EaseUS Data Recovery WizardというHDD復元ソフトは、パソコンの内蔵HDD、外付けHDD、ポータブルHDDから削除、消失、フォーマットしたデータを数クリックの簡単操作で復元できるソフトです。外付けHDDからゴミ箱に入れてゴミ箱を空にしてもデータを取り戻せるのはもちろん、ゴミ箱を経由しない削除にも対応しています。また、削除直後だけでなく、時間がたっても上書きされないならば、データを丸ごと復旧できます。使い方もとてもシンプルで、わずか三つのステップでHDDの中身を復元することが実現されます。それでは、EaseUS Data Recovery Wizardを使って自分で外付HDDからデータを復元する方法を紹介します。

自分で外付けHDDを復元する方法

それでは、3ステップだけ、自分でもできる外付けhddを復元する方法を紹介しますね。

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 外付けHDD復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検出し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 外付けHDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックすることで復元できます。

注:外付けHDDでのパーテイション全体が紛失してしまった場合、スキャン中に「紛失パーテイション」という項目が表示され、「紛失パーティション」下でデータを探すのがお勧めいたします。

外付けHDD復旧3

ヒント:復元したいファイルが見つからない場合、画面上部にある復元候補でもう一度探してみてください。

自分で外付けHDDを復元する動画ガイダンス

上記の専門のソフトを使って、外付けHDDからのデータ復元は非常に簡単です。下記は、自分でできる外付けHDDの復元方法の動画を貼ります。

補足:外付けHDDに隠したファイルを表示する

あるデータの安全を確保するために、外付きHDDのファイルを隠します。隠した場合は、下記のステップを通じて、ファイルを表示するようになります。

ステップ1:Windows 10/8/7で、winキー+Eを押して、エクスプローラーを開きます。

ステップ2:[フォルダオプション]または[ファイルエクスプローラーオプション]に移動し、[表示]をクリックします。

ステップ3:[隠しファイルとフォルダー]セクションで、[隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示する]オプションをクリックします。

ステップ4:[適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

この後、外付けハードドライブに隠したファイルが表示されます。

まとめ

外付けHDDで重要なデータの紛失がある場合、専門のデータ復旧屋さんにデータ復旧の依頼を出すほかにも、自分で復元するという選択肢もあります。専門のデータ復旧ソフトを使うと、お持ちの外付けHDDを完全スキャンし、紛失データがあれば、すぐに検出され、復元することができます。

また、外付けHDDのデータがなくなったのではなく、隠されている場合、本文の最後の補足部分の内容を参照して、隠されているデータを表示することも可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。