> How to Use > 記憶媒体復旧 > Western HDDでの不良セクタを修復する方法

Western HDDでの不良セクタを修復する方法

2017-02-08 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
Westernのデジタルハードドライブでは、時に不良セクタが現れることがあります。ドライブで不良セクタが出ると、ドライブの書き読み性能に悪い影響を与えるかもしれません。どうすれば、Western HDDでの不良セクタを修復できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Westernのデジタルハードドライブはかなり評判のいいHDDで、世界中の数多くのユーザに愛用されています。しかし、最も脆い部品といわれるHDDが、長く使われると、ドライブで不良セクタの発生率もあがります。Western HDDも例外ではありません。

HDDで不良セクタが出ると、ドライブの作動スピードを下げてしまう他、書き読み性能にも悪い影響を与えるかもしれません。どうすれば、Western HDDでの不良セクタを修復できるでしょうか?

Western HDDでの不良セクタを修復する方法

実はやり方が簡単です。Windows内蔵のディスク修復ツールで、論理的な不良セクタを修復することが可能です。しかし、修復を行う前に忘れてはいけないのは、ドライブでの全てのデータをバックアップしておくことです。不良セクタのあるHDDを修復する過程に、中身のデータに損を及ぼす可能性があるというのは原因です。

Western HDDでのデータをリカバリしておく

ここで、EaseUS Data Recovery Wizardというデータリカバリソフトを皆さんにお薦めします。不良セクタのあるHDDからデータを迅速的にリカバリすることが可能です。ソフトをダウンロードして、下記の操作ガイドに参照して、HDDでのデータをバックアップしておきましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

Step 1.「EaseUS Data Recovery Wizard」を実行して、不良セクタのあるドライブをを選択します。そして、「スキャン」をクリックします。

不良セクタのあるドライブを選択する

Step 2.ドライブへのスキャンが行われます。スキャンが完了するまでしばらく待ちましょう。

スキャンが完了するまで待つ

Step 3.スキャン後、検出された全てのデータが表示されます。リカバリしたいファイルの前にチェックを入れて、「リカバリー」をクリックして、データを抽出して他のディスクに保存します。

データを抽出して他のディスクに保存する

論理的不良セクタを修復する

データをリカバリしておけば、安心してシステム内蔵不良セクタ修復ツールを利用することができます。

注意:修復ツールで対応できるのは、あくまで論理的な不良セクタだけです。ドライブが物理的な損害を受けた場合、おとなしく新品のディスクを購入することはベストかも知れません。

1.「コンピュータ」で不良セクタのあるディスクを選定して、右クリックします。

2.ポップアップウィンドウで「ツール」「エラーチェック」にて、「チェック」をクリックします。

論理的な不良セクタを修復する方法

3.不良セクタがある場合、「ディスクのチェック」ウィンドウが表示されます。「チェックディスクのオプション」で、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れて、「スタート」をクリックします。

4.システムが自動的に不良セクタをチェックして、修復します。修復プロセスが完了するまで待ちましょう。

システムはディスクのスキャンを行えない、或いはWindowsシステムに入れない場合、起動ディスクによってシステムを起動した後、「A:」などのドライブレターで「Scandisk *」(スキャンしたいドライブレター)を実行してください。「Enter」をクリックして、ドライブを修復することが可能となります。

EaseUSが選ばれる理由