> How to Use > 記憶媒体復旧 > Western HDDでの不良セクタを修復する方法

Western HDDでの不良セクタを修復する方法

2019年04月16日に更新

筆者: Bak

記憶媒体復旧
概要:
Westernのデジタルハードドライブでは、時に不良セクタが現れることがあります。ドライブで不良セクタが出ると、ドライブの書き読み性能に悪い影響を与えるかもしれません。どうすれば、Western HDDでの不良セクタを修復できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Westernのデジタルハードドライブはかなり評判のいいHDDで、世界中の数多くのユーザに愛用されています。しかし、最も脆い部品といわれるHDDが、長く使われると、ドライブで不良セクタの発生率もあがります。Western HDDも例外ではありません。

HDDで不良セクタが出ると、ドライブの作動スピードを下げてしまう他、書き読み性能にも悪い影響を与えるかもしれません。どうすれば、Western HDDでの不良セクタを修復できるでしょうか?

Western DigitalのHDD

あなたはどのメーカーのHDDを使用されていますか?Western Digital

皆さんご存知の通り、Western DigitalはHDDに絞っても、トップメーカーです。特に有名なのが、用途によって色分けされたHDDですが、Red、Blue、Purple、Goldといったバリエーションがあります。

Western HDDでの不良セクタを修復する方法

実はやり方が簡単です。Windows内蔵のディスク修復ツールで、論理的な不良セクタを修復することが可能です。しかし、修復を行う前に忘れてはいけないのは、ドライブでの全てのデータをバックアップしておくことです。不良セクタのあるHDDを修復する過程に、中身のデータに損を及ぼす可能性があるというのが問題です。

Western HDDでのデータをリカバリしておく

ここで、EaseUS Data Recovery Wizardというデータリカバリソフトを皆さんにお薦めします。不良セクタのあるHDDからデータを迅速的にリカバリすることが可能です。ソフトをダウンロードして、下記の操作ガイドに参照して、HDDでのデータをバックアップしておきましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

ステップ1.ソフトの初期画面でHDDのドライブを選択した上、「スキャン」をクリックしてください。

 HDD復旧1

ステップ2.スキャンは実行されます。削除されたファイルを検出してから、ドライブ全体をスキャンします。また、途中でデータの検索とプレビューができます。

 HDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

HDD復旧3

「たけひと / T-Labo Channel」様による製品レビューと復元のコツ

そもそもデータ損失とはどのような仕組みで起こるの?データを復旧させるためのコツは?一歩進んだデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardで外付けHDDでのデータ損失トラブルを解決します。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

論理的不良セクタを修復する

データをリカバリしておけば、安心してシステム内蔵不良セクタ修復ツールを利用することができます。

注意:修復ツールで対応できるのは、あくまで論理的な不良セクタだけです。ドライブが物理的な損害を受けた場合、おとなしく新品のディスクを購入することも考えられます。

1.「コンピュータ」で不良セクタのあるディスクを選定して、右クリックします。

2.ポップアップウィンドウで「ツール」「エラーチェック」にて、「チェック」をクリックします。

論理的な不良セクタを修復する方法

3.不良セクタがある場合、「ディスクのチェック」ウィンドウが表示されます。「チェックディスクのオプション」で、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れて、「スタート」をクリックします。

4.システムが自動的に不良セクタをチェックして、修復します。修復プロセスが完了するまで待ちましょう。

システムがディスクのスキャンを行えない、或いはWindowsシステムに入れない場合、起動ディスクによってシステムを起動した後、「A:」などのドライブレターで「Scandisk *」(スキャンしたいドライブレター)を実行してください。「Enter」をクリックして、ドライブを修復することが可能となります。

 

無料で
内蔵/外付けHDDを
復元する

強力なスキャン機能で、HDDを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。