> How to Use > データ復元コンテンツハブ >  Windowsのアップデートでエラー0x80070643が出た?

 Windowsのアップデートでエラー0x80070643が出た?

Pちゃん

Pちゃん |カテゴリ:データ復元コンテンツハブ| 2022年08月12日に更新

主な内容:

概要:

2018年11月に、Windowsをアップデートしようとする時、Windows 10 version 1803 for x64-based systems (kb4023057) にエラー0x80070643が出たことを覚えますか。そして2022年1月、 Windows 10 Version 21H2 for x64 based systems (KB4023057)のアップデートに、そのエラーコードがまた出たようです。本文はエラー0x80070643を対応する5つの方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

エラー0x80070643の概要

情報によりますと、Windows 10 KB4023057が再リリースされたため、アップデートは一部のデバイスで問題を引き起こしているようです。TwitterやFacebookで、Windows 10 KB4023057のインストールが失敗した件もいくつかを見ました。インストール失敗した時、「0x80070643」エラーが出るということがわかりました。

エラー0x80070643とは

Windows 10 KB4023057は、Windows Updateの性能を向上させることができるそうです。そのため、更新プログラムは状況に応じてシステムの設定と構成を変更する場合もあります。設定や構成が変更されると、不具合が発生するかもしれません。

関連記事:Windows 11のアップデートエラーを効率的に修正する方法(アップデート中の他のエラーの解決策が紹介されます。)

0x80070643の解決策

①Windows Update KB4023057 を再試行

一番簡単な方法は、更新プログラム KB4023057を再インストールすることです。

まずはKB4023057 をアンインストールします。

ステップ1:「設定」ー「アプリ」ー「アプリと機能」でKB4023057をアンインストールします。

そしてKB4023057を再インストールします。

②ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする

ウイルス対策ソフトウェアがコンピューター上のアプリまたは Windows Update に干渉したため、0x80070643エラー が表示されることがあります。ウイルス対策プログラムを一時的にオフにし、問題が解決されるかもしれません。

次に、問題のウイルス対策プログラムのすべての機能を無効にした後、定期的にWindows Updateができるようになったかどうかを確認してください。

ステップ1.Windowsで「ウイルスと脅威の防止」を開き、「設定の管理」をクリックします。

ウイルスの脅威の防止

ステップ2:リアルタイム保護をオフにします。確認が求められた場合、「はい」を選択してください。

リアルタイム保護をオフにする

③SFCを実行して破損したシステムファイルを修正

コンピュータ内のすべての破損したファイルを修復するには、最初にSFCスキャンコマンドが全てのファイルをスキャンする必要があります。そしてエラー0x80070643を修正するかもしれません。

下記の順で SFC スキャンコマンドを操作しましょう。

ステップ1:Windowsで「コマンドプロンプト」を開きます。

ステップ2:「sfc/scannow」を入力し、エンターキーを押します。

「sfc/scannow」を入力し、エンターキーを押します。

プロセスが終了まで待ちます。その後、問題が解決されてると思います。

④DISMコマンドを実行

ステップ1:Windowsで「CMD」を検索すれば、コマンドプロンプトが出ます。管理者としてコマンドプロンプトを実行してください。

ステップ2:「dism.exe/cleanup-picture/restorehealth.」を入力します。

「dism.exe/cleanup-picture/restorehealth.」を入力します

ステップ3:タスクが完了するのを待ちます。

⑤コマンドプロンプで破損した更新データベース

Windowsが同じ更新プログラムを繰り返し適用することがあります。それで破損したファイルがコンピューターのハードドライブに保存されます。下記の手順で、保存された破損のファイルを削除することができます。

Windows 10 の更新プログラムが正常に動作しなくなるのは、ソフトウェア配布フォルダーにエラーがあるかもしれません。ソフトウェア配布フォルダーを変更することで、更新プログラムがスムーズに動作できる可能性があります。

ステップ1:Windowsで「CMD」を検索して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

ステップ2:下記の命令を全部入力します。

net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
Ren C.\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
Ren C.\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old
net start wuauserv
net start cryptSvc
net start bits
net start msiserver

ご注意:上記の命令を同時にコピペしないでください。それぞれをタップしてから、エンターキーを押してください。

⑥最新版の .NET Frameworkをインストール

ここでは、.Net Frameworkにエラーメッセージが表示された場合の対応方法を紹介します。

ステップ1:.マイクロソフトのWeb サイトからNET Frameworkをダウンロードします。

ステップ2:.Net Frameworkのリペア・ツールを実行します。

その後、問題が解決されるかもしれません。

⑦Windows更新トラブルシューティングを実行

Windows更新トラブルシューティングを利用して、アップデートできない問題が解決されるかもしれません。

下記の手順で操作しましょう。

ステップ1:設定>システム>トラブルシューティング>その他のトラブルシューティング を開きます。

トラブルシューティング

ステップ2:Windows Update を実行します。

トラブルシューティングはWindows更新プログラムのインストール中に発生したエラーの原因を特定し、解決しようとします。もし問題が解決されてない場合、ほかの方法を試すしかありません。

⑧Windowsの署名を更新

最後の方法は、Windowsの署名を更新することです。

ステップ1:管理者としてCMDを実行します。

ステップ2:下記のコマンドを入力して、エンターキーを押します。

"%ProgramFiles%\Windows Defender\MPCMDRUN.exe" -RemoveDefinitions -All

このコマンドは、コンピューター・システム上に保管されている署名を消すために使用されます。

ステップ3:下記のコマンドを入力して、エンターキーを押します。

"%ProgramFiles70\Windows Defender\MPCMDRUN.exe" -SignatureUpdate

"%ProgramFiles%\Windows Defender\MPCMDRUN.exe" -SignatureUpdate –MMPC

このコマンドは、最新のWindows更新プログラムをダウンロードとインストールに使います。

Windows更新中に失われたデータを復元

Windowsの更新中に大事なデータが失われたら大変なことになるでしょう。そのようなことを防ぐために、データ復元ソフトをあらかじめに用意した方がいいです。ここで皆さんに紹介したのはEaseUS Data Recovery Wizard Freeです。それはEaseUS社が開発した人気のデータ復旧ソフトウェアです。

ハード ディスク、ドライブ、ソリッド ステート ドライブ (SSD)、SD カード、USB フラッシュ ドライブなどのデバイスからデータを復旧可能!壊れたMP4 / MOVビデオのデータ復元や破損したファイルの復元もできます!

簡単な操作手順を見ましょう。

1.ソフトのインタフェースで削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

2.スキャンのプロセスが終わるまでしばらく待ってください。

削除したファイルを復元するステップ2

3.復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

ヒント:ソフトを開き、最初の画面で「ゴミ箱」を指定してスキャンを行うことができます。スキャンの場所を「ゴミ箱」に指定してしまうと、ソフトはは-dpディスクの全体をスキャンしないようになります。こうすると、スキャンプロセスをかなり縮まり、削除したファイルをもっと効率的に復元することができます。

まとめ

Windows 10 version 1803 for x64-based systems (kb4023057) のアップデートにエラー0x80070643が出た時、8つの方法で問題を解決できます。もしアップデート中にコンピューターがクラッシュして、データが失われても、EaseUS Data Recovery Wizard Freeというソフトウェアを使って、大事なデータを復旧できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ