> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11のアップデートエラーを効率的に修正する方法

Windows 11のアップデートエラーを効率的に修正する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年06月16日に更新

概要:

Windowsの更新プログラムの中には、更新エラーと不具合が発生するものもあり、パソコンにとって良いことばかりではありません。そこで、Windowsの更新エラーを効率的に修正する方法を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

MicrosoftがリリースしたすべてのWindowsは、進行中の作業です。そのため、ビルド番号やバージョンなど、常にアップデートを続けているのです。したがって、これらの更新を取得すると、数千メガバイトのコンテンツのダウンロードによって帯域幅とコンピューターの速度が低下することに悩まされる可能性があります。

一方、これらのアップデートが必ずしもパソコンにとって良いとは限らないこともあります。そのため、新しいアップデートがリリースされるたびに、多くのユーザーから次々と問題が報告されています。windows 11でさえ、2021年末のリリース以来、いくつかの重大な問題が報告されています。

Windowsの更新がスムーズに機能しないことに悩まされていませんか?Windowsのアップデートエラーの修正方法について紹介します。

Windowsアップデートの紹介

Windows アップデートは、マイクロソフトが提供するOSの更新サービスです。9x系からWindowsNTまで、これらのアップデートは定期的に行われます。これらのアップデートの主な目的は、オペレーティングシステムの整合性を維持することです。

ただし、Windowsが更新されるたびに、次のようなさまざまな基本事項が含まれます。

  • ドライブとソフトウェアの更新
  • Windowsインターフェイスの更新
  • Windowsのビジュアルまたはアニメーションの新規および改善
  • バグの修正と一般的な問題のトラブルシューティング
  • Windowsコンポーネントの性能向上
  • コンピューターのハードウェアの使用率を向上させる

しかし、Windowsのアップデートが何らかのエラーを表示している場合、これを達成することはできません。そのようなエラーは以下の状況かもしれません。

  • Windowsアップデートエラー:Potential Windows Update database Fan Error Detected(潜在的なWindowsアップデートデータベースファンエラーが検出されました)
  • マイクロソフトによって述べられる他のエラーコード:0x80240034、0x8007000E、0x80242006​、0x80244018​、0x80D02002​、0x80246017​、0x80240438​、0x80070070​、0x8007000D​、0x80246008​、0x80096004​、0x80070020

これらの潜在的なエラーはすべて、コンピュータの更新を停止させる可能性があります。完全にオフにするにしても、正しく動作するように願うにしても、Windowsアップデートが完璧に、エラーなく動作するようにする必要があります。

Windows 11のアップデートエラーを効率的に修正する方法

windowsのアップデート作業中にエラーが発生した場合、パソコンのデータが失われる可能性が高いので、アップデート前に大切なデータをバックアップしておくことをお勧めします。 簡単な方法でデータをバックアップしたい場合は、EaseUS Todo Backupという専門なソフトを利用することをお勧めします。バックアップの方法はこちら:Windows 10をアップデートする前、PCをクイックバックアップする方法

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ここでは、Windows 11のアップデートエラーについて、何ができるかを説明します。

1.Windows アップデートトラブルシューターを実行する

マイクロソフトは、Windows 8以降、内蔵のトラブルシューターを導入していました。Windows 10と11にも搭載されています。このツールは、お使いのパソコンがあるすべてのエラーを修正することを目的としています。それがトラブルに実行される標準機能の一つとして、Windows アップデートをトラブルシューティングするために起こるということです。

したがって、最初のステップは、Windowsに問題自体を修正させることです。多くの場合、問題はそれほど難しくはありません。しかし、いくつかのバグや小さなエラーが原因で、更新が止まっている可能性があります。

または、パソコンのWindows Updateの設定に問題がある可能性もあります。まだWindows10に慣れているため、これが最も多い原因です。そこで、Windows 11の更新プログラムエラーを修正するために、もっと詳しく調べる必要があります。

windowsアップデートのチェック

これは、「設定」の「Windows Update」のセクションです。見ての通り、このコンピューターは 「自動更新は組織によって無効にされています 」という理由でWindows Updateを受信していません。ただし、さまざまなエラーの修正を検討しているため、「トラブルシューティング」のセクションに進みます。

「起動して実行する」まで下にスクロールし、「WindowsUpdate」をクリックします。その後、「トラブルシューティングを実行する」をクリックします。

プログラムがトラブルシューティングを終了したら、コンピュータを再起動します。そこで、ちょっとした再確認のために、次のことを行います。

  • 「設定」に移動する
  • 更新とセキュリティ
  • トラブルシューティング
  • 起動と実行
  • Windowsのアップデート
  • トラブルシューターを実行する
  • コンピュータを再起動する

ほとんどの場合、これによりWindowsUpdateの問題が修正されます。トラブルシューターは、前述のエラーのような一般的な問題に対処する方法を知っているので、発生する可能性のあるエラーを修正する可能性があります。

2.Windows アップデートコンポーネントをリセットする

Windows アップデートコンポーネントは、OSが最近更新した可能性のあるツールや要素です。これらの要素によってコンピューターがより問題になり、Windowsアップデートシステム自体が台無しになる可能性があります。

つまり、特定の失敗した更新の後、新しい更新を受け取らない可能性があります。そのために、Microsoftは内蔵のトラブルシューター以外に、ダウンロード可能なトラブルシューターも提供しています。では、そのトラブルシューターを使用して、Windows アップデートコンポーネントをリセットする方法を説明します。

  • MSトラブルシューティングのダウンロードと実行。
  • ダウンロードしたファイルを実行します。
  • 次のウィンドウが表示されます。

windowsアップデートコンポーネントをリセット

  • 「Windows Update」を選択し、「次へ」をクリックします。
  • 完了したら「閉じる」をクリックします。

これより、パソコンで発生する可能性があるエラーが修正されます。ただし、場合によっては、ネットワーク関連の問題もWindowsが正しく更新されない重大な原因になります。 これが起こらないようにするためにすべきことは次のとおりです。

  • MSトラブルシューターをもう一度開きます。
  • Windows Network Diagnostics(Windowsネットワーク診断)を選択します。
  • 画面の指示に従ってください。
  • 完了したら、[閉じる]をクリックします。

これで、お使いのパソコンのネットワークエラーが修正されます。したがって、パソコンを再起動して、「設定」へ移動して、もう一度「Windows Update」を実行してください。

3.修復アップグレードを実行する

修復アップグレードは、基本的に個人データ、プログラム、およびファイルを損なうことなく、Windowsを再インストールすることです。しかし、これを実行するには、まず、MicrosoftからISOファイルをダウンロードする必要があります。関連記事:ISOファイルをダウンロードして今すぐWindows 11をインストール!

ISOファイルにアクセスするには、ISOマウントツールを使用する必要があります。 完了したら、マウントされたISOファイルとともにドライブ文字を入力します。

  • 「Setup.exe」をクリックします。
  • インストールファイルが準備されます。
  • Windowsライセンス条項に同意します。
  • 「インストールの準備ができました」画面が表示されるのを待ちます。
  • 「保持するものを変更する」をクリックします。
  • 保持したいツールを選択し、不要なものを削除します。
  • インストールをクリックし、インストールを開始します。

プロセスが終了したら、Windowsアカウントにサインインして、もう一度Windows Updateを実行します。この手順により、エラーが修正されることができます。

まとめ

以上は、Windows11のアップデートエラーを修正する方法です。この手順に従って、お使いのコンピューターがMicrosoftから必要なすべての更新を受信するようにします。また、アップデートやエラー修正の時にデータ損失を防ぐために、EaseUS Todo Backupを使って事前にデータをバックアップしておくと安心です!

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。