Todo Backupでシステムクローンを行う方法

システムクローンについて

パソコンには、Windowsというオペレーティングシステムがなければ、パソコンが立ち上げません。だから、HDD/SSDを交換する場合は、パソコンの正常起動を保証するため、オペレーティングシステムを新しいディスクに入れないといけません。本文の「システムクローン」というなら、クローンする対象となる「システム」はオペレーティングシステムを指します。ご存知のように、オペレーティングシステムには、複雑な構造があり、いろいろな関連ファイルとフォルダーがあります。それに、これらのフォルダーやファイルが同じなディスクに存在するわけでもないし、パソコンで見えなくて選択できないファイルもたくさんあります。それゆえに、システムクローンを実行するには、専門的なツールが必要となります。

Todo Backupのシステムクローン機能

一番先の段落に触れたように、オペレーティングシステムのクローニングは非常に複雑な作業です。しかしながら、Todo Backupで「システムクローン」をクリックすれば、ソフトはオペレーティングシステムに関連しているディスク・パーティションを自動的に弁別することが可能で、ユーザーが手動でディスクを選択する必要がなくなります。また、システムを実行する前に、高度オプションで下記の項目をチェックすることも可能です。

SSD最適化:クローン先がSSDの場合は、クローンプロセス実行中に、SSDの最大性能を発揮するため、最適化が行われます。
セクタバイセクタクローン:ディスク領域の最小単位 - セクターずつにクローンを行います。このオプションによって、クローン先のディスク構造はクローン元と完全に一致させることができます。
ポータブルWindows USBドライブを作成:クローン先がリムーバブルディスクの場合、このオプションによってそこから正常に起動することを保証します。

Todo Backupでシステムクローンを実行する手順

1.ソフトを実行して、右側のメニューで「システムクローン」を選択します。

システムクローンを選択します。

2.ここでクローン先と該当するディスクを選択します。「高度なオプション」をクリックして、上述の機能を選択することができます。

システムのクローン先を選択します。

3.最後に、「実行」をクリックし、システムクローンのプロセスが始まります。

高度なバックアップ・クローンソフト 1クリックで大切な資料をバックアップ|ディスク・OSを完全にクローニング