> How to Use > バックアップと復元 > 「回復ドライブ」と「起動ドライブ」って同じもの?使い方は?

「回復ドライブ」と「起動ドライブ」って同じもの?使い方は?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月26日に更新

概要:

回復ドライブと起動ドライブという単語を見かけ、「これって同じものじゃないの」という疑惑を抱く方がいると思います。簡単に言うと、回復ドライブと起動ドライブは全く別物です。本文では、両方の違いと使い方を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

回復ドライブとは

回復ドライブは、DVDまたはUSBドライブなどの外付けドライブにWindows 10OSのデータが保存されている外部デバイスのことです。回復ドライブは、パソコンがクラッシュしたり、起動不能の状態に陥ったり、そういう状況に遭遇した後、脱出するための予防措置です。

回復ドライブとは

起動ドライブとは

起動ドライブは、コンピュータの内部ハードドライブまたはSSDであり、そこからコンピュータを起動またはスタートアップすることができます。これは、パソコンの起動に必要なファイルが配置されているコンピュータの物理的なハードドライブです。起動ドライブのファイルは、DOS、UNIX、またはLinuxなどとして知られ、オペレーティングシステムを構成しています。

パソコンが起動不能の状況になる主な原因は起動ドライブにはトラブルが発生したからです。

回復ドライブは起動ドライブの万が一の保険でも言えます。

起動ドライブとは

回復ドライブを作る方法

1.「回復ドライブ」を入力し、検索して開きます。

回復ドライブを検索する
2.「次へ」をクリックします。

回復ドライブの作成-2
3.「回復ドライブ」に指定したいUSBドライブを選択します。

回復ドライブの作成-3
4.「作成」をクリックします。

回復ドライブの作成-4
5.作成作業は自動的に行います。完了するまでお待ちください。

回復ドライブの作成-5

回復ドライブをデータ紛失無し、簡単に作る方法

回復ドライブを作成すれば、ウィンドウズを再インストールすることは可能ですが。しかし、個人データはどうなりますか?保存されておいたデータがなくなります。。このような場合、サードパーティーツールが役に立ちます。

回復ドライブは、ウィンドウズを新しいもののように復元します。しかし、システム・バックアップは、以前と同じようにウィンドウズを復元します。すべてのデータと設定を保持するので、再度セットアップする必要はありません。

システムバックアップには、ユーザーファイルだけでなく、すべてのシステムファイルが含まれています。システムバックアップは、大きな障害が発生した場合に、システムを作成したときの状態に戻すものです。

システムバックアップを作成するのは、とても面倒だと思われるかもしれません。これから無料のバックアップツールとしては、使いやすいEaseUS Todo backupを紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

回復ドライブを使ってシステムを復元する

一般的には、起動ドライブbios設定で変更することができます。パソコンの起動時に、「F2」または[Del]キーを押すことで、biosの設定画面に移動することが可能です。もちろん、ブランド/マザーボードのモデルによってbiosのホットキーは「F2」と[Del]のわけでもありません。「Tab」「F12」「F9」などの可能性もあります。

biosに入るためのホットキー提示メッセージ

通常の場合、PCを起動する初画面でbiosに入るためのキーを提示しますので、どのキーが分からない方は、そのメッセージに注意を払ってください。また、biosに入ると、次の画面になります。

bios設定でのブート設定

boot(ブート)を選択し、boot device priotity(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスを作成した回復ドライブに変更します。

その後、PCを再起動します。

結論

現代社会では、データを失うことはお金の損失になることです。したがって、システムデータのバックアップは、自分自身を保護するための素晴らしい選択肢です。早めにデータの安全を確保するためにバックアップを取りましょう!

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。