> How to Use > バックアップと復元 > ファイルやフォルダーをクラウドにバックアップする方法

ファイルやフォルダーをクラウドにバックアップする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2021年08月10日に更新

概要:

ファイルやフォルダーをハードディスクにバックアップするのは、ディスクの容量をかなり占めることになります。だから、ファイルやフォルダーをクラウドまでにバックアップするのは非常に理想的な方法だと思います。本文では、パソコンで保存されているファイル・フォルダーをクラウドにバックアップする方法を皆さんに紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

クラウドバックアップについて

クラウドバックアップとは、重要なファイルやフォルダーをクラウドストレージにバックアップすることを指しています。従来、ハードディスクでのバックアップと比べて、クラウドバックアップは様々なディスク障害からバックアップファイルを保護することができます。

クラウドにバックアップするメリット

クラウドにバックアップするのは、バックアップファイルをディスク障害から保護できるだけではなく、他にもメリットがたくさんあります。

  • 大容量のイメージをEaseUS Cloudに保存してディスクの容量を節約可能
  • アカウントがあれば、どこからでもバックアップファイルを利用可能
  • バックアップ中にパソコンへの負荷を削減可能
  • ハードディスクの障害からバックアップデータを保護可能

その一方で、通常のバックアップと比べて、クラウドバックアップはデメリットもあります。

クラウドにバックアップするデメリット

  • 柔軟性がほぼなく、カスタマイズがほぼ不可能
  • インターネットエク環境の影響を受けやすい

クラウドバックアップのソフトおすすめ

それでは、クラウドバックアップを実行するには、どうしたらいいですか?ここでクラウドバックアップにも対応可能なEaseUS Todo Backupを皆さんに紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupは、国内で大人気のバックアップソフトで、データバックアップ、ディスククローンの定番ソフトになっています。このソフトには、同社のクラウドサービスのEaseUS Cloudを統合しているため、ファイルやフォルダーをクラウドにバックアップしたい場合、このソフトはこの作業を完璧に実行してくれます。

EaseUS Todo Backupは、とても高技術のバックアップ専門ソフトとして、ファイルやフォルダーをバックアップすることは、単にデータをEaseUS Cloudにアップロードすることではなく、精密なイメージファイルを作成してからクラウドにアップロードすることになります。また、クラウドサービスの容量を節約するために、バックアップファイルを圧縮したり、バックアップファイルを保護するために、パスワードを設定したりすることもできます。

更に、このソフトには、スケジュールバックアップという機能があります。この機能を使うことで、パソコンのデータを自動的にEaseUS Cloudにバックアップすることができます。増分バックアップ、差分バックアップや差異バックアップ機能を利用すれば、バックアッププロセスを非常に軽くすることも可能です。

それでは、次の部分では、EaseUS Todo Backupを使って、ファイルやフォルダーをEaseUS Cloudにバックアップする方法を確認しましょう。

完全解説:Todo BackupでEaseUS Cloudにバックアップする方法

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開きます。EaseUS Cloudを使うには、アカウントが必要となるので、左側のメニューで「アカウント」をクリックします。

easeus使い方ステップ1

ステップ2.ここでアカウントログイン用のウィンドウがポップアップされ、メールアドレスとパスワードでログインします。EaseUSがなければ「登録」をクリックしてください。

easeus使い方ステップ2

ステップ3.アカウントをログインすると、ソフトの初期画面でバックアップモードを選択します。ここでファイルバックアップを例にして、皆さんに紹介していきたいと思います。

ソフトの初期画面で「ファイル」をクリックして、バックアップしたいファイル/フォルダーをチェックして、宛先のところで「参照」をクリックします。

easeus使い方ステップ3

ステップ4.バックアップ先の選択画面で一番上にある「EaseUS Cloud」をクリックします。

easeus使い方ステップ4

ステップ5.自動的にバックアップしたい場合は、バックアップ設定画面の下部の「スケジュール:オフ」をクリックして、バックアッププランを設定できます。

easeus使い方ステップ5

  • ワンタイムバックアップ:一回だけでのバックアップです。
  • バックアップ時間の指定:毎月の日数、毎週の曜日、毎日の時間を指定して、バックアップが自動的に実行されます。
  • イベントの指定:パソコンの特定操作(シャットダウン、起動、USBデバイス接続など)を実行した後、バックアップが自動的に実行されます。

ステップ6.イメージの保存設定」をクリックして、バックアップファイルの保存期限を設定することができます。

ご案内:新しいバックアップファイルがなければ、現存のバックアップファイルが削除されません。新しいバックアップがある場合のみ、古いバックアップが削除されます。

easeus使い方ステップ6

ステップ7.画面底部の「バックアップオプション」ボタンをクリックして、様々なオプションを利用することができます。

easeus使い方ステップ7

  • パスワード設定:バックアップファイルにパスワードを設定して保護します。
  • パフォーマンス:複数のバックアッププロセスがある場合、バックアップの優先度を設定します。または、ネットワークの転送速度を制限できます。
  • Eメール通知:バックアッププロセスの完了通知、または実行失敗の通知を自動的に設定のメールアドレスに送信できます。
  • カスタムコマンド:高度のユーザーにコマンドラインによる操作手段を提供しています。
  • ファイル除外:バックアップ元からバックアップしたくないファイルやフォルダーを除外できます。

ステップ8.最後に、「実行」ボタンをクリックして、バックアップのプロセスを開始します。バックアップファイルは自動的にEaseUS Cloudに保存されます。

easeus使い方ステップ8

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。