> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11で Windows Defenderを無効にする方法

Windows 11で Windows Defenderを無効にする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月23日に更新

概要:

この記事では、Windows 11でWindows Defenderを無効にする方法についてお伝えします。そして、重要なデータをバックアップする方法もご紹介します。一緒に見ていきましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows XP用の無料のスパイウェア対策ソフトウェアとして最初にリリースされた Windows Defender は、Windows OS のウイルス対策コンポーネントです。Windows 10以前のWindows Defenderは、グラフィカルなデスクトップアプリでした。Windows 10以降、Windowsセキュリティ アプリとPowershell に統合され、ユーザーは [設定] から直接 Windows Defender にアクセスできるようになりました。Windows 11 では、Windows Defenderに小さなセキュリティアップグレードが適用され、デバイス上で実行可能な脆弱なドライバをブロックするようになりました。

Windows Defenderの短所

しかし、Windows Defenderは、ウイルスやマルウェアを防御するために、より積極的になり、より強固になっているにもかかわらず、まだユーザーの支持を得ることができません。毎日、多くのユーザーが「Windows Defenderを無効にする方法」を検索しています。ここで、その理由を説明します。

1.別のウイルス対策ソフトウェアとのコンフリクト

Windows Defender は優れたウイルス対策ソフトウェアですが、ほかに選択がないことが前提です。ほとんどのユーザーは、コンピューターを保護するために別のサードパーティ製ウイルス対策ソフトウェアを選択します。Windows Defenderを無効にしないと、新しいウイルス保護プログラムが悪意のあるファイルとして識別される可能性があり、その逆も同様です。

2. CPU使用率が高すぎる

これは、実 Windows Defenderの欠点であるだけでなく、ほぼすべてのウイルス対策ソフトウェアの欠点でもあります。ウイルス対策ソフトウェアを実行すると、CPUからディスク領域、RAM まで、コンピューターのリソースが使い果たされます。さらに、Windows Defender を使用している場合、デバイスのウイルスとマルウェアの監視とスキャンが停止することはありません。したがって、他のコンピューター保護方法がある場合は、Windows Defender を無効にして、デバイスのCPUとRAMの使用を節約できます。

上記はWindows Defenderの主なデメリットです。Windows Defenderが特定のソフトウェアのインストールを妨げたり、エラーコードを引き起こしたりするなど、他の短所もあります。次のパートでは、Windows Defenderを完全にオフにする方法を説明します。

Windows 11で、Windows Defenderを無効にする方法

ここでは、Windows 11で Windows Defender を無効にする 2 つの方法を紹介します。

1. Windows 11で、Windows Defenderを一時的に停止する

ステップ1.[スタート] でWindows セキュリティを検索して、クリックします。

ステップ2.Windows セキュリティで、[ウイルスと脅威の防止] タブをクリックします。

ステップ3.[ウイルスと脅威の防止の設定]で、[設定の管理] をクリックします。

ステップ4.リアルタイム保護ボタンを切り替えて、Windows Defender をオフにします。

Windows Defenderを一時的に停止する

※Windows 11では、Windows Defenderをオフにすると、次回パソコン起動時に自動的にオンになります。

2.Windows 11で、Windows Defenderを永久に無効にする

この方法を使用すると、Windows Defender を完全にオフにすることができます。

1.セーフモードで起動

ステップ1. Windows+Rキーを押して実行ボックスを開き、msconfigと入力して、Enter キーを押します。

ステップ2.ブートタブを選択し、[ブート] の下の[セーフ ブート]にチェックマークを付けます。

ステップ3.[OK]をクリックしてコンピュータを再起動すると、コンピューターがセーフ モードで起動します。

セーフモードで起動

2.Windows Defenderを管理者として実行する

ステップ1.ファイルエクスプローラーを開き、C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender フォルダーに移動します。

Windows Defenderを管理者として実行する1

ステップ2.Platformフォルダーを右クリックし、[プロパティ]をクリックして、[セキュリティー]をクリックして、[詳細設定]をクリックします。

Windows Defenderを管理者として実行する2

ステップ3.Windows Defender の所有者が SYSTEMになっていることがわかります。

ステップ4.[有効なアクセス]タブをクリックし[ユーザーの選択]をクリックします。

Windows Defenderを管理者として実行する3

ステップ5.[詳細設定]>[検索]>[Administrators]に移動し、[OK]を2回クリックして変更を確認します。

Windows Defenderを管理者として実行する4

3.Windows Defenderのアクセス許可を削除する

これで、Windows Defenderの所有者が管理者に変更されたことがわかります。Windows Defenderを無効にする権限を削除できます。

プラットフォームの高度なセキュリティ設定ウィンドウで、すべてのアクセス許可エントリを選択し、[削除]をクリック して、上部にある [ サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える]オプションにチェックマークを付け 、下部にある [すべての子オブジェクトのアクセス許可を置き換える... ] オプションにチェックマークを付けます。

4.セーフブートと再起動を無効にする

最初のステップの手順に従ってmsconfig に入り、セーフ ブート オプションの選択を解除して、コンピューターを再起動します。これは、Windows 11で Windows Defenderを完全に無効にする最後の手順です。コンピューターを再起動した後、Windows セキュリティ アプリを再度開くと、ウイルスと脅威の防止が表示されなくなります。

コンピューターをウイルスから保護する方法

Windows 11でWindows Defenderを無効にする方法を分かった後、ウイルスからコンピューターを保護するためのより良い方法があるかどうか疑問に思うかもしれません。ユーザーには2 つのオプションがあります。1つはPC用のサードパーティウイルス対策を使うことで、もう1つは重要なファイルのバックアップを定期的に作成することです。

ニーズに適したウイルス対策ソフトウェアがわからない場合は、こちらの記事を読んで、適切なウイルス対策ソフトウェアを見つけましょう。

重要なファイルのバックアップ作成には、EaseUS Todo Backupを試すことをお勧めします。これは、ユーザーにさまざまなバックアップ オプションを提供するだけでなく、ユーザーがバックアップ ファイルを保存するためのセキュリティゾーンを作成して、マルウェア攻撃からファイルを防ぐこともできます。強力なバックアップ機能に加えて、EaseUS Todo Backupはクローン分野でも優れたパフォーマンスを発揮します。ユーザーがデータを失うことなく、単一のディスク、パーティション、およびシステムを複製することをサポートします。

今すぐダウンロードして、試してみましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

操作手順:

ステップ1.バックアップの内容を選択する

メイン ウィンドウで、[バックアップの追加]項目をクリックして、バックアップ コンテンツを選択します。ファイル、ディスクまたはパーティション全体、オペレーティング システム、およびメールを選択できます。 

easeus todo backupによるバックアップステップ1

ステップ2.バックアップ先としてセキュリティ ゾーンを選択する

バックアップ先を選択すると、[セキュリティ ゾーン]オプションが表示されます。[セキュリティ ゾーン]をクリックし、バックアップ先として使用します。

easeus todo backupによるバックアップステップ2

注意:セキュリティ ゾーン機能を初めて使用する場合、EaseUS Todo Backupはセキュリティ ゾーンの作成を案内します。「セキュリティゾーンの作成」をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成1

バックアップに十分な空き容量があるパーティションを選択し、[続ける] をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成2

セキュリティ ゾーンのサイズを調整して、[作成]をクリックして完了します。 

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成3

ステップ3.バックアップ タスクを実行する

[今すぐバックアップ]をクリックして、バックアップ プロセスを開始します。セキュリティ ゾーン内のOS、ファイル、ドライブ、およびメールのバックアップは、ウイルス、ランサムウェア、およびトロイ木馬によって見られたり破壊されたりすることから完全に保護されます。

easeus todo backupによるバックアップステップ3 

結論

この記事では、Windows 11でWindows Defender を無効にする詳細な手順について説明しました。Windows Defender を一時的または永続的に停止することができます。また、バックアップ ファイルを作成してデータを保護したい場合は、セキュリティゾーンを作成する優れた機能を備えるEaseUS Todo Backupをインストールしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows Defenderに関するFAQs

Windows Defenderを有効にするには、どうすればいいですか?

ステップ1.[スタート] でWindows セキュリティを検索して、クリックします。

ステップ2.Windows セキュリティで、[ウイルスと脅威の防止] タブをクリックします。

ステップ3.[ウイルスと脅威の防止の設定]で、[設定の管理] をクリックします。

ステップ4.リアルタイム保護ボタンを切り替えて、Windows Defender をオンにします。

Windows defenderを削除したいです。何か方法がありますか?

方法1

  • 検査ボックスで「Windows Defender」を人力して、保護の領域の「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  • 「ウイルスと脅威の防止の設定」に入って、「リアルタイム保護」と「クラウド提供の保護」をオフにしてokです。

方法2

  • 検査ボックスで「regedit」を人力して、「HKEY_LOCAL_MACHINE」>「SOFTWARE」>「Policies」>「Microsoft」>「Windows Defender」をクリっくします。
  •  「Windows Defender」を右クリックして、「新規」>「DWORD(32ビット)」をクリックして、作った「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更し、ファイルを右クリックして、「修正」>「値のデータ」>「ok」をクリックします。再起動します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。