> How to Use > バックアップと復元 > 「詳細ガイド」windows11をUSBにバックアップする方法

「詳細ガイド」windows11をUSBにバックアップする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年02月27日に更新

概要:

本記事では、パソコンのデータバックアップを作成する方法やWindows11でデータをバックアップする方法を詳しく解説します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

データをバックアップするときに、外付けHDDのようにデバイスにバックアップファイルを復元する必要があります。EaseUS Todo Backupというバックアップ専門ツールを使って、Windowsシステムのデータを簡単にバックアップを作成することができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

定期的にWindows11でバックアップを作成する必要性

最近、リリースされたWindows11のUIが大きく変更されましたけど、機能はWindows10とほぼ同じです。なので、バックアップ方法も同様はずです。ただし、今までWindows11の不安定の報告がたくさんあるので、システムエラーを発生する可能性も高いことを注意を払う必要があります。システムエラーの原因でデータ損失を引き起こすケースもたくさんあります。普段、電源コートとケーブルが正しく接続しているか、CPUの熱爆走のことを定期的に確認する必要があります。これらの簡単な確認により、手間をかけずにデータ損失のリスクを減らすことができます。

しかし、日常で十分な注意を払っても、データが失われることもよく発生します。そのため、万が一に備えて、データ保護のため、データのバックアップを作成することが不可欠となります。

データバックアップを作成するときに、念のため、バックアップを外付けHDD / SSD、フラッシュドライブ、またはその他の利用可能なデバイスに保存することをお勧めします。なぜなら、他のデバイスにバックアップすると、システムエラーが発生して、アクセスできなくなっときに、そのデバイスからデータを復活することができます。また、デバイスを使用すればするほど、データ損失のリスクが高まりす。だから、そのバックアップファイルを保存するデバイスを使わないときに、PCとの接続を切断してください。

Windows11のOSとデータをUSBにバックアップする簡単法

重要なファイルやオペレーティングシステムをバックアップするために使用できるソフトウェアはたくさんあります。この記事では、すべてのファイルを自動的にバックアップするために使用できる信頼性の高いWindowsバックアップツールーEaseUS TodoBackupをご紹介します。

このプログラムは、ポータブルWindows USBフラッシュドライブの作成など、オペレーティングシステムデータをバックアップしてポータブルデバイスに転送することもできます。この機能を使用すると、必要に応じて他のコンピューターでWindows11を使用できるようになります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS TodoBackupの機能紹介動画

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動します。「ツール」メニューを展開し、「システムクローン」をクリックします。

システムクローン1

ステップ2.「システムクローン」ウィンドウで、ソフトウェアはデフォルトでシステムパーティションとブートパーティションを選択しますから、ターゲットディスクとしてUSBドライブを選択する必要だけがあります。「高度なオプション」>「ポータブルWindows USBドライブを作成」>「OK」>「次へ」をクリックします。

システムクローン2

ステップ3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、クローンのプロセスを開始します。クローン作成プロセスが終了したら、USBドライブを安全に引く抜きます。

システムクローン3

ステップ4.USBドライブから起動します。

  • ポータブルUSBをコンピューターに接続します
  • コンピュータを再起動し、「Del」キーを押してBIOSに入ります
  • 「boot」を選択し、「boot device priotity」(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスをポータブルUSBから起動するように設定します。
  • 変更を保存すると、システムがUSBドライブから起動します。

まとめ

最近、リリースされたばかりのWindows11はまだ不安定のOSといえます。そしてデータ損失のトラブルを防ぐために、定期的にデータバックアップすることをお勧めします。EaseUS Todo Backupのような強力なバックアップツールを使うと、ドキュメント、レポート、映画、音楽、ゲーム、その他のファイルを手間をかけずに自動的にバックアップできます。また、OSのデータを外付けドライブにバックアップして、必要に応じてほかのPCに転送することができます。異なるハードウェアからシステムを転送する方法を参考にしてください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。