> How to Use > バックアップと復元 > 【方法2選】「このドライブでシステムの保護を有効にする必要があります」を修正する

【方法2選】「このドライブでシステムの保護を有効にする必要があります」を修正する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年02月28日に更新

概要:

現在、Windowsにアクセスできず、システムを保存ポイントに復元できません。 「このドライブのシステム保護を許可する必要があります」と表示されます。このようなエラーを修正するにはどうすればいいいですか?この記事では、数回のクリックでこのドライブのシステム保護を有効にする方法を説明します

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 10/8/7でシステムの復元を実行してみると、「このドライブでシステム保護を有効にする必要があります」というエラーメッセージが表示される場合があります。この問題を解決するにはどうすればよいですか?
システム保護を有効にせずにPCを以前の状態に復元する方法がありませんか?

Windowsレジストリの変更やWindowsのアップグレードなど、システム関連の操作を完了する前に、バックアップ用のシステムの復元ポイントを作成できます。次に、システムエラーが発生したら、この前で作成した復元ポイントからコンピューターを以前の状態に戻すことができます。

もし「このドライブでシステムの保護を有効にする必要があります」というエラーが発生したら、 次の内容に進んでください。

システムの保護とは

システムの保護とはWindows Updateやアプリのインストールをする直前に自動的にその状態をバックアップしておきます。エラーが発生したら、以前の状態に戻すことができます。

システム保護はNTFSドライブでのみ使用できます。ただし、上記の問題が発生した場合は、機能が無効になっていることを示しています。したがって、システムを正常に回復するには、システム保護がオンになっていることを確認してください。

Windows 10/8/7ハードドライブでシステム保護を有効にするにはどうすればよいですか?次は、それを有効にする2つの方法を示します。

方法1.CMDで「システムの保護」を有効にする

「このドライブでシステム保護を有効にする必要があります」というエラーを解決するためには、Windows10 / 8/7でコマンドプロンプトを使ってシステムドライブの「システムの保護」を有効にすることが最も簡単ンな方法です。

操作手順

ステップ1. Windows11の検索バーにcmdと入力し、コマンドプロンプトを右クリックします。次に、[管理者として実行]を選択します。

ステップ2.Windows が起動しない場合でも、Windows回復環境を通じてコマンドプロンプトを使用できます。

ステップ3.Windows 回復環境から、[トラブルシューティング]> [詳細オプション]> [コマンドプロンプト]に移動します。

Windows 回復環境

ステップ4. 次に、コマンドプロンプトで「netstarts vss」と入力し、Returnキーを押します。

ステップ5. コマンドプロンプトでrstrui.exe / offset:C:windows = activeと入力し、Returnキーを

CMDで「システムの保護」を有効にする手順

ステップ6. 復元後、PCを再起動して、以前の状態に戻すかどうかを確認します。

ご注意:上記の方法を試して、システムの復元に失敗した場合があるかもしれません。これはレジストリファイル名前が変更しなかったの原因で引き起こされました。

まず、C:WindowsSystem32configに移動し、2つのレジストリファイルの名前を変更しました。

  • ren SYSTEM system.001
  • ren SOFTWARE software.001

上記の方法を実行して、役に立たない場合は、以下の方法を参考にしてください。

方法2.コントロールパネルからシステム保護を有効にする

次に、システム保護を有効にできるのは、コントロールパネルを使用することです。以下の手順に従ってください。

ステップ1. まず、検索バーに「コントロールパネル」と入力し、その直後に[システムとセキュリティ]> [システム]> [システム保護]をクリックします。

ステップ2. 次に、ターゲットドライブを選択し、[システム保護]タブの下にある[構成]ボタンをクリックします。

ステップ3. システムの[保護をオンにする]オプションを選択し、[適用]と[OK]を押します。

システム保護を有効にする手順

注:この方法は、Windows10 / 8/7システムをWindowsデスクトップで実行できる場合にのみ使用できます。

豆知識:EaseUSTodoバックアップを使用してWindowsをバックアップおよび復元する方法

日常で十分な注意を払っても、データ損失の発生を完全に回避することが不可能です。ここでは、ある人気かつ強力のデータバックアップツールーEaseUS TodoBackupをおすすめします。EaseUS Todo Backupはユーザーのバックアップやクローンに対するニーズがほぼすべてが応えられます。例えば、ファイル、フォルダ、およびドライブを外付けHDDとクラウドドライブの両方にバックアップできます。また、操作もとても簡単です。バックアップの対象も制限なしです。数クリックしてシステム全体やハードドライブの内容をバックアップすることができます。Windowsに搭載されているバックアップ機能より操作しやすいです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1. EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックします。

1.EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックする

2. 作成したシステムイメージを選択して、「OK」をクリックして復元します。

2.復元したいファイルを参照して、「ok」をクリックする

3.復元先のハードディスクを選択します。ここでソースディスクと復元ディスクのパーティションスタイルが一緒であることを確認してください。

3.復元先のハードディスクを選択します。

4.必要に応じてディスクレイアウトをカスタマイズします。次に、「実行」をクリックして、システムのバックアップ復元を開始します。

4.システムのバックアップ復元を開始します

まとめ

「このドライブでシステム保護を有効にする必要があります」というエラーメッセージが表示されたら、上記の方法試してエラーを解決できます。特に、簡単な解決する方法を求めるユーザは、記事内で紹介しているEaseUS Todo Backupをおすすめします。OSや個人的なファイルへの完全なバックアップソリューションを提供します。ご興味があれば、下の青ボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。