> How to Use > バックアップと復元 > 方法3選|パソコンのデータを外付けHDDに自動的にバックアップする方法

方法3選|パソコンのデータを外付けHDDに自動的にバックアップする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2021年04月19日に更新

概要:

パソコンのデータを外付けHDDに自動的にバックアップするには、どうしたらいいですか?ここでは、Windowsのバックアップソフト、Windows 10「バックアップと復元」、またはファイル履歴を利用してデータを外付けHDDに自動的にバックアップする方法を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

非常に厳しいシステムクラッシュ、ハードウェア障害、またはウィルス攻撃が発生すると、データのセキュリティを保つ戦略は何ですか?そう、バックアップを作成することです。一般的には、バックアップファイルの保存先として、外付けHDDを用いることがおススメです。

ここで、様々な障害からデータのセキュリティを効率的に保護できるバックアップツールを3つ皆さんにご紹介します。

どっちが良い?EaseUS Todo Backup、バックアップと復元、ファイル履歴?

データセキュリティの重要性を意識して、データをバックアップしようと思う場合、どちらのバックアップツールを選択することに迷うかもしれませんので、ここでユーザーに最も使われているバックアップツール3選を比較した上、皆さんに紹介していきたいと思います。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

次は、EaseUS Todo Backup、バックアップと復元、ファイル履歴といった3つのバックアップツールの基本情報の比較表を作成しましたので、ここで皆さんに紹介します。

EaseUS Todo Backup Windowsバックアップと復元 ファイル履歴
ファイル、フォルダー、ハードディスク/パーティション、オペレーティングシステムをバックアップ可能 ファイル、フォルダー、ハードディスク/パーティション、オペレーティングシステムをバックアップ可能 システムドライブのユーザーフォルダーの下にあるファイルやフォルダーをバックアップ可能
Windows 10/8/7/XP/Vistaに互換 Windows 8/7に互換 Windows 10/8に互換
簡単操作 ややこしい操作 ややこしい操作

上記の情報の元で、もしWindows OSに超詳しくない場合、または簡単な自動バックアップ対策を望んでいる場合、EaseUS Todo Backupはこちらのおススメです。

データを外付けHDDに自動的にバックアップする方法3選

Windows 10/ 8/ 7でパソコンのデータを外付けHDDに自動的にバックアップしたいと思っていますか?下記の内容を参照すれば、データのバックアップを簡単に作成することができます。

方法1.Windows向けバックアップソフトを使用する

パソコンのデータを簡単に外付けHDDに自動的にバックアップするには、使いやすいWindows向けバックアップソフト-EaseUS Todo Backupを使いましょう。

メリット:複数のバックアップ機能、バックアップ速度が速い、バックアップファイルのサイズが小さい、起動ディスクを作成してバックアップ可能

デメリット:完全無料なツールではない

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupでバックアップをどのように作成する?

  • 特定のファイル、またはフォルダを内蔵/外付けHDD/クラウドドライブにバックアップ可能
  • ハードディスク/ドライブを内蔵/外付けHDD/クラウドドライブにバックアップ可能
  • Windows OSを完全に内蔵/外付けHDD/クラウドドライブにバックアップ可能

EaseUS Todo Backupの助けで、ユーザーは自分が思う通りにファイル/フォルダ/ハードディスク/Windows OSをバックアップすることができます。パソコンのデータを外付けHDDに自動バックアップする場合、このソフトも2つの方法を提供してくれます。

オプション1.毎日/毎週/毎月の頻度でファイルを外付けHDDに自動的にバックアップ

自動バックアップの頻度を設定すれば、EaseUS Todo Backupは、設定の頻度に従って、パソコンのデータを自動的に外付けHDDにバックアップできます。それでは、バックアップ用の外付けHDDをパソコンに接続して、EaseUS Todo Backupをパソコンにダウンロードしましょう。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、一番最初の画面で「ファイルバックアップ」を選択します。

バックアップソフトの初期画面

ステップ2.バックアップの宛先を外付けHDDにして「スケジュール」をクリックして、バックアップのスケジュールを設定します。スケジュールを設定すると、ソフトは自動的にファイルを外付けHDDにバックアップすることができます。

左側のメニューで毎日/毎週/毎月を選択することでバックアップの頻度を設定することができます。

自動バックアップの頻度を設定する

この画面では、自動バックアップを実行するタイミング、バックアップの方法(完全/増分/差分)などを設定することもできます。

オプション2.外付けHDDを接続する度に自動バックアップする

自動バックアップの頻度(毎日/毎週/毎月)を選択するウィンドウでは「イベントごと」を選択します。

外付けHDDを選択する度に自動バックアップ

開始のところで、「USBデバイス接続時(タスクを作成したUSBデバイスのみ)」を選択することで、ソフトは外付けHDDをパソコンに挿入する度にファイル自動的にバックアップします。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

方法2.Windowsのバックアップと復元を使用する

Windows内蔵のバックアップと復元(Windows 7)プログラムは、非常に有用なバックアップツールです。パソコンでバックアップのプランを設定すると、パソコン上のデータを自動的にバックアップすることができます。

メリット:無料、バックアップ速度が速い

デメリット:バックアップファイルのサイズが非常に大きい、Windows 10不対応

Windowsバックアップでバックアップできる内容は?

  • ファイルを内蔵/外付けHDDにバックアップ可能
  • ハードディスク/ドライブを内蔵/外付けHDDにバックアップ可能
  • Windows OSを完全に内蔵/外付けHDDにバックアップ可能

操作ガイド:自動バックアップのプランを設定してファイルを外付けHDDに自動的にバックアップ

メモ:自動バックアップ操作は行われるために、外付けHDDをずっとパソコンに接続する必要があります。

ステップ1.外付けHDDをパソコンに接続します。

ステップ2.コントロールパンル」→「システムとセキュリティ」→「バックアップと復元」の順にクリックします。(Windows 7のみ)

windowsバックアップと復元で自動バックアップをするステップ1

ステップ3.設定の変更」をクリックし、外付けHDDを自動バックアップ先にして、「次へ」をクリックします。

windowsバックアップと復元で自動バックアップをするステップ2

windowsバックアップと復元で自動バックアップをするステップ3

ステップ4.バックアップ内容を選択するために、「自分で選択する」をチェックして、「次へ」をクリックします。

ステップ5.自動バックアップを行いたい場所をチェックして、次へをクリックします。

ステップ6.スケジュールの変更」をクリックして、「毎月」、「毎週」、「毎日」というバックアップの頻度を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

ステップ7.自動バックアップのプランを設定すれば、「設定を保存して終了」をクリックします。

方法3.Windowsのファイル履歴を使用する

バックアップと復元のように、ファイル履歴はもう1つの内蔵バックアップツールです。このツールを使って、自動バックアッププランを設定することもできます。

メリット:無料、バックアップ速度が速い
デメリット:バックアップファイルのサイズが大きい、システムドライブに保存するファイル以外はバックアップできません。

ファイル履歴でバックアップ可能な内容

  • デスクトップのファイルのバックアップ
  • ダウンロード/ドキュメント/ピクチャ/ミュージックフォルダのバックアップ
  • ユーザーアカウントの関連ドライブのバックアップ

ファイル履歴でファイルを自動的に外付けHDDにバックアップする方法

ファイル履歴を使ってファイルを自動的に外付けHDDにバックアップする場合、いつも外付けHDDをパソコンに接続する必要があります。

ステップ1.ここに入力して検索」ボックスで「ファイル履歴」を入力して「ファイル履歴でファイルを復元」を選択します。

ステップ2.もしここで「ファイルの履歴が見つかりませんでした」というメッセージが表示されたら、「ファイル履歴の設定を構成てください。」をクリックします。

ファイル履歴でファイルを自動バックアップするステップ1

ステップ3.左のメニューで「ドライブの選択」をクリックして、バックアップ先として外付けHDDを選択してください。

ファイル履歴でファイルを自動バックアップするステップ2

ステップ4.ファイル履歴のドライブを選択して、OKボタンをクリックします。

ファイル履歴でファイルを自動バックアップするステップ3

ステップ5.左のメニューで「詳細設定」をクリックします。それから、ファイルのコピーを保存する頻度のところで、自動バックアップの頻度を設定して、「変更の保存」をクリックします。

自動バックアップの頻度を設定する

ステップ6.オンにする」ボタンをクリックすることで、自動バックアップを開始します。

ファイル履歴は、C: /Users/アカウント名の下にある全てのデータを自動的に外付けHDDにバックアップします。

まとめ

このページでは、Windows搭載のパソコンでの最も効率的な自動バックアップ対策を皆さんに紹介しました。Windows 10/8/7でデータを保護するために、自動的に外付けHDDにバックアップするのは非常に推奨される方法です。

本文で紹介した3つのツール-バックアップと復元、ファイル履歴及びEaseUS Todo Backupの中、EaseUS Todo Backupは比較的に効率的、使いやすいツールなので、こちらのおススメのツールです。

また、どちらのツールを使用しても、確実にデータのセキュリティを保つことができるので、今すぐバックアップを作成しましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。