> How to Use > バックアップと復元 > 「徹底解説」Windows 11のプロダクトキーの確認とライセンス認証方法

「徹底解説」Windows 11のプロダクトキーの確認とライセンス認証方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年06月27日に更新

概要:

Windows 11のプロダクトキーの確認とライセンス認証方法をお探しですか?私たちは、Windows 11のプロダクトキーを取得し、簡単な手順でWindows 11を認証するためのすべての最新の作業方法を手に入れました。もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 11の互換性チェックを行い、お使いのPCでWindows 11が動作することが判明した場合、インストールすることができます。Windowsのインストールが完了すると、デスクトップ画面に「Windowsのライセンス認証」というウォーターマークが表示されることがあります。Windowsを有効にするには、設定に移動してください。

このウォーターマーク付けけたら、Windows11のある機能が利用できません。例えば、デスクトップの壁紙の変更、PCカラーの変更、ロック画面、タスクバー、スタートなどのカスタマイズオプションも変更できません。したがって、Windows 11のプロダクトキーはOSを動かすための必需なものです。

Windows11のライセンス認証

次に、最も重要なことは、Windows 11のアクティベーションを行うことです。では、Windows 11 Professionalや他のバージョンをアクティベートするにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、その解決策をご紹介します。それでは調べてみましょう。

Windows 11のプロダクトキーとは

Windowsのプロダクトキーは、基本的に25文字のコードで、Windows システムを認証するために使用される場合があります。Windowsは完全に無料のオペレーティングシステムではなく、プレミアム機能を利用するにはプロダクトキーを購入する必要があります。

ただし、Windows 11がプリインストールされたノートパソコンを購入した場合、そのノートパソコンはプロダクトキーを使用して認証されます。Windowsが使用するプロダクトキーの形式は、以下の通りです。

PRODUCT KEY: xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

一方、カスタム作成 PCにwindowsを搭載したい場合は、Windowsのリテールプロダクトキーを購入する必要があります。このリテールキーは、パソコンのハードウェアが進化しても、無期限で使用できます。

一方、Windowsノートパソコンに付属するプロダクトキーは、ノートパソコンのマザーボードに取り付けられており、マイクロソフトによれば、その特定のノートパソコンでのみ使用することができます。

OEMライセンスキーは、これらのプロダクトキーの正式な呼び名です。Windowsプロダクトキーの簡単な説明がお役に立てれば幸いです。

関連記事:方法10選|紛失したWindowsプロダクトキーを探す

Windows 11プロダクトキーを確認する方法

Windows11プロダクトキーを確認するには、さまざまな方法があるようです。このパートでは、新しいWindows 11プロダクトキーを取得する方法と、すでに認証済みのWindows 11を使用している場合に元のプロダクトキーを見つける方法をご紹介します。

新しいWindows 11のプロダクトキーを取得する

次のシナリオを考えてみましょう:Windows 10を使用しているが、アップグレードしたい!Windows 11のプロダクトキーが必要です。インストールプロセス中の障害を避けるために、Windows 11のプロダクトキーを入手する必要があります。Windows 11では、Microsoft StoreからWindows 11の正規ライセンスを購入する新しい方法が導入されています。この新機能は、Windows 11 Insider Preview版のみ利用可能です。プロダクトキーの入手方法には、公式のMicrosoft Storeから購入する方法と、インターネットで検索する方法の2つがあります。

注:情報ソースを提供しているだけですので、上記の方法(公式マイクロソフトストアから購入する)を利用することをお勧めします。インターネットからアクティベーションコードを検索するのは安全ではありません。

ここでは、Microsoft Storeからライセンスを取得する方法を説明します。

ステップ1.ドロップダウンメニューから「設定」「システム」ライセンス認証を選択します。

ステップ2. Microsoft Storeアプリで新しいライセンスを取得するには、ドロップダウンメニューから「Storeを開く」を選択します。

ステップ3. この方法を使用すると、新しいMicrosoft Storeは、Windows11に読み込まれ、Windows11の正規のコピーを購入することができます。

もっと詳しく:ユーザーはまた、インターネットから無料のアクティベーションコードを検索することができます。しかし、オンラインでプロダクトキーを見つけ、信頼性の低いプラットフォームから取得することは、最も安全なオプションではないことも知っておく必要があります。そのような取得には、OSに害を与えるウイルスが含まれている可能性もあります。

Windows 11のプロダクトキーを確認する方法

Windows 11のプロダクトキーを確認するには、コマンドプロンプトを使用することもできます。この場合、Windowsが動作しているコンピュータがあれば、プロダクトキーを受け取ることができます。以下は、その方法です。

操作手順

ステップ1. Windows検索を起動するには、Win + Sキーを同時に押してください。

ステップ2. 検索ボックスに「CMD」と入力し、検索結果から「管理者として実行」を選択します。

ステップ3. コマンドプロンプトのウィンドウに以下のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行させます。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

ステップ4.これで、画面にオリジナルのプロダクトキーが表示されます。

ステップ5. キーをコピーして、DropboxやGoogle Driveアカウントなどの安全な場所に保存し、今後の参考にします。

Windows 11のプロダクトキーを確認する方法

Windows 11の認証方法

まったく新しい Windows 11 は、誰もが楽しめるコラボレーションとクリエイティブな環境を提供します。さらに、この新しいオペレーティング システムは安全な設計になっており、チップからクラウド、さらにその先まで完全な暗号化を保証する特別なセキュリティ機能を備えています。

マイクロソフト は、正規ライセンスを購入したユーザに無料でWindows11にアップグレートするサービスを提供しています。すでにWindows 10を認証していた人は、新しいバージョンのWindowsが利用できるようになったときに、わざわざ再度ライセンスの認証を行う必要はないでしょう。

しかし、Windows 10はアクティブではないため、Windows 11にアップグレードする前に、まずWindows 10をアクティブにする必要があります。プロダクトキーを使ってWindows 11をアクティブにするには、次の手順に従ってください。

操作手順

ステップ1.[スタート]ボタンを右クリックして、[スタート]メニューを表示します。

ステップ2.ドロップダウンリストの中から「設定」を選択します。

ステップ3. ドロップダウンメニューから「システム」を選択します。

ステップ4. ドロップダウンメニューから「認証」を選びます。

ステップ5. [プロダクトキーの変更]をクリックします。

Windows 11の認証手順5

(注:現在使用しているWindowsのバージョン(Windows 10/8/7)のプロダクトキーを「プロダクトキーを入力する」ボックスに入力する必要があります)。

ステップ6. ドロップダウンメニューから「次へ」を選択します。

ステップ7. ドロップダウンメニューから「ライセンス認証」と書かれたオプションを選択します。

Windows 11の認証手順7

ステップ8. これで、Windows 11オペレーティングシステムがアクティブになりました。

Windows 10のプロダクトキーを使ってWindows 11を認証できますか?

Microsoftは、後方互換性のためにこの文字列が含まれていると主張していますが、Windows 10向けにリリースされた機能更新と同じ構造になっています。

Windows 11をインストールすれば、Windows 10のプロダクトキーで認証できます。マイクロソフトは、この方法が合法的に機能することを確認しています。

(注: どのような方法でWindowsをアクティブ化するにしても、移動する前にプログラムとファイルをバックアップすることを忘れないでください。そのために、EaseUS Todo Backupはハードディスク、パーティション、重要なファイルを手間なくバックアップできる正しい選択かもしれません)。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

まとめ

本記事ではWindows11のライセンスの認証を行う最も簡単な方法を紹介していました。Windows11にまだ使い慣れないユーザにとって、役に立つ情報になれます。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。