> How to Use > バックアップと復元 > 解決策|Windows10/8/7のシステム復元ポイントが機能しない

解決策|Windows10/8/7のシステム復元ポイントが機能しない

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2023年06月12日に更新

概要:

Windowsのシステムの復元は、さまざまな原因でうまく行かないことがあります。コンピュータがうまく動作しているように見えても、復元ポイントが選択できず、Windows OSを以前の状態に復元できないことがあります。本記事はWindows10/8/7のシステム復元を動作させるための5つの解決策を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元
 

システムの復元が機能していないことを示すエラーメッセージは次の通りです。

  • システムの復元は正しく完了しませんでした。
  • シャドウコピーを作成できませんでした。
  • エラー0x80070005/0x800423F3/0x80070570
  • システムの復元は、復元ポイントからディレクトリの元のコピーを抽出できませんでした。
  • 次の理由により復元ポイントを作成できませんでした: ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) でエラーが検出されました。

Windowsシステムの復元が機能しなことは、通常、ユーザーがシステムを更新したり、アプリケーションをインストールしたり、コンピューターがマルウェアやウイルスに感染した後に発生するのです。ただし、以前のバージョンのWindowsの復元に失敗する要因は他にもたくさんあります。このページではシステムの復元を修正するためのいくつかの方法を紹介しますが、これはユーザーに過失がなくても発生する可能性がある非常に一般的な問題です。Windowsのシステム復元機能で、PCに何か不具合が発生するたびに再設定する以外に、より簡単な方法でシステムを復元する方法があります。

サードパーティ ソフトウェアを使用して、システム、アプリケーション、個人ファイルのステータスの復元ポイントを作成できます。ここでは、EaseUS Todo Backupをお勧めします。このソフトによって、ユーザーは Windows 10/8/7 で完全なシステム復元を実行できます。詳細については、この文章の最終パートで紹介します。これから、まず、Windowsシステムの復元を直接修正する方法について説明します。

解決策1.セーフ モードでシステムの復元を実行する

操作手順は次の通りです。

ステップ1.コンピュータを再起動し、起動プロセス中に「F8」を押して、Windowsの「詳細ブート オプション」画面を開き、「セーフ モード」に入ります。

ステップ2.セーフモードメニューで、スタートメニューの検索バーに「リカバリ」と入力し、リストから「リカバリ」を選択します。

ステップ3.「詳細オプション」メニューから「システムの復元」を開きます。

システムの復元

セーフ モードで起動すると、システムの復元ポイントを作成したり、以前の復元ポイントに復元したりなどができます。

解決策2.システム保護設定とディスク領域の使用量を確認する。

作成したシステム復元ポイントのサイズがシステム保護設定の最大ディスク容量構成を超えると、多くの新しいバックアップ イメージが失われます。この場合、Windows は実際には保存されていないため、目的の復元ポイントに復元できません。これを解決するには、システムの復元ポイントに多くの容量を割り当ててください。

ステップ1.「このPC」アイコンを右クリックし、「プロパティ」→「システムの保護」→「構成」を選択します。

システムの保護→構成

ステップ2.「設定」画面を開き、「最大使用量」バーをドラッグし、デフォルトの35から5%以上に増やします。

ディスク領域の使用量

解決策3.ボリューム シャドウ コピー サービスとシステム復元サービスの状況を確認する

Volume Shadow Copy Service(VSS)は、アプリケーションの実行中にボリュームバックアップを実行できるようにするための実装です。VSSが有効になっていなかったり、レジストリでボリューム シャドウ コピー サービスのレジストリ値が変更されていたりすると、Windowsシステムリストアの問題につながります。

ボリューム シャドウ コピー サービスを「自動」に設定するには:

ステップ1.[スタート]メニューの検索ボックスに「Services.msc」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ2.「ボリューム シャドウ コピー、タスク スケジューラ、および Microsoft ソフトウェア シャドウ コピー プロバイダー サービス」を検索します。 これらが起動しているか、「スタートアップの種類」が「自動」に設定されているかを確認します。

ステップ3.コンピュータを再起動し、システムの復元を再試行します。

解決策4.破損したシステム ファイルを修復する

システムの復元が機能を失った場合、システムファイルが破損していることも原因の一つとなります。そこで、コマンドプロンプトからシステムファイルチェッカー(SFC)を実行し、破損したシステムファイルをチェックし修復することで、その問題を解決することができます。

ステップ1.「Windows + X」を押してメニューを表示し、「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

コマンドプロンプト

ステップ2.コマンド プロンプト ウィンドウで、「sfc /scannow」と入力し、Enterキーを押します。

コマンドを入力

解決策5.Windowsシステムの復元の代替手段-EaseUS Todo Backup

システムの復元機能は、コンピュータにトラブルが起こし、復元が必要になったときに大きな役に立つ非常に便利な機能であることは間違いありません。しかし、Windowsが自動的に復元ポイントを作成しても、コンピュータを復元できない場合があります。

それを防ぐために、バックアップソフトの利用は良い選択肢となります。バックアップソフトを使えば、システム データ、アプリケーション、ファイルを含むすべてのバックアップ イメージを内部/外部ハード ドライブ、ネットワーク、またはクラウド ストレージに作成できます。さらに、製品の使用中に何か問題が発生した場合、プロなサポート チームに直接アクセスできます。このバックアップおよび回復プログラムを使用すると、いつでもコンピュータをより安全な状態に戻すことができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

データをバックアップする手順:

ステップ1. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つからバックアップする対象を選びます。

バックアップ種類を選ぶ

ステップ2. そしてバックアップの保存先を選びます。

保存先を選ぶ

ステップ3.「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。

バックアップ開始

バックアップを復元する手順:

手順1.EaseUS Todo Backupを起動し、「参照して復元」をクリックします。

バックアップファイルを復元1

手順2.復元したいバックアップファイルを選択します。(EaseUS Todo Backupによって作成されたバックアップファイルはpbdファイルです。)

バックアップファイルを復元2

手順3.復元先を選択します。特定の場所または元の場所にデータを回復できます。

バックアップファイルを復元3

手順4.「実行」をクリックすると、バックアップの復元が開始されます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。