> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS|Windows 10回復ツール for 32ビットと64ビット

EaseUS|Windows 10回復ツール for 32ビットと64ビット

2019年06月24日に更新

筆者:Tioka

バックアップと復元
概要:
パソコンが正常に起動できないトラブル、また、その他の大きなエラーを修復するため、Windows OSを修復する必要があります。ここで、32ビットと64ビットバージョン向けのWindows 10回復ツールを皆さんに紹介します。この記事に従って、回復ドライブを簡単に作成することができます。

一般的には、Windows 10回復ツールは、Windows 10の回復ドライブを作成することができます。パソコンが起動できなくなるなど万が一に備えて、回復ツールを使って、回復ドライブを事前に作成する必要があります。市販のWindows 10回復ツールを試みた後、ここで最も使いやすい2つを皆さんに紹介していきたいと思います。一つはWindows 10の内蔵回復ツール、もう一つはWindowsバックアップソフトEaseUS Todo Backupです。

Windows内蔵回復ツールで回復ツールを作成する方法

ステップ1. USBメモリをパソコンに差し込み、コントロールパネル回復をクリックします。
ステップ2. 新しいウィンドウで「回復ドライブの作成」をクリックします。

回復ドライブの作成

ステップ3.「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックして「次へ」をクリックします。

システムファイルを回復ドライブにバックアップします

ステップ4.バックアップの準備が始まりますので、しばらくお待ちください。
ステップ5.回復ドライブとしたいUSBメモリを選択して、「次へ」をクリックします。
ステップ6.「作成」をクリックします。(この作成操作は、USBメモリに保存しているデータを全部消去しますので、USBメモリを既にバックアップしていることを確認してください。
ステップ7.回復ドライブの作成が完了しましたというメッセージが表示されたら「完了」をクリックします。

回復ドライブでWindows 10を復元する

1. 回復ドライブをパソコンに挿入してPCをオンにします。(事前にbiosでブートデバイスを回復ドライブとして設定してください。)
2. 正常起動後、キーボードレイアウトの選択が表示されますので、「Microsoft IME」を選択します。
3.「オプションの選択」 → 「トラブルシューティング」 → 「ドライブから回復する」 の順にクリックします。

トラブルシューティングで回復ドライブから復元する

ここで、Windows OSが再インストールされます。

EaseUS Todo Backupで回復ドライブを作成する方法

まず、下記のダウンロードボタンをクリックしてEaseUS Todo Backupをインストールします。それから、下記のステップに従って簡単に回復ドライブを作成することができます。

1.Todo Backupを実行して、「ツール」>「ブータブルディスクの作成」を順次にクリックします。

2.「ブータブルディスクの作成」をクリックする

2.ここでWinPEまたはLinuxのブートディスクを選択して、起動ディスクを作成する場所(USBメモリ/DVD-R/CD-R)を指定します。そして「実行」をクリックします。

3.場所を指定する

3.起動ディスクの作成が完了します。

4.ブートディスクの作成が完了

4.ソフトのインタフェースに戻って、自分のニーズによって「ファイルバックアップ」、「システムバックアップ」などから選択します。

5.バックアップのターゲット場所を指定します。ソフトはデフォルトで最適な場所を選択します。

EaseUS Todo Backupでシステムをバックアップするステップ1.

6.[適用]をクリックして、バックアップを実行します。

回復ドライブでWindows 10を復元する

1.回復ドライブのUSBメモリをパソコンに挿入してPCをオンにします。(事前にbiosでブートデバイスを回復ドライブとして設定してください。)
2.正常起動後、EaseUS Todo Backupが自動的に実行されます。
3.バックアップしたシステム項目がインタフェースに表示されますので、その項目の「復元」をクリックします。

バックアップソフトで作成したブータブルディスクからシステム復元