> How to Use > パーティション管理コンテンツハブ >【初心者ガイド】SSDとは何か、SSDの設定と活用方法

【初心者ガイド】SSDとは何か、SSDの設定と活用方法

aoki | カテゴリ: パーティション管理コンテンツハブ | 2022年12月26日に更新

概要:

SSDとは何か、そしてWindowsのインストールやゲームのためにいつ、どのようにSSDを選択するのが効果的か知っていますか?このページでは、SSDを理解するための明確なガイドを提供し、SSDのセットアップ、さらにはSSDのパフォーマンスの最適化、いくつかのSSDディスクエラーのトラブルシューティングを自力で成功させることができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

SSDのイメージ

SSDは、WindowsとMacの両方のコンピュータユーザーに人気のあるディスク記憶装置になっています。しかし、SSDディスクが何であるかを本当に知っていますか?SSDは何に最適なのでしょうか?このガイドに従って、目的別にSSDを選択し、SSDをうまくセットアップする方法を学びましょう。

SSDとは何か、種類、価格

ソリッドステートドライブ(英: solid state drive、SSD)とは、集積回路を用いた補助記憶装置の一種である。シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブなどとも呼ばれる。 主に記憶素子にフラッシュメモリが用いられており、PC上からは通常のディスクドライブとして認識される。
- ウィキペディアによる

ウィキペディアによると、SSDはフラッシュメモリと集積回路アセンブリを使用した記憶装置で、ユーザーがドライブにファイルやデータを永続的に保存できるようにするものです。また、パソコンの二次記憶装置として設計された。今のところ、SSDディスクはHDDよりもさらに人気がある。

Tomshardware.comが作成した調査によると、2022年第1四半期のHDDの出荷台数は6417万台、SSDの出荷台数は9943万8000台とされています。こちらはメーカー別のSSDの出荷台数シェアを説明した画像です。

SSDの市場シェア

(画像出典:Trendfocus/StorageNewsletter)

では、SSDとは何でしょうか?知っていますか?詳しくはこちらをご覧ください。

01

SSDの価格:

  • 128GB - 38ドル以上
  • 250gb: $40 - $70
  • 500gb: $50 - $90
  • 1tb: $90 - $140
  • 2tb: $129 - $200以上
02

SSDインターフェイスの種類:

  • SATAインターフェース
  • PCI-Eインターフェース
  • mSATAインターフェース
  • M.2インターフェース
  • USBインターフェース
 

SSDの歴史:1991年にSanDiskが発表

人気のあるSSDの種類:

  • 1TBまたは2TBのSSD:一般的なユーザーの場合、OSとゲームには1TBで十分です。2TBは大容量のメディアストレージによく使われる
  • 最も広く使われているSSD:SATA SSD
  • 最新のSSD:M.2 NVMe SSD
  • ベストSSDブランド:SAMSUNG
  • ベストポータブルSSD:SAMSUNG、WD My Passport、サンディスクエクストリーム

こちらもどうぞ:

では、HDDとSSDにはどのような違いがあるのでしょうか。SSDとHDDの違いを確認し、パソコンでゲームをする際にどちらが最適なのか理解しましょう。

SSDは何に最適か

SSDをパソコンに搭載するタイミングは?また、どのくらいの容量のストレージを使用すればいいのでしょうか?ここでそのヒントをチェックしてみましょう。

SSDはいつ必要なのか?

  • パソコンの起動から高速化
  • パソコンの読み書きの速度を上げる
  • よりスムーズなゲーム体験のために最適化
  • 巨大なアプリケーションやゲームの実行、動画の切り抜き、動画効果の付加

256GB、500GB、1TB、2TB SSD、どれを選べばいい?

市場で最も人気のあるSSDは、256GB、500GB、1TB、2TBの4つのストレージ容量に分類することができます。

では、いつ、どのようにSSDのストレージ容量を選べばよいのでしょうか。ここで一覧で確認してみましょう:

  • 250GB - SSDのみにOSをインストールまたは移行する場合
  • 500GB - OSのインストールや大きなアプリ/ゲームをSSDに移行する場合
  • 1TB - OSドライブの交換とアプリをSSDに移行する場合
  • 2TB - 大作ゲームやAdobe Premiere、After Effectsなどの超大作アプリケーションをSSDで動作させる場合

関連記事:

ゲームやプログラムを新たなSSDへ転送/移動する方法

 

WindowsでSSDをインストール/初期化/パーティション分割する方法【SSDのセットアップ】

SSD を選択する準備ができたら、お使いのパソコンが SSD をインストールするための互換性のあるインターフェイスを持っていることを確認してくださいことに注意してください。好みのSSDディスクを選択したら、以下のチュートリアルのガイドラインに従ってSSDをインストールし、Windowsのインストールやゲーム用にセットアップすることができます。さあ、始めましょう。

ガイド1. SSDのインストール

パソコンまたはノートパソコンをシャットダウンし、こちらの手順に従って新しいSSDをインストールしてください。

ステップ1.パソコンやノートパソコンの背面ケースを、すべてのネジを外して開きます。

ステップ2. SSDスロットまたはSATA SSD接続ケーブルを探します。

ステップ3. SSDをSSDスロットに挿入するか、接続ケーブルでSSDとパソコンを接続します。

SSDをSSDスロットに挿入します。

SSDをSSDスロットに挿入します。

SSDを接続ケーブルで取り付けます。

SSDを接続ケーブルで取り付ける

ステップ4. パソコンを再起動します。

ガイド2. SSDのセットアップ - SSDの初期化とパーティション分割

パソコンのSSDを特定の用途に活用するためには、こちらの手順でSSDの初期化やパーティション分割などのセットアップを行う必要があります。

SSDを初期化する場合

SSDやHDDのディスクが初期化されていない場合、「ディスクは不明、初期化されていません」SSDがWindows10/11に表示されないエラーに遭遇します。以下はその手順です。

ステップ1. Windowsのアイコンを右クリックし、「ディスクの管理」をクリックします。

ステップ2. ディスクの管理を開かせ、SSDを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。

ステップ3. SSDのディスクの種類を「GPT」または「MBR」に設定します。

SSDの初期化

  • GPT- 新しいWindows OSやゲームのインストール用
  • MBR- SSDをデータディスクとして使用する場合

SSDのパーティション分割の場合

SSDを特定の用途に設定するには、このようにディスクの管理でSSDのパーティションを設定する必要があります。

ディスクの管理を開く > SSDの未割り当て領域を右クリックし、「新しいシンプルボリューム...」を選択する。> ドライブレター、ファイルシステム形式、ボリュームサイズを設定します。そして「完了」をクリックします。

SSDのパーティション

完全ガイド

ディスク管理を使用する以外に、サードパーティのディスクパーティショニングソフトウェアを適用して、助けることができます。ここでは、2つ目のハードドライブをインストールするガイドを紹介します。

SSD VS HDD、何が違うの?

SSDとは異なり、HDDは古いものですが、世界中で広く使われています。では、HDDとSSDの違いは何でしょうか?また、Windows OSにはどちらが適しているのでしょうか?

ここでは、SSDとHDDの情報を一覧化した比較表を掲載し、その内容を見て、SSDとHDDのどちらが自分にとって良いかを考えてみましょう。ここで詳細を確認してみましょう。

比較 SSD HDD
価格
  • 128GB - 38ドル以上
  • 250gb: $40 - $70
  • 500gb: $50 - $90
  • 1tb: $90 - $140
  • 2tb: $129 - $200以上
  • 250GB - 29.99ドル
  • 500GB - 40.99ドル以上
  • 1TB - 49.99ドル
  • 2TB - $69.99
  • 3TB - $83.72
  • 4TB - $99.99
  • 6TB - 240ドル
  • 8TB - $307.34
読み書きのスピード
  • SATA - 200MB/s〜550MB/s
  • M.2 - 500MB/s+(SATA)、3000MB/s+(NVMe)
  • NVMe - 3000MB/s+(PICeG3)、7000MB/s+(PICeG4)
  • 80MB/s〜160MB/s
容量
  • 120GB〜2TB
  • 3TB〜6TB+(共通ではない)
  • 100TB(最大)
  • 32GB〜3TB
  • 4TB - 12TB+ (一般的ではない)
  • 20TB(最大)
インターフェースタイプ
  • SATA
  • PCIe
  • mSATA
  • M.2
  • USB
  • SMD
  • SASI
  • ST
  • SCSI
  • ESDI
  • (P)ATA
  • SATA
  • SAS
長所と短所
  • 長所:高速、静音、安定、そして最新のWindows OSとの互換性
  • 短所:大容量である分、HDDよりコストがかかる
  • 長所:安い
  • 短所:処理が遅い、大きなアプリケーションやゲームにうまく対応できない

この表によると、SSDはデータの読み取りと書き込みでより良いパフォーマンスを発揮することが明らかです。そして、このことからSSDは、SSDに最新のWindowsをインストールしたり、SSDでゲーム体験を最適化したりするのに最適な選択肢であると言えます。

ボーナスのヒント:

SSDとHDDの違いを徹底的に知るには、こちらのリンクを参考にしてください。SSD vs HDD:速度とゲーム用【比較】をご覧ください。そして、SSDは読み書き速度でHDDを上回るだけでなく、Windowsの読み込みやアプリケーションの起動、ゲームなどでも優れた働きをすることが分かります。

チュートリアル:OSをHDDからSSDに移行する方法

パソコンのHDDをSSDに置き換えることを決めた場合、2つのニーズがあると思います。

  1. #1.HDDをSSDにクローンする
  2. #2.OSをSSDに移行する

どうすればいいのでしょうか?プロフェッショナルなパーティションマネージャーソフトウェア- EaseUS Partition Masterは、OSの移行とクローン機能を備えており、ここでこの2つのタスクを支援することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

#1.HDDをSSDにクローンして起動可能にする

OSのHDDを完全に交換し、すべてを新しいSSDに移行するには、EaseUS Partition Masterのクローン機能を使用します。

ステップ1.ソースディスクを選択します。

  • 左のメニューから「クローン」をクリックします。「OSディスクのクローン」または「データディスクのクローン」を選択し、「次へ」をクリックします。
  • ソースディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ2. 目的のディスクを選択します。

  • 目的のHDD/SSDを保存先として選択し、「次へ」をクリックして続行します。
  • 警告メッセージを読み、「はい」ボタンを確認します。

ステップ3. ディスクレイアウトを表示し、目的のディスクパーティションサイズを編集します。

その後、目標のディスクのデータをすべて消去する旨の警告が表示されたら、「続行」をクリックしてください。(目標のディスクに貴重なデータがある場合は、事前にバックアップをとってください)

ディスクレイアウトをカスタマイズするために、「ディスクの自動装着」、「クローンをソースにする」、「ディスクレイアウトを編集する」を選択することができます。(Cドライブのスペースを確保したい場合は、最後のものを選択してください)

ステップ4.「開始」をクリックして、ディスククローニングプロセスを開始します。

#2.OSをSSDに移行する【ビデオガイド】

古いハードディスクにデータを残したまま、Windows OSをSSDに移行するには、EaseUS Partition Masterの「OSの移行」機能を適用することで対応できます。

OSをHDD/SSDに移行する手順:

  • EaseUS Partition Masterを起動し、左メニューから「クローン」を選択します。
  • 「OSを移行する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  • 保存先ディスクとしてSSDまたはHDDを選択し、「次へ」をクリックします。
  • チェック 警告:ターゲットディスクのデータ&パーティション全体が削除されてもよろしいでしょうか。事前に重要なデータをバックアップしているかどうか確認してください。していない場合は、今すぐ行ってください。
  • その後、「はい」をクリックします。
  • 移行先ディスクのレイアウトをプレビューします。その後、「開始」をクリックすると、新しいディスクへのOSの移行が開始されます。

ご注意 :SSDやHDDにOSを移行する操作は、移行先のディスクに十分な未割り当て領域がない場合、既存のパーティションやデータを削除/消去します。重要なデータを保存している場合は、事前に外付けハードディスクにバックアップしてください。

ステップバイステップガイド:

もし、あなたがステップバイステップのガイドを好むなら、この究極のWindowsディスクアップグレードガイド、EaseUS Partition MasterでOSをHDDからSSD/HDDに移行して成功させることができます。

ご注意:OSをSSDに移行した後、またはHDDをSSDにクローンした後、BIOSで新しいSSDを起動ドライブとして設定することは、Windowsが問題なく起動できることを確認するために必須です。

SSDを起動ドライブに設定

ボーナスのヒント:SSDのクリーンアップと最適化

SSD のセットアップ作業と並行して、一部の SSD ユーザーは SSD ディスクのクリーンアップまたは最適化の要求がある場合があります。Windows の上級ユーザーは、Windows File Explorer、ディスクの管理、または CMD コマンドを適用して、SSDフォーマットツールでSSDをフォーマットする、SSD を消去したりすることができます。

#1.SSDのフォーマット

  • 「ディスクの管理」を開き、フォーマットするSSDボリュームを右クリックします。
  • 「フォーマット...」を選択します。
  • ファイルシステムを設定し、「クイックフォーマットを実行する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

ディスクの管理でSSDをフォーマットする

SSDディスク上のすべてのターゲットパーティションのフォーマットが終了するまで、このプロセスを繰り返します。

#2.SSDのクリーンアップと消去

SSDディスクを完全にリセットしたい場合は、Windows DiskPartのclean allコマンドで消去機能を適用することができます。

  • Windowsのアイコンを右クリックし、「検索」を選択します。
  • cmdと入力し、検索一覧から「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • diskpartと 入力し、Enterキーを押します。
  • list diskと入力し、Enterキーを押します。
  • select disk * と入力します。(*はSSDのディスク番号に置き換えてください)
  • clean allと入力し、Enterキーを押します。

diskpart clean allコマンドによるssdのクリーンアップと消去

初心者向けのヒント:

Windows初心者で、Diskpartのコマンドを覚えるのが大変だと思う人は、EaseUS Partition MasterのようなサードパーティのSSD消去ツールに助けを求めてもよいだろう。わずか数クリックでHDDやSSDを安全に消去できるのです。

#3.SSDの最適化

SSDのパフォーマンスを最適化するとなると、信頼できるSSDオプティマイザーソフトウェアの助けなしにはうまくいきません。EaseUS Partition Masterは、すべてのレベルのSSDオーナーに向けたオールインワンのSSDクリーニングツールとSSDオプティマイザーのように機能します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここでは、このSSDオプティマイザーを適用することでできることを説明します。

  • SSDのファイルシステムエラーをチェックし、修正する
  • SSD上のシステムCドライブを拡張し、高速化する
  • SSDの4Kアライメント調整
  • SSのクラスタサイズを変更する

総合的な解決策

SSDを最適化するためのステップバイステップガイドは、このページに従って、Windows 11/10でSSDが書き/読みのスピードアップし、自力でうまく最適化することができます。

SSDのトラブルシューティング:あらゆる種類のSSDの物理的および論理的なエラーを修正

SSDの日常管理はもちろんですが、SSDのディスクに複数の物理エラーや論理エラーが発生したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらの問題の中で、SSDの破損やアクセス不能は、SSDの所有者に発生する可能性がある最も一般的なエラーの1つです。

信頼性の高いパーティションマネージャーソフトウェア - EaseUS Partition Masterは、SSDやHDDのファイルシステム破損エラーのチェックと修復を簡単に支援することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

SSD修理のステップバイステップガイド:

破損したSSDディスクを修復するためのステップバイステップガイドが必要な場合は、このリンクから「ディスクの論理障害を修復する方法」を参照してください。SSDの破損やアクセス不能のエラーは、EaseUS Partition Masterの助けを借りて解消することができます。

また、ここでは、SSDの正常な問題点を集め、その解決策をご紹介しています。

エラー1.SSDが表示されない

症状:SSD が Windows のファイルエクスプローラで表示されない、または BIOS/Disk 管理で検出されない

修正方法: M.2 SSD が検出されない場合の修正方法 (BIOS/ディスク管理)

エラー2.SSDメンテナンス

症状:SSDが潰れる、壊れやすくデータが消える、SSDの寿命が短い

修正: SSDのパフォーマンスを維持し寿命を延ばすためのヒント

エラー3.SSDトリムリカバリ

症状:Trimを有効にするとSSDのデータ復旧ができなくなる

修正: SSDのTRIMの有効化/無効化とSSDトリムリカバリーの実行

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!