EaseUS Partition Masterで起動ディスクを簡単作成

適用OS

Windows 10 /8.1 /8 /7 /Vista /XP
Windows Server 2012/2008/2003/2000(上位版のみ)

適用デバイス

ハードディスク
SDカード
SSD
USBメモリ
RAIDディスク
そのほかのストレージデバイス

パーティション作成の概要

システムクラッシュ、ハードウェアの障害など、パソコンは様々な原因で起動できなくなる可能性があります。このような時に、パソコンを正常に起動するため、起動ディスクが必要です。このページでは、EaseUS Partition Masterというソフトを使って起動ディスクを作成する方法を皆さんに紹介します。起動ディスクを作成した後、そのディスクからパソコンを起動すれば、ディスクを管理することができます。

Partition Masterの起動ディスク作成機能

OSを再インストールする前に、プライマリパーティションのサイズを調整したい、或いはOSのないパソコンでHDD管理を行いたい場合など、「EaseUS Partition Master」の起動ディスクがお役に立ちます。
EaseUS Partition Masterの起動ディスクの作成が速くて簡単です。起動ディスクを作成する前に、500M以上の空き容量のあるUSBメモリまたはDVD-RまたはCD-Rを一つ用意してください。パソコンによってはUSBメモリから起動できない場合もあるので、その場合はDVD-RかCD-Rで起動ディスクを作成して下さい。

ご注意:

1.システムクラッシュ時にWind PEブートディスクを作成する機能は無料版で利用不可能ですが、有料版にアップグレードしてください。
2.パソコンが起動できない場合、システムを復元するために、バックアップソフト-EaseUS Todo Backupの起動ディスクを作成することをお勧めします。

Partition Masterで起動ディスクを作成する手順

  • ステップ1. 「EaseUS Partition Master」を実行します。それから画面上部にある「WinPEクリエーター」をクリックします。

  • ステップ2. USBメモリ、DVD/CD、或いはパソコンでISOファイルを保存する場所を選択して、「実行」をクリックします。

オールインワンのパーティションマネージャ データ損失なしでパーティションをリサイズ、拡張、フォーマット、作成、移動できる