> How to Use > パーティション管理 > Dドライブの容量をCドライブに移動する方法

Dドライブの容量をCドライブに移動する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月16日に更新

概要:

Cドライブの空き容量が足りなくなると、パソコンが正確に動作することができません。だから、Dドライブの容量をCドライブに移動する必要があります。本文では、システムドライブ(Cドライブ)の空き容量が足りなくなる場合、ほかのドライブの容量をCドライブに移動する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

現在、パソコンは我々の生活に不可欠な一部分になりました。日常生活でも、職場でもパソコンを使う必要があります。しかし、パソコンを長く使い続ければ、いつもCドライブ(システムドライブ)の容量がどんどん少なくなり、容量不足問題が起きます。それでは、もしCドライブの容量がなくなったが、Dドライブの容量はまだ余裕がある場合、Dドライブの容量をCドライブに移動することができますか?本文では、とても簡単な方法でDドライブの容量をCドライブに移動して、システムドライブの容量不足問題を解決する方法を皆さんに紹介します。

Cドライブの容量がどんどん少なくなる原因

一般的には、Cドライブはパソコンのシステムドライブとして機能されています。だから、Cドライブにファイルを保存しなくても、新しいプログラムをインストールしなくても、パソコンを利用する限り、いろいろなジャンクファイルが生成されます。Cドライブの容量が少なくなる原因はほかにもありますので、本文ではまとめて紹介していきたいと思います。

  • 1.ゴミ箱のファイルはCドライブの容量を占めます。だから、削除したファイルが多ければ、ゴミ箱が使っているCドライブの容量は多くなります。
  • 2.システム復元/復元ポイント機能がオンにされている場合、パソコン上のデータが自動的にバックアップされるので、必須ではない場合、これらの機能をオフにしたほうがいいです。
  • 3.ページファイルと仮想メモリページファイルがCドライブに保存されている場合、コンピューターの仮想メモリが上限に達する可能性があるため、常にタスクマネージャーを実行して確認する必要があります。コンピュータのメモリを使いきった場合は、ページファイルを別のディスクに転送する必要があります。
  • 4.一時ファイルが多すぎる:Windowsに内蔵されているディスククリーニングプログラムを使用して、一時ファイルを削除することができます。このツールを使って、必要なファイルを誤削除することがありません。
  • 5.ソフトウェアのインストール。新しいソフトをCドライブにインストールすると、Cドライブの容量が少なくなります。また、別のドライブにソフトをインストールしても、ソフトのデータフォルダーがCドライブに作成されることも多いので、Cドライブが知らずに減少する原因ともなります。

上記のいずれかの原因によって、Cドライブの容量が少なくなりますので、もし、Cドライブの容量が足りなくなると、他のドライブ、例えばDドライブの容量をCドライブに移動しましょう。次は、Dドライブの容量をCドライブに移動する簡単な方法を紹介します。まったく経験のないユーザーでもこの方法に従って、Dドライブの容量をCドライブに移動することが可能です。

Windows 10/8/7でDドライブの容量をCドライブに移動する方法

ここでWindows 10/8/7でも利用可能なパーティション管理ソフトーEaseUS Partition Masterを使って、Dドライブの容量をCドライブに移動する方法、または、Windows 10に内蔵されている「ディスクの管理」ツールを使って、Dドライブの容量をCドライブに追加する方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

Windows 10/8/7にも適用なCドライブ拡張方法

EaseUS Partition Master、最も有名なパーティション管理ソフトとして、簡単にほかのドライブの容量をCドライブに移動することが実現されます。このソフトを使って、たったの3ステップだけでCドライブの容量を拡張することができます。それに、パーティションを削除・合併・分割など、様々なパーティション管理の操作が行えます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Dドライブの容量をCドライブに移動する詳細手順

この部分では、EaseUS Partition Masterを使ってDドライブの容量をCドライブに移動する詳細な手順を皆さんに紹介します。

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードし実行します。

EaseUS Partition Master FreeでCドライブの容量を増やすステップ1

2.「パーティションのサイズを調整」を選択し、D:ドライブを縮小し、空き領域を作ります。

EaseUS Partition Master FreeでCドライブの容量を増やすステップ2

3.C:ドライブを「パーティションのサイズを調整」機能で拡張します。

EaseUS Partition Master FreeでCドライブの容量を増やすステップ3

4.「適用」をクリックします。

上記のステップに従って、Dドライブの容量をCドライブに移動することができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Windows 10の「ディスクの管理」でCドライブの容量を拡張する

Windows 10の「ディスクの管理」というツールは、Windows 10が搭載するパソコンで非常に役に立つユーティリティです。このツールを使ったら、ディスクを管理したり、パーティションを分けたりすることができます。winロゴキーとRキーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」で「diskmgmt.msc」を入力して「OK」ボタンをクリックすることで、「ディスクの管理」を開くことができます。

ファイルを指定して実行でディスクの管理を開く

ディスクの管理が開く、下記のような画面が表示表示されます。この画面では、パーティションのタイプ、ファイルシステム、容量、空き容量の割合などの情報が見られます。それでは、ここで「ディスクの管理」を使って、パーティション/ボリュームを拡張する方法を皆さんに紹介します。

1.パーティション/ボリュームを拡張するには、同じディスクに未割り当て容量がなければいけません。もし下記画像のディスク2のように、未割り当てがない場合は、しばらく使わない現存のボリュームを削除してください。ボリュームを削除したら、その容量は未割り当て容量になります。Dドライブの容量をCドライブに移動したい場合は、Ⅾドライブを削除して未割当容量を使ってください。

注:Ⅾドライブを削除した場合、データも一緒になくなりますので、予めⅮドライブに保存している重要なデータをバックアップしてください。

ディスクの管理でパーティションを削除する

2.ディスクに未割り当てがある場合、パーティション/ボリュームを拡張することができるようになります。拡張したいパーティションを右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択します。

ディスクの管理でパーティション/ボリュームを拡張するステップ1

3.「ボリュームの拡張ウィザードの開始」というウィンドウが表示されます。ここで「次へ」を選択します。

ディスクの管理でパーティション/ボリュームを拡張するステップ2

4.「選択されたディスク」は、ディスク上の未割り当て容量が表示されます。「次へ」をクリックして、未割り当て容量をすべてパーティションに追加することができます。また、「ディスク領域を選択」で、追加したい容量を自由に設定することもできます。

ディスクの管理でパーティション/ボリュームを拡張するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!