> How to Use > パーティション管理 > 2022最新:Windows 10 OSをSSDに移行する方法

2022最新:Windows 10 OSをSSDに移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月16日に更新

概要:

一般的に、ディスク換装をするとき、SSDまでOSを移行することは大事です。信頼できるシステム移行ソフト - EaseUS Partition Masterを使うと、システムやアプリケーションを再インストールしないで、Windows 10 OSを簡単にSDDに移行できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 10をSSDに移行するについて

SSDの激安化に伴い、パソコンのデータの処理速度を上げるか、パソコンのパフォーマンスを大幅に伸ばすため、経済的にもWindows 10をSSDに移行するのは、多くのユーザーにとって最適な選択になります。

Windows 10をSSDに移行するメリット

SSDは現在までに使用してきたHDDと比べて性能がずっと高いので、Windows 10をSSDに移行したら、メリットもたくさんあります。

  • 1.パソコン起動スピードが結構速くなります。
  • 2.ディスクの書き読みスピードが速くなるので、パソコンの動作が軽くなります。
  • 3.騒音なし
  • 4.SSDはHDDより省エネルギーなもので、高温になることも少なくなります。

Windows 10をSSDに移行するツール

HDDからSSDに換装する場合、Windows 10を新しいディスクに移行するのは難しいです。以下はWindowsやアプリケーションを再インストールせずに、Windows 10 OSをSSDに移行する方法を紹介します。

1.EaseUS Partition Master

一般的に、ディスク換装をするとき、SSDまでOSを移行することは大切です。信頼できるシステム移行ソフトEaseUS Partition Masterを使うと、システムやアプリケーションを再インストールしないで、Windows 10 OSを簡単にSDDに移行できます。

まずはすべてのデータをバックアップしてから、ドキュメント、動画、音楽などの個人ファイルを削除して、Windows 10 OSをできるだけ小さくさせることです。そして、現在のディスクを新しいSSDにクローンします。こうして、マイドキュメント、マイミュージックなど、すべてのユーザフォルダが目標ディスクに移行されます。最後に、すべての個人ファイルをバックアップイメージから復元させます。この方法により、OSを迅速新しいSSDに移行し、移行したファイルにアクセスできます。

EaseUS Partition MasterはWindows 10 OSを再インストールせずにSSDに移行できます。下記で詳しい手順を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Windows 10 OSをSSDに移行する簡単な手順

1.EaseUS Partition Masterのバージョンを選択して、インストールします。そして、ソフトを実行して、マインメニューでウィザード > OSをSSD/HDDに移行するを選択します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ1.

2.SSDを目標ディスクとして選択し、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ2.

3.目標SSDですべてのパーティションを削除します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ3.

4.目標ディスクでパーティションのサイズを調整して、「次へ」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ4.

5.「完了」をクリックして、OSの移行が完了します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ5.

6.ソフトのメインウィンドウで「保留中の操作」を確認して、操作を適用します。

Windows 10をSSDに移行した後、EaseUS Partition MasterでSSDのパーティションサイズを変更し、パーティションを新規作成することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.EaseUS Todo Backup

OS移行、ハードディスクのクローンといえば、多くのユーザーは、クローン定番ソフトのEaseUS Todo Backupを思い出すのでしょう。確かに、Windows 10 OSを丸ごとSSDに移行することといえば、EaseUS Todo Backupを使って簡単に実現することができます。だから、この部分では、このクローン定番ソフトで簡単にOSをSSDに移行する方法を皆さんに紹介します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

パソコンのシステムディスクをSSDに換装したい場合は、下記の記事を参照することもできます。

関連記事:SSD換装:OSを含むHDDをSSDに完全にクローンする

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

チュートリアル動画をご覧ください:

まとめ

Windows OSをHDDからSSDに移行するのは、パソコンのパフォーマンスを大幅に向上することができます。本文で紹介したツールのいずれかを使っても簡単にWindows 10をSSDに移行することができます。移行後に、SSDのパーティションのサイズを変更したり、SSDを分割して利用したりする必要がある場合、パーティション管理機能付きのEaseUS Partition Masterがおすすめです。ただOS移行のみが必要な場合、もっと名高い定番のクローンソフトのEaseUS Todo Backupを利用しましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!