> How to Use > パーティション管理 > Windows 10でディスクエラーをチェックする方法

Windows 10でディスクエラーをチェックする方法

2016-05-04 Posted by ishi to パーティション管理

概要:
Windows 10でディスクエラーをチェックし、不良なセクタや不適切なシャットダウン操作、マルウェア、クラッシュ、物理的な損害などによって引き起こされるハードディスクのパフォーマンスの問題や外付けHDDの不具合などを解決する方法について紹介します。

概要

Windows 10でディスクエラーをチェックし、不良なセクタや不適切なシャットダウン操作、マルウェア、クラッシュ、物理的な損害などによって引き起こされるハードディスクのパフォーマンスの問題や外付けHDDの不具合などを解決する方法について皆さんに紹介します。

Windows 10のディスクエラーをチェックする理由

時にはお使いのWindows10コンピュータでハードディスクドライブや接続した外付けHDDからエラーを報告することがあります。その場合、ハードディスクやパーティションのエラーをチェックし、修正する必要があります。この記事では、不良なセクタや不適切なシャットダウン操作、マルウェア、クラッシュ、物理的な損害などによって引き起こされるハードディスクのパフォーマンスの問題や外付けHDDの不具合などを解決するいくつかの方法について紹介します。それでは、異なる要望に応じて、5つの有効なディスクエラーのチェック方法を説明します。

Windows 10でドライブ/パーティションのエラーをチェックする5つの方法

まず、管理者としてログインする権限が必要になります。以下のハードドライブのエラーをチェックする方法でスキャン作業を実行するので、ログインしないとできません。

1.セキュリティとメンテナンスで、ドライブのステータスを確認

「コントロールパネル」>「セキュリティとメンテナンス」>「メンテナンス」>「ドライブの状態」をチェックします。以下の画像のように、「すべてのドライブが正しく動作しています」と表示され、問題なさそうです。何か問題が見つかった場合、表示されたものが変わって、ドライブをスキャンするかを請求します。

Windows 10でディスクエラーをチェックする方法1

2.プロパティでドライブツールを使用してエラーをチェック

「エクスプローラー」>「PC」>スキャンしたいHDD/ SSDを右クリック> 「プロパティ」>「ツール」>エラーチェックの「チェック」をクリック>「ドライブのスキャン」でスキャンが完了したら、「詳細の表示」を押すと、chkdskログが表示されます。

Windows 10でディスクエラーをチェックする方法2

プロパティでドライブツールを使用してエラーをチェックするstep1

プロパティでドライブツールを使用してエラーをチェックするstep2

プロパティでドライブツールを使用してエラーをチェックするstep3

3.コマンドプロンプトで「chkdsk」を使用してドライブのエラーをチェック

コマンドプロンプトで、コマンド「chkdsk :」を入力し、Enterキーを押します。スペースキーで各スイッチを仕切ります。


4.PowerShellで「Repair-Volume」を利用

PowerShellを開き、利用できるコマンド「Repair-Volume」のオプションが四つあります。
1)ドライブをスキャン・修復:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter」を入力し、 Enterキーを押します。
2)ドライブでOfflineScanAndFixを実行:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -OfflineScanAndFix」を入力し、 Enterキーを押します。
3)ドライブをクイックスキャン:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -Scan」を入力し、 Enterキーを押します。
4)ドライブでSpotFixを実行:PowerShellで「Repair-Volume -DriveLetter -SpotFix」を入力し、 Enterキーを押します。

5.無料ソフトを使ってドライブのエラーをチェック

EaseUS Partition Master Freeは、Windows10環境でハードディスク/パーティションの不良セクタ、ファイルシステムエラー、および他のディスクエラーを検出し修正できます。
1.ディスク/パーティションを右クリック>「パーティションをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeで5.ドライブのエラーをチェックする方法

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが生成されます。

2.「OK」を押したら、エラーチェックを実行します。

EaseUSが選ばれる理由