> How to Use > パーティション管理 > CHKDSK(ディスクチェック)の完全解説

CHKDSK(ディスクチェック)の完全解説

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年08月31日に更新

概要:

CHKDSKはディスクチェックの略称で、ディスクのエラーをチェックする役割を果たしている。本文では、CHKDSKの仕組みから、いかにどこから起動するのかまでを解説します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

CHKDSK(ディスクチェック)とは

パソコンを使い、エラーが発生したとき、まずチェックするべきポイントの一つはディスクが破損しているかどうかです。パソコンに腕が立つ方があまり多くないと思います。ディスクの状態を確認する、バックアップするには、大量の時間がかかりますので、 chkdsk(ディスクチェック)というWindows本体付きのツールの出番です。

さて、一体CHKDSKは何ができるのか?

CHKDSKは、Windowsが提供するユーティリティツールの一つです。コマンドでCHKDSK入力すると、ストレージディスクに存在しかねないすべてのエラーを修正できますディスクのステータスレポートが表示され、ディスク内の論理エラーが修正されます。 したがって、コマンドでCHKDSKを実行することで、ディスクの破損に取り組み、時間を節約することができます。しかし、ハードディスクが物理的に停止している場合はこの診断ツールや他のツールで検出できません。

次に、特定のパラメーター(後で説明する/ f、/ rなど)を使用すると、様々なエラーが解決できます。

  • ディスク上のファイルシステムを分析し、その整合性をチェックすること(メタデータも含む)。
  • データの破損、タイムスタンプとファイルサイズの不具合などのエラーを修正できる。
  • 書き込みが不十分なデータ(ソフト不良セクタ)および物理ディスクの損傷もスキャンできる。

1と2の場合は完全に復元し、3は可能な情報を回復して、データの損失を最小限に抑えられます。

CHKDSKコマンドを実行する方法

下の三つの方法でchkdskコマンドを開き、コマンドを実行してみましょう。

Windowsコマンドモードでchkdskを実行する

コマンドでchkdskを実行する方法は次のとおりです

1.Windowの「スタート」を右クリックし、「検索」をクリックします。

コマンドで実行するー1

2.開いたウインドから、「cmd」と入力します。

3.「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

コマンドで実行するー2

4.しばらくお待ちになって以下の画面が出てきます。

コマンドで実行するー3

Windows Powershellからchkdskを実行する

1.「Windows PowerShell」というツールでもchkdskを実行できます。下のガイドに従って開きましょう。

2.Windowの「スタート」を右クリックし、「検索」をクリックします。

3.「Powershell」を入力します。

4.「コマンドプロンプト」右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

windows powershellで実行する-1

5.しばらくお待ちになって以下の画面が出てきます。

windows powershellで実行する-2

プロパティからCHKDSKを実行する

初心者はWindowsコマンドとPowershellを使いには、少し厳しいと思います。ここで一つ簡単にCHKDSKを実行する方法を紹介します。

1.「PC」をクリックします。

2.チェックする必要のあるドライブを右クリックします。

3.「プロパティ」をクリックします。

ポロパティで実行するー1

4.ポップアップウィンドウが表示されます。 上部にあるこのウィンドウの「ツール」タブをクリックします。

ポロパティで実行するー2

5.「エラーチェック」セクションで、「チェック」をクリックします。

6.すべてがチェックされている場合は、すべてが正常であり、スキャンを実行する必要がないことを示すポップアップウィンドウが表示されます。 ただし、必要に応じて、ポップアップウィンドウの「ドライブのスキャン」オプションをクリックして、chkdskを実行することもできます。

ポロパティで実行するー3

ディスクにエラーが見つかった場合は、ドライブの修復オプションを含むポップウィンドウが表示されます。 オプションをクリックすると、chkdskコマンドが実行され、ディスクに存在するエラーを修正します。

特定のCHKDSKコマンド

chkdskを使用して複数のコマンドを実行できます。それぞれのコマンドを認識し、ニーズに合わせて採用します。 たとえば、一部のコントロールでは、エラーを検出できます。 一方、他のコントロールは修正や破損したデータなどの回復の役割を果たしている。 それでは、すべてのchkdskコマンドとその説明の詳細なリストで示します。

              CHKDSKコマンドリスト

< volume >     ボリュームまたはドライブの名前を指定します。
[[< path >]< filename >  (FAT)およびFAT32ファイルアロケーションテーブルでのみ使用できます。チェックする必要のあるファイルの場所と名前を指定します。
/f     このディスクのエラーを修復します。 chkdskがディスクを修正できるようにするには、ディスクをロックする必要があります。
/r ディスク上の不良セクタを特定し、可能な限り情報を回復します。
/x まず、ドライブが取り外されます。 さらに、このコマンドには、/fコマンドの機能も含まれています。
/v chkdskは、ディスクをチェックしながら、すべてのディレクトリに存在するファイルの名前を表示します。
/i NTFSでのみ使用できます。 インデックスエントリのチェックをあまり活発に行わないため、chkdskの実行時間が短いです。
/c NTFSでのみ使用できます。 フォルダ構造内のチェックサイクルをスキップすることにより、chkdskの実行時間を短縮します。
/L: size ログファイルのサイズを目的のサイズに変更できます。 同じにNTFSでのみ使用できます。
/b NTFSでのみ使用できます。ハードドライブに存在する不良クラスターを削除し、全部のクラスターのエラーを再スキャンします。
/? コマンドプロンプトでヘルプが必要な場合は、このコマンドを使用してください。

chkdsk [< volume >[[< path >]< filename >]] [/f] [/v] [/r] [/x] [/i] [/c] [/l[:< size >]] [/b]chkdskのすべてのコマンドお分かりになったので、これから少し試してみましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

終わりに

コンピュータを安全に保つためには、ディスクドライブを使用するたびに、chkdskを実行して、ディスクにエラーがないことを確認することをお勧めします。
ただし、データとドライブの規模によってはかなり時間がかかるため、PCを使用する必要がない時間帯にチェックしましょう。チェックの作業を無理やりに中断すれば、ディスクにさらに損傷を与える可能性があるため、これだけはお避けください。

Chkdskに関するよくある質問

Chkdskとは?

chkdskの正式名称はcheckdiskで、ディスクチェックの略です。 システムがクラッシュしたり、不正にシャットダウンされたときに、システムがディスクをチェックするために呼び出されます。また、特定のディスクパーティションをチェックするために、コマンドラインから手動で呼び出すことも可能です。 このツールは、チェック対象のパーティションが使用しているファイルシステムに基づいて、ディスクのステータスレポートを作成して表示します。chkdskはまた、ディスク上のエラーをリストアップして修正します。 パラメータを指定しない場合、chkdskは現在のドライブにあるディスクの状態を表示します。

Chkdskの使い方?

win+Rで「ファイル名を指定して実行」を開き、cmdと入力し、表示された画面で「chkdsk /?」と入力してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!