> How to Use > パーティション管理 > Windows Server 2003/2008/2012のパーティションサイズ調整

Windows Server 2003/2008/2012のパーティションサイズ調整

2015-03-12 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
数多くのWindows Serverユーザ及び技術者がシステムパーティション不足の問題や、システムドライブの空き領域不足のため、システムの動作が遅くなるなどの問題にあったことがあります。本記事では、こういう問題にあったサーバユーザに、効率的で簡単な解決法を紹介します。

数多くのWindows Serverユーザ及び技術者がシステムパーティション不足の問題や、システムドライブの空き領域不足のため、システムの動作が遅くなるなどの問題にあったことがあります。本記事では、こういう問題にあったサーバユーザに、効率的で簡単な解決法を紹介します。

上記の問題を改善する方法

Windows Serverのパーティションサイズの調整に通じて、そのシステムのパフォーマンスを向上させることができます。つまり、ディスク上の未割り当ての領域や、ほかのパーティション上の空き領域をシステムパーティションに分割することによって、上記の問題を改善することができます。しかし、Server上に大切なデータを守るために、安全かつ信頼できるソフトを使わなければなりません。

安全なWindows Serverのパーティションサイズを調整

EaseUS Partition Master Serverは信頼性の高いサーバパーティション管理ソフトで、簡単にServer Partitionサイズの調整を完成できます。そのほか、パーティションの移動、結合、削除、フォーマット、コピーなど、たくさんの機能を備えています。

次はWindows Server 2003/2008/2012でパーティションサイズを調整する詳しい手順を紹介します。

1.EaseUS Partition Master Serverを実行します。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server のパーティションサイズを調整するステップ1.

2.D:ドライブををクリックし、[パーティションのサイズを調整或はパーティションを移動する]を選択します。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server のパーティションサイズを調整するステップ2.

3.D:ドライブのハンドルをドラッグし、ドライブのサイズを縮小して、未割り当ての領域を作ります。そして、[OK]をクリックします。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server のパーティションサイズを調整するステップ3.

4.未割り当ての領域が作り出しました。同じ方法でC:ドライブの拡張ができます。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server のパーティションサイズを調整するステップ4.

5.最後に、[保留中の操作]を確認して、変更を適用します。

EaseUSが選ばれる理由