> How to Use > パーティション管理 > Windows 10/8/7でCドライブの容量不足問題を解決する

Windows 10/8/7でCドライブの容量不足問題を解決する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2021年03月29日に更新

概要:

Windows 10/8/7のパソコンでシステムドライブであるCドライブの容量がギリギリになったら、どうやって解決すればいいですか?本文では、Windows搭載のパソコンでCドライブの容量が不足になった問題を解決する方法を皆さんに紹介します。同じような問題に遭っているユーザーは、本文を参照してください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Cドライブの容量不足問題について

一般的には、Windows 10/8/7搭載のパソコンでは、Cドライブはシステムドライブになります。だから、もしCドライブの容量が足りなくなった場合、いろんな問題が起こります。

windowsでCドライブの容量不足問題

システムドライブの容量不足問題に関連するエラー

システムドライブは、Windowsオペレーティングシステムを保存するドライブです。だから、パソコンが正確に動作する条件としては、システムドライブの正常状態で保つ必要があります。それでは、もしCドライブ、いわゆるシステムドライブの容量が足りなくなったら、様々なエラーが起こります。

  • Windowsの動作に要する容量がなくなって、クラッシュ問題が発生
  • システムドライブの容量がゼロになったら、パソコンが起動できない問題が発生
  • システムドライブの容量が少なくなったら、パソコンの動作が遅くなる問題も発生
  • システムドライブの容量が不足になって、新しいデータを書き込むと、既存データが上書きされ、紛失される問題も発生
  • ......

上記のように、システムドライブの容量がなくなった場合、様々な問題が起こる可能性があります。しかも、いずれの問題でも非常に深刻な問題です。だから、もしシステムドライブの容量が足りなくなると、早めにこの問題を解決する必要があると思います。

次は、Windows 10/8/7搭載のパソコンでシステムドライブの容量不足問題を解決する方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

対策1.システムドライブにある不要ファイルを削除する

システムドライブには、ダウンロードファイルなどの不要ファイルがある場合、それらのファイルを見つけて削除すれば、システムドライブの空き容量を解放することができます。削除したファイルの量が多い場合、システムドライブの容量不足問題を解消することもできます。

対策2.ワンクリックでドライブの容量を調整してCドライブの容量不足問題を解消する

対策1のように、不要ファイルを1個1個見つけるのは面倒だと思う場合は、1クリックでドライブの容量を拡張して、システムドライブの容量不足問題を解消するという選択肢もあります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここで専門的なパーティション管理ソフトを使って、ディスク容量不足問題を解消する方法を皆さんに紹介します。このソフトを使ったら、ドライブの状態を自動的に判断し、容量不足と判断する場合は、1クリックで自動的にシステムドライブの容量を調整することができます。全く専門知識を学ぶ必要がなく、だれでもこの問題をカンタンに解決できると思います。

ステップ1.パーティション管理ソフトのEaseUS Partition Masterを開き、もしシステムドライブの容量が足りない場合は、「パーティション(C:)の空き領域が僅かです。」というアラートが出ています。そこで「ワンクリック調整」をクリックします。

容量のスマート調整ステップ1

ステップ2.このソフトは、自動的にシステムドライブの容量を最適化するので、「実行」ボタンをクリックします。

容量のスマート調整ステップ2

ステップ3.ソフトの画面の上部にある保留中の操作をクリックして、システムドライブの容量調整の操作を確認して、「適用」をクリックして、Cドライブの容量不足問題が解消されることができます。

容量のスマート調整ステップ3

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

対策3.大容量のソフトやゲームを他のドライブに移行

一部のソフトやゲームは、容量が大きくて、Cドライブの容量を非常に迫っています。だから、Cドライブの容量不足問題を解決するために、これらのソフトをアンインストールするか、他のドライブに移行するのは、非常に役に立ちます。

この部分では、2つの方法で大容量ソフトを他のドライブに移行する方法を皆さんに紹介します。

方法1.設定で「アプリと機能」を利用する

Windows 10の設定では、「アプリと機能」というユーティリティを使うことで、インストールしているソフトを他のドライブに移行することができます。

1.「スタートボタン」をクリックして、「設定」→「アプリ(システム)」→「アプリと機能」の順にクリックして、パソコンで全てのソフトが表示されます。

Windowsの設定でアプリをクリック

2.システムドライブにインストールされているソフトをクリックして、「移動」ボタンをクリックします。

「アプリと機能」でシステムドライブ以外に移動したいアプリをクリック

3.ソフトの移行先を選択して、「移動」をクリックします。

移動先の場所を選択して移動

ご注意:プリインストールアプリ、システム関連アプリなど、設定で移動することができません。これらのソフトを移動するには、方法2を参照してください。

方法2.データ移行専門ソフトでアプリをCドライブから他のドライブに移行する

上記の「アプリと機能」というユーティリティでアプリを移動する場合、かなり制限があります。だから、もし移動できない場合は、本部分で紹介するデータ移行専門ソフトのEaseUS Todo PCTransを使ってソフトを移動しましょう。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して「アプリの移行」を選択して「スタート」をクリックします

アプリの移行するステップ1

ステップ2.移行したい/インストール場所を変更したいアプリをチェックします。

アプリを移行するステップ2

ステップ3.ステップ2と同じ画面で移行先を設定してから、「転送」をクリックします。

アプリを移行するステップ3

ここで大容量ソフトを他のドライブに移動したら、システムドライブ(Cドライブ)の空き容量がかなり解放されます。

まとめ

システムドライブの容量が迫られている場合、システムドライブの容量を拡張するのは、一番おススメの対処法だと思われています。Cドライブの容量を拡張すると、Cドライブにあるデータを移動する必要がなく、完璧にこの「Cドライブ容量不足」問題を解消することができます。EaseUS Partition Masterというパーティションソフトは自動的にシステムドライブの容量状態を判断し、調整できるので、全く専門知識がないユーザーでも行えます。また、Cドライブに保存しているデータを削除したり、ソフトを他のドライブに移動したりすることも、Cドライブの容量不足問題を解決する役立つ方法ですが、必要な方は本文を参照して作業を進みましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!