> How to Use > パーティション管理 > USBメモリでWindows11をインストルする方法

USBメモリでWindows11をインストルする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年04月21日に更新

概要:

一般的に、パソコンをWindows11にアップグレードする方法は二つあります。本文では、USBメモリを使ってWindows11をインストルする方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 11は、世界中に好評を受けています。魅力的なインターフェイスとユーザーフレンドリーな機能の数々を備えているのです。Windows 11に乗り換えてダウンロードしたい場合、いくつの方法があります。一つはWindows Insider Preview Buildに参加することで、もう一つは起動可能なUSBからWindows 11をインストールすることだ。

本文では、2つの方法でUSBからWindows 11をインストールする方法について完全なガイドを提供します。また、簡単なクリックでOSをHDDやSSDに移行してWindows 11をインストールする方法もご紹介していきたいと思います。

Windowsメディア作成ツールでUSBからWindows 11をインストールする方法

Windows 11 メディア作成ツールは、現在の Windows のバージョンを Windows 11 にアップグレードする最も簡単な方法を提供します。また、Windows 11 のブート可能な ISO ドライブを作成し、USB から他のデバイスに Windows 11 をインストールすることができます。

必要なもの

  • 新しいWindowsシステムをインストールするための十分なスペースがあるコンピュータ
  • 8GB以上の空き容量のある空のUSBフラッシュドライブ、またはメディア作成用の空のDVD(およびDVDバーナー)

Windows 11のインストール用ブータブルUSBを作成する

ステップ1.Windows 11 Media Creation Toolをダウンロードします。

ダウンロードする

ステップ2.少しお待ちください。

Windowsメディアクリエイター1

ステップ2.日本語とWindows11を選択して「次へ」をクリックします。

Windowsメディアクリエイター2

ステップ3.USBフラッシュドライブを選択して「次へ」をクリックします。

Windowsメディアクリエイター3

ステップ4.プロセスが自動的に行いますから完了するまでお待ちください。

Windowsメディアクリエイター1

作成したUSBドライブからWindows11をインストールする

Windows 11 の起動用 USB ドライブを作成したら、Windows 11 にアップグレードするコンピュー タに USB ドライブを接続します。 Windows 11をインストールする前に BIOS設定からセキュアブートとTPM2.0を有効にする必要があります。

ステップ1.コンピュータを再起動し、USBから起動します。パソコンの電源を入れた直後にキー(F2、F12、Delete、Escなど)を押して、ブートメニューを開き、起動順序を変更する必要があります。

起動順位変更-1

ステップ2.画面に表示されるウィザードに従って、Windows 11のインストールを完了します。インストール中にプロダクトキーのポップアップが表示されたら、Windows 11のライセンスキーを入力します。

EaseUS OS2GOを使って容易くUSB起動ドライブを作ろう!

Microsoftの公式サイトからWindows 11をインストールする以外に、EaseUS OS2GOを使ってWindows 11のISOファイルをダウンロードし、ブータブルUSBドライブを作成することでもWindows 11をインストールすることができます。無料でダウンロードしてお試しください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.USBメモリ、または外付けHDDをパソコンに挿入して、EaseUS OS2GOを立ち上げます。ここで使用中のOSとUSBメモリが自動的に認識されるので、「次へ」ボタンをクリックして続けます。

ポータブルのOSを作成するステップ1

ステップ2.「このプログラムは、選択したディスク上のすべてのデータを完全に削除します。」という提示メッセージが表示されるので、「続ける」をクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ2

ステップ3.ここでOSのサイズ情報を確認することができます。もし作成したいポータブルWindowsのデバイスはSSDな場合は、「ターゲットディスクがSSDな場合、オプションをチェックします」をチェックして、「実行」ボタンをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ3

ステップ4.ここでUSBメモリから起動可能なWindowsを作成するプロセスが開始されます。少し時間がかかるので、しばらく待ってください。

ポータブルのOSを作成するステップ4

ステップ5.ポータブルOSの作成プロセスが完了したら、右下で「完了」ボタンが表れますので、そこをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ5

EaseUS Partition MasterでインストルされたWindows11システムをSSDに移行する

HDDにWindows 11をインストールしているが、パソコンの高速化のためにシステムディスクをSSDにアップグレードしたり、より大容量のHDDにアップグレードしたい場合、新しいディスクにWindows 11をインストールするにはどうすればよいでしょうか?この場合、USBから再度Windows 11をインストールする必要はありません。Windows専用のディスク管理ソフトを使って、再インストールせずに新しいディスクにWin11を移行すればいいのです。 

Windowsのディスク管理ツールとして有名なEaseUS Partition Masterを使えば、数クリックでOSをSSDやHDDに移行することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードして、PCにインストールします。そして、ソフトを実行して、上部メニューでOSを移行を選択します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ1.

2.SSDを目標ディスクとして選択し、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ2.

3.目標SSDで何かデータが保存されている場合は、それらデータがすべて上書きされてしまうので、注意を払ってください。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ3.

4.転送元のディスクと転送先のディスクのレイアウトが違って、いったん移行プロセスを実行すれば、全部一緒になるので、ここで事前に目標パーティションのサイズを調整して、「次へ」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ4.

5.ソフトのメインウィンドウで「保留中の操作」をクリックして、OS移行プロセスの詳細を確認して、操作を適用します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ5.

結論

WindowsのインストールメディアやWindows 11専用の起動可能ドライブメーカーを利用すれば、USBからWindows 11をインストールすることができます。

SSDやHDDにWindows 11を移行するには、EaseUS Partition Masterを利用します。ダウンロードせずにWindows 11をインストールすることができます。このパーティションツールを使って、ディスクを管理し、フルに活用しましょう。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!