> How to Use > パーティション管理 > システム予約済みパーティションとは?それを削除する方法は?

システム予約済みパーティションとは?それを削除する方法は?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Pちゃん | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年01月15日に更新

概要:

Windowsをインストールすると、ハードディスク上に(500MB以上の)システム予約パーティションが生成されます。システム予約パーティションとは何ですか?システム予約パーティションを削除しても大丈夫なのでしょうか?この記事では、システム予約パーティションの削除方法を含め、システム予約パーティションに関するすべての情報を提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

この記事では、システム予約済みパーティションについてすべての情報が含まれています。この記事で学べること:

1.システム予約済みパーティションとは何ですか?

2.システム予約済みパーティションは何に使うのですか?

3.システム予約済みパーティションを確認するにはどうすればよいですか?

4.システム予約済みパーティションを削除するとどうなりますか?

5.システム予約済みパーティションを削除する方法は?

ご注意:パーティションに関する操作を行う時、万が一間違えると、PCが起動しなくなる可能性があります。パーティションの設定などを変更する前にシステムのバックアップを作成してください。

システム予約済みパーティションの概要

このパートでは、システム予約済みパーティションについて、ここですべてを説明します。

1.システム予約済みパーティションとは何ですか?

システム予約済みパーティションは 、システムC:ドライブの前に位置するデータストレージ用のパーティションです。Windows オペレーティングシステムのクリーンインストール時に生成され、その後の使用のためにディスクスペースの一部を確保します。通常、Windowsではシステム予約済みパーティションにドライブレターを割り当てません。

Windows 7から始まり、100MBの容量を消費し、Windows 8、Windows 10でも使用し続けますが、より多くの容量(350MB)を消費します。Windows OSは、PCを起動するために、システム予約済みパーティションにいくつかのシステムコンポーネントを保存することがあります。

2.システム予約済みパーティションは何に使うのですか?

通常のデータ保存用パーティションとして使用することができます。また、Windowsでは、コンピュータの起動に必要な情報を読み込むためのブートパーティションとして使用することもあります。

3.システム予約済みパーティションを削除するとどうなりますか?

基本的に、システム予約済みパーティションにOSの情報やブートファイルが入っていて、それを直接削除すると、OSが起動しなくなる恐れがあります。つまり、システム予約済みパーティションが削除可能かどうかを確認せずに直接削除すると、パソコンが起動できなくなるかもしれません。

次は、システム予約済みパーティションの扱いについて紹介します。

システム予約済みパーティションの対処法 - 削除可能かどうかを確認する

Windows 7、8、10、11でディスクの管理を開くと、「システムパーティション」というドライブがあることに気づきましたか?それはシステム予約済みパーティションです。システム予約済みパーティションを削除する前に、まずそのパーティションが削除可能かどうかを確認します。

ステップ1. Windowsキー と Xキー を同時に押して、「ディスクの管理」をクリックします。

ステップ2. システム予約済みパーティションを確認します。

システム予約パーティションの確認

ステップ3. このパーティションをどうするか決めます。

  • システム予約済みパーティションにシステムに関する情報が含まれている場合、このパーティションからコンピュータを読み込む必要があるため、削除しないことをお勧めします。
  • システム予約済みパーティションに「システム」の情報が入っていないなら、削除することができます。

では、どのようにシステム予約済みパーティションをパソコンから削除しますか?次の部分では、Windows 11/10/8/7でシステム予約済みパーティションを削除する方法を紹介します。

関連記事

ゴミ箱で削除したファイルを復元方法

空にしたゴミ箱のファイルを復元したいのですか?この記事では、ゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法を紹介します。

ごみ箱のイメージ

システム予約済みパーティションを削除する方法

とはいえ、システム予約 パーティションで Windows を起動する上で非常に重要です。しかし、システム予約済みパーティションにシステム起動コンポーネントや情報がなく、ドライブにこのパーティションが必要ない場合は、削除することができます。

しかし、Windowsの保護機能により、このパーティションを削除しないように指令されているため、Windowsのディスク管理機能を使用してこのパーティションを削除することはできません。

そのような場合、Windowsのディスク管理に代わる最高のソフト、EaseUS Partition Master Free がお勧めです。この信頼性の高い無料ソフトは、システム予約済みパーティションを簡単に削除することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Master を起動し、削除したいパーティションを右クリックします。

パーティションを削除するステップ1

削除の誤操作を防ぐため、「本当に選択したボリュームを削除しますか」という提示メッセージが表示されます。削除を続けるには、「はい」ボタンを押します。

パーティションを削除するステップ2

画面の右下にある「タスクキュー」をクリックして、「適用」をクリックすることでパーティションの削除プロセスが開始されます。

パーティションを削除するステップ3

注意:OSドライブをデータディスクとして使用する傾向があり、システム予約済みパーティションや他の既存ドライブを削除する傾向がある場合は、新しいHDD/SSDにOSをインストールまたは移行していることを確認してください。また、このパーティションに重要なデータが保存されている場合は、先に他のドライブまたは場所にバックアップしてください。

このほか、EaseUS Partition Master Freeは、次のようなこともできます。

結論

この記事では、システム予約済みパーティションとは何か、そしてその主な用途を説明しました。もし、システム予約済みパーティションを削除する場合、まずこのパーティションが削除可能かどうかを確認することをお勧めします。

システムデータが含まれている場合は、削除しないでください。削除したら、WindowsやPCが起動しなくなる問題が発生するかもしれません。システムデータが含まれていない場合は、削除しても大丈夫です。

パーティション削除ツールとしては、強力なパーティションマネージャーソフトウェアである EaseUS Partition Master がおすすめです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!