> How to Use > パーティション管理 > Windows 10で起動時のCHKDSKを停止する方法

Windows 10で起動時のCHKDSKを停止する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月22日に更新

概要:

チェックディスクというユーティリティは、ハードドライブの問題をスキャンして修復するのに役立つものです。だが、Windowsを起動するたびにチェックディスクが実行されるのも望ましくないのでしょう。この記事では、 Windows 10でチェックディスクが起動時に実行されるのを停止して、スキップする方法を説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

問い:コンピュータを起動するたびにチェックディスクが実行されるのはなぜですか?

「ラップトップの電源を入れるたびにチェックディスクが実行されます。Windowsの起動に時間がかなりかかりますから、Windows 10で起動時のチェックディスクの実行を無効にしようとします。どうすればいいのでしょうか?」

チェックディスク(CHKDSKまたはchkdsk.exe)は、ハードドライブの問題をスキャンして修復するために開発されたものですが、起動のたびにチェックディスクが実行されるのもややこしくなるのではないでしょうか?では、この記事に従って、Windows 10で起動時のチェックディスクを停止・スキップする方法を確認しましょう。

関連記事:CHKDSKが10%/11%で停止する問題の対策  CHKDSKコマンドを実行できない?

Windows起動中のチェックディスクを停止する必要があるのか?

コンピュータの電源を入れる時、「ドライブのスキャンおよび修復中(C:) xx%完了しました」という画面が表示されたら、ブートドライブに問題が発生したかもしれません。また、D:、E:などのドライブをチェックしている場合、問題はデータドライブにある可能性があります。最近コンピューターのパフォーマンスが低下している場合は、そのチェックディスクが完了するのを待ってください。 

「ディスクチェックをスキップするには、xx秒以内に何かキーを押してください」というメッセージに従うことで、チェックディスクをスキップすることもできます。ただし、問題のあるドライブが修復されていないため、次回コンピュータを再起動する時にチェックディスクは再度実行されます。

ディスクチェックをスキップする

実に言えば、チェックディスクがトリガーされる原因はたくさんあります。例えば:

  • 不適切なシャットダウン
  • マルウェアまたはウイルス感染
  • 外部デバイスの不安全な取り外し

これで、チェックディスクが頻繁に発生することになってしまうかもしれません。そういう場合、スケジュールされたチェックディスクをキャンセルする必要があります。

Windows 10でチェックディスクをキャンセルする2つの方法

問題が検出されたため、チェックディスクが強制的に実行される場合を除いて、Windows 10/8/7で起動時の作業は停止できます。一般的な方法が2つあります。

#1.Windows 10コマンドプロンプトを使用

  • スタートボタンを右クリックして、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

コマンドプロンプト(管理者)

  • Cドライブのチェックディスクを無効にするのなら、コマンド「chkntfs /x C:」を入力します。

コマンド「chkntfs /x C:」

#2.Windows 10レジストリエディターを使用

  • [Windows]と[R]キーを同時に押して[ファイル名を指定して実行]ボックスを開きます。「regedit」と入力して、[OK]をクリックします。これで、Windowsレジストリエディターが立ち上がります。

Windowsレジストリエディター

  • 下記のパスに従い、移動します。右側のペインから[Boot Execute]をダブルクリックします。[複数行文字列の編集]ウィンドウで、[値のデータ]というタブから「autocheck autochk *」以外のすべての内容を削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager

「autocheck autochk *」以外のすべての内容を削除

シンプルで無料のCHKDSKの代替ソフト

Windowsコマンドプロンプトでチェックディスクを実行するには、さまざまなCHKDSKパラメータに精通している必要がありますから、初心者には不親切です。 

EaseUS Partition Masterは、Windows向けのディスクおよびパーティションマネージャープログラムです。パーティションサイズ調整、ファイルシステム変換、ディスククローン作成、OS移行などを行うことで、パソコンのハードディスクと外部ディスクを完全に管理できます。また、CHKDSKユーティリティと同じで、ディスクエラーと不良セクタを検出および修復するのに役立つパーティションチェック機能が付いています。しかも、この機能は無料バージョンで利用できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

総じていえば、ハードディスクの障害またはファイルシステムの破損により、Windows起動時にチェックディスクは実行されます。初めての場合、チェックディスクを少なくとも1回実行する必要があります。その後、何の問題も検出できないチェックディスクをキャンセルすればいいのです。そうするには、2つのメソッドがあります。「chkntfs /x C:」コマンドを適用するか、Windowsレジストリエディターで「autocheck autochk *」以外の内容を削除します。

CHKDSKコマンドが難しいと思うユーザーの場合、Windows 10/8/7でディスクとパーティションをより適切に管理するための、EaseUS Partition Masterなどの無料でユーザーフレンドリーなCHKDSK代替ソフトウェアが推奨されます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!