> How to Use > パーティション管理 > CHKDSKが10%/11%で停止する問題の対策

CHKDSKが10%/11%で停止する問題の対策

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月16日に更新

概要:

どうすれば、CHKDSKが10%/11%で停止するエラーを修復できるでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

CHKDSKがフリーズ/終わらない|普段どれくらいの時間で完了?

「CHKDSK指令を実行して、ディスクチェックを行おうとしましたが、進捗が10%で止まって進めず、プロセスが完成できませんでした。それは何故でしょうか?何か解決する方法はあるでしょうか?」

CHKDSK終わらない問題の概要について

CHKDSKは、Windowsに内蔵されているシステムツールであり、ファイルシステムエラー及びハードドライブエラーを検出&修復ツールです。もしPCの動作が急に重くなったりする場合は、ユーザーはよくのCHKDSKを使って、エラーを検査しています。

しかしながら、ユーザーのコメントによりますと、CHKDSKでディスクエラー検出を行う時、進捗が10%或いは11%で停止してしまい、プロセスが正常に終了しない問題がよく発生します。このような場合はどうしたらいいですか?

CHKDSKプロセスが途中にフリーズされ、どうしても終わらない原因は主に下記のようになります。

  • 1.ハードディスクのファイルシステムが破損
  • 2.ディスクの断片化ファイルが多すぎる
  • 3.ディスクに不要セクターがあるため、CHKDSKが先に進めない

それでは、上記の発生原因に従って、複数の対策を皆さんに紹介します。同じような問題に遭っているなら、各の役立つ対策を参照してみましょう。

1.ハードドライブのデフラグを行う

ハードドライブのデフラグは断片化ファイルを収集して、ハードドライブの状態を最適化することができます。断片化ファイルが多すぎて、chkdskプロセスの進捗問題が発生する場合は、この宅策が役に立ちます。

デフラグを行う方法

  • 1.「スタート」をクリック>「Windowsシステムツール」>「コントロールパネル
  • 2.コントロールパネルで表示方法が「カテゴリ」にする
  • 3.「システムとセキュリティ」>「管理ツール」欄>「ドライブのデフラグと最適化
  • 4.「状態」欄からデフラグを実行したいドライブ名を選択>「最適化
  • 5.選択したドライブの「最後の実行」欄に「実行中」と表示されてデフラグの開始
  • 6.「最後の実行」欄に実行した日時、「現在の状態」欄に「OK」と表示されたらデフラグ完了
  • 7.「閉じる」

デフラグを行う

2.SFC及びDISM Scanでファイルシステムを修復

ステップ1.電源ボタンを押して、パソコンを再起動します。

ステップ2.再起動できたら、escキーまたは他の適切なキーを押して、chkdskを停止します。

ステップ3.ディスククリーンアップユーティリティでジャンクファイルを掃除します。

ステップ4.管理者としてコマンドプロンプトを実行し、sfc / scannowを入力し、Enterキーを押してシステムファイルチェッカーを実行します。スキャンが完了したら、コンピューターを再起動します。

ステップ5.次に、CMDを管理者として再度開き、「Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth」と入力し、Enterキーを押してWindowsイメージを修復します。

ステップ6. chkdskを再度実行し、スキャンを完了できるかどうかを確認します。

3.chkdskの代替ツールを利用する

もし、chkdskを使用中にエラーが発生し、正常にchkdskを利用することができない場合は、一番効率的な方法は、代替ツールを利用することです。

ステップ1. CHKDSKコマンドを終了させる

  • Ctrl + Alt + Delを同時に押して、「タスク管理」をクリックします。
  • 「プロセス」で停止したCHKDSKコマンドを見つけて選定し、「タスクを終了」を選択します。

ステップ2. 代替のディスク修復ツールを使う

ここで、無料のディスク修復ツールEaseUS Partition Masterを皆さんにおすすめします。CHKDSKが使用不能の場合、そのツールを利用してディスクをチェックしてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.ディスク/パーティションを右クリック→「ファイルシステムを確認する」を選択します。

ディスクでのエラーを検出し修復

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:ソフトが自動的にChkdskを実行させて、修復作業を開始させます。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが作成されます。

2.「OK」をクリックして、エラーチェック&修正を実行します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!