> How to Use > パーティション管理 > 2022解決済み:PCを回復できません。システムドライブが小さすぎる

2022解決済み:PCを回復できません。システムドライブが小さすぎる

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月23日に更新

概要:

この記事では、「PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます」というエラーメッセージが表示された場合の対処法を4つ説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

「先日、PCを起動したところ、\WINDOWS\system32\config\systemファイルが見つからないと表示されたので、回復ドライブを使用してPCの修復を実行してみました。だが、「PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます。」というエラーが発生しました。失敗したようです。どうしたらいいのでしょうか?」

システムが突然クラッシュした場合に備えて、ファイル、システム設定など、コンピューター上のすべてのデータのシステムイメージのバックアップを作成するべきです。これで、問題が発生したら、回復ドライブからWindowsシステムイメージのバックアップを復元するだけです。しかし、ドライブからの回復中、「PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます。」というわかりにくいエラーメッセージが表示される場合があります。では、このエラーを修正する方法は?この記事では、そのためのいくつかの対処法を紹介します。

PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます。

「システムドライブが小さすぎる」エラーが発生する原因

問題を解決する前に、まずこのエラー発生の背後にある理由を探しましょう。

  • ディスク領域不足:システムイメージを復元するためのターゲットディスクに十分な容量がありません。
  • システムイメージの問題:システムを作成するときに問題が発生しました。つまり、システムイメージを再作成しなければなりません。
  • ハードディスクの問題:ハードディスク上の既存のパーティションにより、エラーが発生する可能性があります。または、ソースディスクがターゲットディスクと競合しています。

修正:「PCを回復できません。システムドライブが小さすぎます」

ここでは、エラーに対処するための4つのオプションを収集しました。

オプション1.ディスク容量を確認

オプション2.EaseUS Partition Masterでターゲットディスクをフォーマットおよび削除

オプション3.必要な最小サイズを変更

オプション4.コントロールパネルでシステムイメージを再作成

オプション1.ディスク容量を確認

ディスクの容量がソースディスク以上であることを確認する必要があります。

ハードディスクの容量を確認するには:

  • ハードドライブを右クリックします。
  • [プロパティ]を選択します。
  • [全般]セクションで、ハードドライブの容量が確認できます。

ハードディスクの容量を確認する

オプション2.EaseUS Partition Masterでターゲットディスクをフォーマットおよび削除

ターゲットディスクにパーティションがあり、システムイメージの復元中にエラーが発生した場合は、ハードディスクをフォーマットする必要があります。フォーマット操作を実行すると、ターゲットディスク上のデータが削除されることに注意してください。

パーティションをフォーマットすると、パーティション内のデータは消去されますが、パーティションとドライブレターは保持されます。パーティションを削除すると、ボリュームが直接削除され、パーティションのドライブレターが削除され、パーティションスペースが未割り当て領域になります。

EaseUS Partition Masterは、クリックするだけでパーティションのフォーマット、削除、サイズ変更、マージを行うための便利なソフトウェアです。ターゲットディスクをPCに接続し、EaseUS Partition Masterをダウンロードしましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.ソフトを運行して、初期化したいSSD/HDDを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマットしたいデバイスを選択

ステップ2.ここでフォーマットの詳細をチェックしてから、「OK」をクリックします。

フォーマットの情報をチェックする

ステップ3.ターゲットパーティションのデータは消去されます。」という提示メッセージが表示されます。フォーマットプロセスを進むには「OK」をクリックします。

警告メッセージが表示

ステップ4.最後に、画面上部にある保留中の操作をクリックして、待機中の操作を確認します。待機中の操作が間違っていない場合は、「適用」をクリックして、フォーマットプロセスを開始します。

操作を適用してフォーマットプロセスを開始

フォーマットが完了したら、ボリュームを右クリックして[削除]をクリックします。

オプション3.必要な最小サイズを変更

システムイメージを作成した後、必要な最小サイズが「$PBR_ResetConfig.xml」というファイルにマークされます。

ファイルを開くと、ターゲットドライブに必要な最小サイズを意味するMinSizeが表示されます。ターゲットドライブの容量がMinSize未満になる場合は、その値を小さくする必要があります。

必要な最小サイズを変更

MinSizeの値を変更するには:システムイメージファイル>ソースを開きます>メモ帳で「$PBR_ResetConfig.xml」を開きます> Reset > System Disk > MinSizeを見つけます。

オプション4.コントロールパネルでシステムイメージを再作成

手順1.検索ボックスに「コントロールパネル」と入力し、クリックして開きます。

手順2.[バックアップと復元]をクリックし、左側のパネルで[システムイメージの作成]を選択します。

手順3.バックアップを保存する場所を選択し、[次へ]をクリックします。

  • ハードディスク上。
  • 1つ以上のDVD上。
  • ネットワークの場所上。

コントロールパネルでシステムイメージを再作成1

手順4.バックアップの設定を確認し、[バックアップの開始]ボタンをクリックします。

バックアッププロセスの完了を待ちます。

ヒント:システムイメージからコンピューターを復元する方法

手順1.[コントロールパネル]>[バックアップと復元]を開きます。

手順2.[システム設定またはコンピューターの回復]をクリックします。

手順3.[高度な回復方法]をクリックします。

手順4.次のページで、[以前に作成したシステムイメージを使用してコンピューターを回復する]を選択します。

手順5.システムイメージを復元する前に、フファイルをバックアップする必要がある場合は、[今すぐバックアップ]をクリックします。それ以外の場合は、[スキップ]をクリックします。

手順6.[再起動]ボタンをクリックしてコンピュータを再起動し、Windows の復元を続行します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!