> How to Use > パーティション管理 > EaseUS Partition Master Free 11.0の完全操作ガイド~図解付き解説~

EaseUS Partition Master Free 11.0の完全操作ガイド~図解付き解説~

2016-05-10 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
EaseUS Partition Master Free 11.0の図入りの超詳しい操作ガイドです。素人のユーザーたちにとっても分かりやすくて、インストールからソフト機能の利用まで全部教え尽くした入門ABC!

皆さんは、きちんと自分のパソコンのパーティションを管理していますか?大きすぎるパーティションからスペースを容量不足なパーティションに渡したり、二つのパーティションを合併したり、一つのパーティションを分割したり...するのは、できるなら大変便利でしょう?今日は、EaseUS Partition Masterと言うパーティション管理ソフトを使って、色んなパーティション管理操作を行ってみて、人柱として皆さんにこのソフトの使い方を見せますね。

まずは…もちろんダウンロードですね~公式サイトでのダウンロードリンクも挿入しましたが。

これ

をクリックして直接ダウンロードしてもいいですよ。

次はインストールです。インストールパッケージをダブルクリックしたら、

言語を選ぶ

日本語を選択して、OK~

機能比較

フリー版ですが、パーティションのリサイズなどの基本操作ならできますよ。もちろん、ダイナミック変更や、OS移行、そして企業での利用などの機能を求めている方は、正式版を是非ご検討くださいね~

契約書の同意

そして契約書を読んで、「同意」をクリック。

インストール先の指定

インストール先のフォルダーを指定します。スペースの用意にご注意ですね!

サービスに参加する

ニュースレターサービスです。興味ある方は情報を入力すればいいです。何も入力しなくてもいいからとりあえず「次へ」~

インストール中

インストール中…

インストール完了

インストール完了!実行しようぜ!

(実は動画の方も用意しました、まだインストールに不明な点がございましたら、下の動画をご覧ください)

 

プログラム起動とほかの製品一覧表

DRW、TBなどのデータ復旧やバックアップ製品も有りますので、興味を持つ方は関連サイトを見れば宜しいです~今日はとりあえずEaseUS Partition Masterだけを体験します、チャンスあれば他の製品のレビューも書きたいですね、お楽しみに!

インターフェース

インターフェースです、各パーティションの容量や状態などの情報が表示されています。一目瞭然ですね~

今回のターゲットと言うと、

1.未使用スペースが大きすぎるcから一部の容量をシステム予約パーティションに渡します。

2.fとdを合併します。

3.gから一部を分割し、別の新しいパーティションを一つ作成します。

さあ、早速始めようじゃないか!

cを右クリック

cを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択します。

矢印を右へドラッグ

前の矢印にマウスを合わせて、右へドラッグして、適当な未割り当て領域を作ります。(パーティションに関する操作は、主にドラッグと言う形で行いますので、明快で簡単でしょう~)

未割り当て領域を作成

こうなりますね、システム予約パーティションの後未割り当て領域ができました!

システムパーティションを拡張

前と同じく、システム予約済みを右クリックし、パーティションを調整します。今度はしっぽの矢印を右へドラッグして、作った未割り当て領域を満たします。

リサイズ成功!

ほら見てください!システムパーティションのリサイズが出来ました!

続いては、fとdの合併ですね。うまく出来るでしょうか~

fを右クリック

まずはfを右クリックして、「パーティションのマージ」を選びます。(合併するのもリサイズする操作手順と似ていますね~かなり簡単)

fとdをチェックして合併

dパーティションの前にもチェックをして、OK!(合併したあとのパーティションをfと名づけます)

合併成功

こちらも順調です~

いよいよ最後の分割操作ですね~EaseUS Partition Masterが完璧にやってくれますか!

gを右クリック

前と同じく(二回目?)、gを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択します。

前に空き容量を作成

ドラッグで前に適当な空きスペースを作成します。

作ったスペースを右クリック

できた空きスペースを右クリックして、「パーティションを作成」をクリックします。

パーティションを作成

新しいパーティションの属性はここで設定できます。とりあえず、ドライブレターをoにしておきましょう~

作成できました

これも問題なくできました。

最後に「変更を適用」をクリックします。そしてすべての操作が確実に行えます。←これは大事!適用しないと操作は実行されません。

今回はEaseUS Partition Master Freeを使って色んなパーティション管理操作をうまく済ませました!大成功でした!フリーなんですけど、搭載される機能は負けないですね。今度は時間があれば、EaseUS Data Recovery Wizard FreeEaseUS Todo Backup Freeの方も試してみたいです。皆さんのお役に立てられたら幸いです。またね~

 

 

EaseUSが選ばれる理由