> How to Use > パーティション管理 > Windows 10 CreatorでCHKDSKコマンドを実行できない?今すぐ修復!

Windows 10 CreatorでCHKDSKコマンドを実行できない?今すぐ修復!

2017-05-05 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows 10 Creatorにアップデートした後、CHKDSKコマンドを実行するのができなくなりました。その問題で悩んでいるユーザーはかなり多いらしいです。Windows 10 CreatorでCHKDSKコマンドを実行できない問題をどうっやって修復できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

CHKDSKコマンド実行できない問題

「先日Windows 10 Creatorにシステムアップグレードしましたが、その後CHKDSKコマンドの実行ができなくなりました。それは何故ですか?修復する方法はあるでしょうか?」

CMDでディスクエラーをチェックし、修復するのは、数多くのユーザーの習慣となっています。しかし、システムアップグレードの後CHKDSKコマンドが実行できなくなることもしばしば発生します。どうすれば、その問題を修復できるでしょうか?

クイック修復:CHKDSKの代替の無料ソフトを利用する

CHKDSKを代替できる無料ディスク修復ソフトEaseUS Partition Master Freeを使えば、Windows10環境でハードディスク/パーティションの不良セクタ、ファイルシステムエラー、および他のディスクエラーを検出し修正するのが可能です。CHKDSKの代わりに完璧に機能できますので、是非試してみてください。

1.修復したいディスク/パーティションを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。

「パーティションをチェック」を選択する

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検査です。テストが完了した後、レポートが作成されます。

2.「OK」を押したら、修復プロセスが自動的に開始されます。

他の修復法:autochk.exeを修復する

1. 「File Explorer」を開けて、「このPC」をクリックして、「C: \Windows.old」にてWindows.oldフォルダにアクセスします。
2. 「autochk.exe」を右クリックして、アカウント登録して詳細プロパティを開けます。
3. autochk.exeを「C:\Windows\System32」までコピーし、上書きします。
4. PCを再起動します。

EaseUSが選ばれる理由