> How to Use > パーティション管理 > 大容量HDDから小容量SSDへのクローン作成【Windows 11対応】

大容量HDDから小容量SSDへのクローン作成【Windows 11対応】

NANAちゃん
更新者:NANAちゃん 2023/11/24
   
aoki
執筆者:aoki
   

概要:

多くのクローンソフトはHDDを小容量SSDにクローンすることをサポートしないし、クローンソフトは少なくともソースディスクと同じサイズのディスクを要求します。心配しないでください!ここで、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることを助ける可能な方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

このページでは、HDDを小容量SSDにクローンするためのガイドの2つの部分をカバーします。OSを移行して、古いHDDを新しい小容量SSDに交換しようとしている場合、以下のヒントを通して、すべてのものを新しいSSDに移行することに成功するでしょう。

大容量HDDを小容量SSDにクローンすることはできる?

「最近、デスクトップの動作が極端に遅くなったので、何とかしてパフォーマンスを最適化したいです。まず思いついたのは、マシンを古いHDDから新しいSSDにアップグレードすることです。

しかし、多くのスタンドアローンクローナーでは、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることができないことがわかりました。私は500GBのHDDを使用していましたが、新しいSSDは256GBです。 そして、小容量SSDはHDDの使用容量をはるかに超えています。HDDをSSDにクローンしてユーザーデータを移動すればいいのでしょうか? 」

SSDは、書き込みや読み出しの速度が速く、音も静かで、ユーザーの間で話題になっています。ハードディスクのデータをSSDに移行する方がほとんどです。ご存知の通り、SSDはHDDよりも容量が小さく設計されています。

HDDを小容量SSDにクローンする時、人々は大容量から小容量へのクローン問題を解決できる適切なクローンツールを見つけることが難しいです。もしあなたが同じ悩みを抱えているなら、冷静になってください。

以下では、この問題を解決するための詳細なガイドラインを紹介し、古いHDDから新しいSSDにすべてを移行します。

第1部.HDDを小容量SSDにクローンするために準備する

ここでは、ハードディスクのクローンを作成する前に準備する仕事を紹介します:

# 1.HDDを小容量SSDにクローンするEaseUSディスククローンソフトをダウンロードする

EaseUS Partition Masterは、ディスククローン機能により、どちらのデバイスにもダメージを与えることなく、HDDのデータをSSDに高速コピーすることが可能です。Windowsシステム搭載のすべてのパソコンで、ディスクのアップグレードに適用することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

# 2.SSDを準備する

  • まず、SSDの容量がHDDの使用容量より大きいことを確認します。

HDDの使用量がSSDの容量より大きい場合、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることができません。そのためには、あらかじめHDDから無駄な大容量ファイルをクリーニングしたり、削除したりする必要があるかもしれません。

  • 次に、SSDを未割り当てのまま、クリーンアップします。

クローンエラーを避けるため、SSDディスクのパーティションをすべて削除し、ディスク全体を未割り当ての状態にしておくことをお勧めします。

第2部.チュートリアル:大容量HDDを小容量SSDにクローンする

以下のチュートリアルで、1TB HDDを500GB SSDにクローンしたり、500GBを250GB SSDにクローンしたりすることが制限なくできます。もう一度言いますが、大容量HDDを小容量SSDディスクにクローンするためには、HDDの実際のデータ使用容量がSSDの容量と同じかそれ以下であることを確認する必要があります。その後、EaseUS Partition Masterがすべてのデータを新しいディスクにクローンします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

では、大容量HDDから小容量SSDにデータをコピーする方法をご紹介します:

ステップ1. ソースディスクを選択します。

  • 左のメニューから「クローン」をクリックします。「OSディスクのクローン」または「データディスクのクローン」を選択し、「次へ」をクリックします。
  • ソースディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ2. ターゲットディスクを選択します。

  • 目的のHDD/SSDを保存先として選択し、「次へ」をクリックして続行します。
  • 警告メッセージを読み、「はい」ボタンを確認します。

ステップ3. ディスクレイアウトを表示し、ターゲットディスクパーティションサイズを編集します。

その後、ターゲットディスクのデータをすべて消去する旨の警告が表示されたら、「続行」をクリックしてください。(ターゲットディスクに貴重なデータがある場合は、事前にバックアップをとってください)

ディスクレイアウトをカスタマイズするために、「ディスクを自動調整」、「ソースとしてクローン」、「ディスクレイアウトを編集」を選択することができます。(Cドライブのスペースを確保したい場合は、最後のものを選択してください)

ステップ4.「実行」をクリックして、ディスククローニングプロセスを開始します。

お知らせ
ソースHDDがMBRシステムディスクの場合、EaseUS Partition MasterはシステムがUEFIブートをサポートしているかどうかを診断します。もしそうなら、ターゲットSSDはGPTディスクになり、まずBIOSでそのブートモードをUEFIに変更する必要があります。
クローン元のHDDがMBRのデータディスクの場合、クローン後のSSDはMBRになります。
クローン元のHDDがGPTシステムディスクであれば、クローン後のSSDディスクはブート問題なくGPTになります。しかし、ブートモードを先に確認したほうがいいです。
クローン元のHDDがGPTのデータディスクであれば、クローン後のSSDもGPTになります。

クローンした後、BIOSの起動順序を新しいSSDに変更して、パソコンを起動可能にする必要がある、ここでその方法を見ることができます:

ステップ1.SSDをパソコンに挿入し、パソコンを再起動し、F2/F12/DELキーを押してBIOSに入ります。

ステップ2.Bootセクションに移動し、キーボードの矢印キーを使用してSSDからWindowsを起動するように設定します。

ステップ3.変更を保存して、パソコンを再起動します。

この後、新しいSSDでデータとシステムが再び表示され、動作するようになります。

HDDから小容量SSDへのクローンのまとめ

このページでは、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることに関するすべての疑問に答えるため、迅速かつ安全な解決策を提供しました。EaseUS Partition Masterを利用して、1TB HDDを500GB SSDにクローン、500GB HDDを250GB SSDにクローンすることができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ディスクの交換以外にも、EaseUS Partition MasterはOSのSSDへの移行、MBRからGPTへの変換、GPTからMBRへの変換など、高度な操作を完了することが可能です。

大容量HDDから小容量SSDへのクローンについてよくある質問

1.大容量HDDを小容量SSDにクローンすることはできますか?

大容量HDDを小容量SSDにクローンするためには、EaseUS Partition Masterの利用を検討する必要があります。パーティションクローンの活用:ソースパーティションからターゲットパーティションにデータをコピーすることができます。NTFSドライブ、FAT32ドライブなどのクローンを作成することができます。

2.ハードディスクを無料でより小さいSSDにクローンする方法は何ですか?

申し訳ございませんが、クローン作成に無料オプションはございません。EaseUS Partition Masterを使えば、ハードディスクをより小さいSSDに簡単にクローンすることができます。実行し、クローンディスク機能を使って、ソースとターゲットディスクを選択し、クローン作成を開始するだけです。

3.1tb HDDを500gb SSDにクローンすることはできますか?

はい、1TBのHDDを500GBのSSDにクローンすることは可能です。実際には、コピー元HDDの使用容量がコピー先SSDの容量より大きくない限り、回答は肯定的です。

 

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!