> How to Use > ディスクコピー > Windows 10/8/7で不良セクターを修復する方法

Windows 10/8/7で不良セクターを修復する方法

2018-05-17 14:13:26 Posted by Tioka to ディスクコピー

概要:
Windows 10/8/7で不良セクターを修復する最良の方法は果たしてなんでしょうか。この記事では、不良セクターを修復するための最も効果且つ快適的な方法を書いてきます。Windows 10/8/7のユーザーでもこの記事で適切な修復方法を獲得できます。

Windows 10/8/7で不良セクターがある場合はどうすればいいの?

一般的には、ハードディスク上の不良セクターが多ければ多いほど、ハードディスクの不具合が発生する可能性が高いです。それに、不良セクターに保存しているデータもなくなるかもしれません。これらの不良セクターは完全に修復されることができませんが、利用不可能とマークされ、ハードディスクへ悪影響を与え続けることを止めることが可能です。以上のことで、不良セクターの修復は、多くの場合、不良セクターを利用不可能とマークすることを指しています。

では、ハードディスクで不良セクターを検出した場合は、下記の対処法を参照して問題を解決しましょう。

Windows 10/8/7で不良セクターを修復する方法

ハードディスクに不良セクターが存在している場合は、ハードディスクの健康状態をチェックする必要があります。もし、健康状態が特に悪い場合は、新しいディスクに置き換えることがおすすめです。

パート1.パーティションをチェックして不良セクターを修復

不良セクターの数を把握するため。パーティションをチェックするのは最も快適な手段だと思います。パーティションのチェックを行うために、専門なツールが必要です。下記のステップに従ってツールをダウンロードしてパーティションのチェックを実施することは可能です。

パーティションをチェック

1.無料な専門ツールーEaseUS Partition Masterをダウンロードして実行してください。

2.不良セクターのあるディスク/パーティションを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。

3.パーティションチェックのオプションを選択した上、「OK」を押したら、エラーチェックを実行します。

パーティションチェックの項目の意味はかきのようになります。

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが生成されます。

ハードディスクエラーのチェック

Windowsでプリインストールの不良セクター修復ツールで不良セクターを修復

Windows 10/8向け

  • PC/コンピューターをダブルクリックして開く
  • 不良セクターがあるディスクを右クリックする
  • ツールタブで「チェック」ボタンをクリックする
  • スキャンの結果でドライブをスキャンと修復を選択する
  • ファイルシステムを修復を選択する
  • Windows 10/8でスキャン&修復プロセスが終わるのを待つ

Windows 7向け

  • winボタンをクリックして「コンピューター」を選択する
  • 不良セクターがあるディスクを右クリックする
  • 表示される一覧から「プロパティ」を選択する
  • ツールタブで「チェックする」ボタンをクリックする
  • ディスクのチェック」が表示されます。
  • 必要に応じて「チェックディスクのオプション」欄の項目にチェックを入れ、「開始」をクリックする

ファイルシステムエラーを自動的に修復する:ファイルシステムエラーが発見されると、自動的にファイルシステムを修復します。

不良セクターをスキャンし、回復する:不良セクターを発見すると、不良セクター内の読み込み可能な情報を回復します。

  • エラーチェックを完了するまでに暫く待つ

パート2.新しいディスクを置き換える

もし、ハードディスクの健康状態が時に悪く、修復不可能の場合、新しいハードディスクを置き換える必要があります。ここで、高機能なクローンソフトEaseUS Disk Copyを使って不良セクターがあるディスクのデータを完全に新しいディスクにクローニングすることが可能です。本当にディスク置換えに役に立つソフトです。

 

EaseUS Disk Copy

新しいディスクを置き換える!

 

今すぐ購入

¥2,390

 

下記は、EaseUS Disk Copyという高機能なクローンソフトで不良セクターがあるディスク上のデータを損失なく新しいディスクにクローンする方法を書いてきます。まず、下記のダウンロードボタンからソフトをパソコンにインストールしましょう。

Step 1. 「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを不良セクターのあるディスクと選択して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:ディスクをなんの変更もなく、そのまま完全にクローンすることを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 2. ターゲットディスクを新しいディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。