> How to Use > バックアップと復元 > HDDからSSDまでWindows 10を引越しする方法

HDDからSSDまでWindows 10を引越しする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年12月16日に更新

概要:

Windows 10をHDDからSSDに移行すると、パソコンの現在のままで使用することができますし、その他にもいろいろなメリットがあります。本文では、Windows 10のHDDをSSDにクローンする方法から、クローンSSDをパソコンに装着して起動する方法まで完全に皆さんに紹介しますので、ご参照ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

HDDからSSDにWindows 10を移行することについて

最近、HDDからSSDにWindows 10を移行することは非常に盛り上がっているようです。Windows 10をHDDからSSDに移行すると、パソコンの現在のままで使用することができますし、その他にもいろいろなメリットがあります。

Windows10をSSDに移行するメリット

HDDからSSDにWindows 10を移行すると、パソコンの性能が幅広く上げることができます。主に下記の方面で反映されます。

  • パソコンの起動スピードが速くなる
  • データを処理するスピードが速くなる
  • ゲームやプログラムをもっとスムーズに実行可能になる
  • ......

上記のことから、パソコンの起動やプログラムのロードを待ちすぎてたまらない場合、HDDにインストールしたWindows 10をSSDに移行してみましょう。HDDからSSDにWindows 10を移行すると、パソコンのパフォーマンスが向上し、起動スピードもデータ処理の効率も幅広く上げられます。

HDDからSSDにWindows 10を移行する方法

それでは、HDDからSSDにWindows 10を移行するにはどうしたらいいですか?HDDからSSDにWindows 10を移行する場合、最も重要なステップは現在使用中のHDDをクローンすることです。HDDを問題なくSSDにクローン出来れば、HDDからSSDにWindows 10を移行することも非常に簡単なことになります。

下記はHDDのクローンを含む完全なWindows 10の移行方法を皆さんに紹介しますので、移行したいと思っている方は、下記の内容を参照してください。

Windows 10 OSを引越しできるソフトを求められています。では今日はEaseUS Todo Backup Freeという無料の引越しツールを紹介します。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを使って、Windows 10をSSDにクローン

まずは、EaseUS Todo Backup Freeという信頼できるクローンソフトを利用して、Windows10がインストールされているHDDを完全にSSDにクローンする必要があります。これは、Windows 10を移行する最も重要なステップなので、十分に注意を払いましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1.EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「クローン」をクリックします。

2.クローンしたいソースディスク(現在Windows 10がインストールされているHDD)を選択します。

ソースディスク(HDD)の選択

3.ターゲットディスク(移行先のSSD)を選択します。セクターバイセクタークローンでソースディスクをセクター毎にクローンできます。「SSDに最適化」項目をチェックしてください。

ターゲットディスクの選択

4.ここでディスクのレイアウトをプレビューすることができます。通常、クローン機能を使っているので、移行先の構造は、移行元のHDDと完全に同じです。

5.「実行」をクリックします。

上記の方法により、Windows 10 OSのクローンが完了します。次はSSDをパソコンに装着してそこからWindows 10を起動します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ2.クローンSSDを装着してWindows 10を起動する

SSDをパソコンに装着して、BIOSでSSDを起動ディスクとして設定することです。

大部のユーザーが起動ディスクの設定方法が分かっていると思います。念のために、一応ここでも紹介します。

起動ディスクは、bios設定で変更することができます。パソコンの起動時に、「F2」または[Del]キーを押すことで、biosの設定画面に移動することが可能です。もちろん、ブランド/マザーボードのモデルによってbiosのホットキーは異なる可能性があります。「Tab」「F12」「F9」などの可能性もあります。

biosに入るためのホットキー提示メッセージ

通常の場合、PCを起動する初画面でbiosに入るためのキーを提示しますので、どのキーが分からない方は、そのメッセージに注意を払ってください。また、biosに入ると、次の画面になります。

bios設定でのブート設定

boot(ブート)を選択し、boot device priotity(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスを新しく換装したSSDと選択します。

その後、PCを再起動して、SSDのおかげでPCの起動スピードも動作スピードもめちゃくちゃ速くなっていることが分かります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。