> How to Use > バックアップと復元 > 「2022最新ガイド」HPノートパソコンにWindows 11をダウンロードする方法

「2022最新ガイド」HPノートパソコンにWindows 11をダウンロードする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年06月09日に更新

概要:

Windows 11のグローバルリリースは楽しみですが、HPノートパソコンにWindows11をダウンロードする方法がわかりません?または、HPのパソコンで使えるかどうか心配ではありませんか?この記事は、これらの状況に対する解決策を提案し、より多くの情報を提供します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

今回リリースされたWindows11では、様々な面でアップグレードが行われ、注目を集めています。新しいパソコンを購入された方、古いパソコンをWindows11にアップグレードされた方は、その速さに驚かれると思います。その原因はWindows11がWindows10の2倍の速度になったからです。( Windows 11について知るべきことをご確認ください)したがって、Windows11にアップグレードしたい方と、すでにWindows10バージョンを使用している方は、ここでいいニュースがあります。それは、Windows10からWindows11に無料でアップグレードできます。

HPパソコンにWindows11のダウンロード方法

HPノートパソコンとWindows 11の互換性リスト 

Windows11新しいバージョンは無料ですが、この素晴らしいアップグレードを手に入れるためには、お使いのデバイスの互換性テストに合格する必要があります。2021年10月5日に、Microsoftによって新しい更新プログラムがリリースされました。 ただし、このOSは段階的に会社によって展開されているため、最新のアップグレードのプロンプトがまだ表示されません。したがって、HPラップトップのアップグレードを待ちたくない場合と、HPノートパソコン用のWindows 11をダウンロードする方法を続行したい場合は、Windows11の互換性リストに必要なものを確認してください。

ここでは、Windows11の互換性リストを紹介します。HPのPCモデルがWindows 11アップグレードに対応しているかどうかを確認することが必要です。

Windows11の互換性リスト
番号 基本 最小要件
1 プロセッサー HPラップトップには、少なくとも1GHzで、2つのコアを備えたシステムオンチップまたは64ビットプロセッサが必要
2 RAM 4GB以上
3 ストレージ HPのノートパソコンには、最低でも64GBのストレージ容量が必要
4 システムファームウェア UEFIとセキュアブート可能は必要。HPのPCがこの機能を持っているかどうかは、マイクロソフトの公式サイトにログインすることで確認できる。
5 TPM HPのノートパソコンがTrusted Platform Moduleのバージョン2.0であることを確認する必要がある。
6 グラフィックカード WDDM用の2.0ドライバーとともに、少なくともDirectX12以上との互換性が必要。
7 ディスプレイ 720pのHDディスプレイで、対角9インチ以上、カラーチャンネルあたり8ビットの要件を満たす。
8 Microsoftアカウントとインターネット接続 新しいWindows 11のHomeエディションでは、Microsoftアカウントとともに、インターネットへの良好な接続が必要です。Windows 11 home エディションのSモードに切り替えても、インターネットへの接続は必要です。

HP PCおよびノートパソコン用のWindows 11をダウンロードする2つの方法 

HPノートパソコンがWindows11アップグレードに対応するかどうかがわかったので、アップグレード中のデータ損失を防ぐために、バックアップをとってから、最新のソフトウェアをアップグレード、または再インストールすることはよいでしょう。重要なデータを簡単にバックアップするために、専門的なバックアップソフトを使用することができます。ここでは、EaseUS Todo Backup Freeをお勧めします。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

メリット:

  • ユーザーのデータを保護できる
  • HPノートパソコンのバックアップの即時復元を支援する
  • データが増えると、タイムリーなバックアップスケジューリングに使用できる
  • クラッシュ、誤操作、ウイルスソフトによって削除されたデータを復元する
  • SSDまたはHDDのパーティションのバックアップを作成するのに役立つ

EaseUS Todo Backupを使って重要なデータをバックアップする

データのバックアップにこのソフトをどのように使えばいいのでしょうか? 具体的な手順は以下の通りです。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、「バックアップ内容の選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

ディスクバックアップ手順1

ステップ2.「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ディスク」を選択します。

ディスクバックアップ手順2

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクとパーティションを選択します。

ディスクバックアップ手順3

ステップ4.「バックアップの保存先を選択」をクリックします。

ディスクバックアップ手順4

ステップ5.ディスク/パーティションのバックアップの場合、バックアップをローカルドライブまたはNASに保存することを選択します。

ディスクバックアップ手順5

ステップ6.「今すぐバックアップ」をクリックします。プロセスの完了を待ちます。

ディスクバックアップ手順6

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

HPノートパソコンのデータバックアップが完了したら、次のステップであるWindows11へのアップグレードを開始できます。HPパソコン用のWindows 11をダウンロードする2つの人気のある方法を紹介しましょう。

方法1.Windows 10からWindows 11への無償アップグレード

以下の手順でアップグレードが可能です。

ステップ1.「スタート」メニューをクリックし、「設定」アイコンをクリックします。

ステップ2.「更新とセキュリティ」>「Windows Update」をクリックします。

ステップ3.「更新プログラムのチェック」ボタンが表示され、最近のアップデートの有無を簡単に確認することができます。

HPのPCでwindows11にアップグレード時「更新プログラムのチェック」画面

ステップ4.複数のアップデートが表示されますので、そこからインストールしたいものを選択します。

ステップ5.Windows 11のアップグレードを見つけたら、ダウンロードとインストールのオプションをクリックします。

方法2.公式ホームページからWindows 11をダウンロードする

公式サイトからWindows 11をダウンロードする場合、以下の3つの方法でHP PCのアップグレードを完了させることができます。

  • Windows 11のインストールアシスタント
  • Windows 11のインストールメディア
  • Windows 11のイメージインストール(ISO)

それでは、一つずつ説明していきます。

1.Windows 11のインストールアシスタント

インストールアシスタントをダウンロードしたら、すぐに以下のステップに従う必要があります。

ステップ1.ダウンロードが完了すると、「実行」オプションをクリックすることは必要です。しかし、管理者であることを確認してください。

ステップ2.ツールがハードウェアの互換性を確認するとすぐに、同意する必要のあるライセンス条項がいくつかあります。その後インストールします。

Windows 11 インストールアシスタント

ステップ3.ツールの準備ができたら、「再起動」というボタンをクリックし、インストール手順を完了させます。

注意:PCが数回再起動し、数分間かかる場合がありますが、その時は、HPパソコンの電源を切らないように注意してください。

2.Windows 11のインストールメディアを作成する

この方法では、メディア作成ツールをダウンロードするオプションを実行して、起動可能なDVDまたはUSBを作成する必要があります。具体的な手順は、次のとおりです。

ステップ1.ダウンロードが完了したら、すぐにメディア作成用のツールを実行する必要があります。管理者であることを確認して、次に進みます。

ステップ2.ライセンス条項を受け入れます。

ステップ3.ステップ3:次の質問ページに:何をしたいですか? ここで、別のPCのインストールメディアを作成するオプションを選択する必要があります。 「次へ」をクリックします。

ステップ4.新しいWindows 11に対応する言語エディションと64ビットアーキテクチャを選択します。

ステップ5.使用するメディアを選択します:ISOファイルとUSBフラッシュメモリー

  • ISOファイル:これにより、HPのデバイスにiDOファイルを保存することができます。また、ブート可能なフォーマットのDVDを作成することができます。ファイルをダウンロードするとすぐに、その場所を確認するか、またはOpen DVD Burnerオプションをクリックして進むことができます。
  • USBフラッシュメモリー:空のUSBフラッシュメモリに8GB以上の空き容量が必要です。フラッシュメモリー上のコンテンツは削除されることを注意してください。

3.オプション3.Windows11のディスクイメージ(ISO)をダウンロードする

DISM またはサードパーティツールを使用して、既存のWindows11イメージをディスクに直接適用します。

注意:Windows 11のイメージインストールでは、以下の要件はチェックされません:TPM 2.0 (最低でもTPM 1.2が必要) とCPUファミリーおよびモデル。

まとめ

この記事が、HPパソコンにWindows11をインストールする助けになれば幸いです。また、Windows11をインストールする前にデータの損失を防ぐために、EaseUS Todo Backup Freeを使用して重要なデータを素早くバックアップすることも可能です。アップグレードが完了したら、HPのノートパソコンでWindows11を楽しむことができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。