> How to Use > バックアップと復元 > M.2 vs NVMe、その違いは?

M.2 vs NVMe、その違いは?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月22日に更新

概要:

普通のSSDから新世代のNVMe SSDやM.2 SSDにアップグレードしたいなら、どうすればいいですか。M.2とNVMeは一体何でしょうか。本記事は、二つ種類のSSDを詳しく比較して、それぞれの特徴を説明します。本文を読み続けましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

インターネットで「SSD」を検索すると、関連する結果がたくさんあります。最もよく表示されるのは、M.2 SSDとNVMe SSDの2つです。さて、M.2とNVMe はどちらが優れているか、またはどちらが自分に適しているか疑問に思うかもしれません。実はM.2とNVMeはSSDタイプではありません. では、それらは何であり、どの種類のSSDを選択するのでしょうか?次の文を読みましょう。

M.2 vs NVMe?この2つは比較できるのか?

実は、M.2はSSDのコネクタの一種であり、NVMeはSSDの一種なので、この2つを一緒に比較することはできないのです。コネクタとSSDを比較して、どちらを選べばいいかと尋ねても、答えはありません。

M.2 vs NVMe

古いSSD (第 1 世代と呼びましょう) は、実はSATA SSDなんです。この種のSSDはSATAコネクタを持っているということです。確かに、M.2コネクタを搭載したM.2 SSDというのもあります。しかし、SATA SSDとM.2 SSDの性能に差はありません。第2世代のSSDは、通常NVMe SSDと呼ばれます。M.2コネクタしか搭載していないので、NVMe M.2 SSDとも呼ばれる。

M.2 vs NVMeで検索すると、実際には、SATA/M.2 SSDとNVMe M.2 SSDのどちらを選ぶべきかを尋ねているのです。次のパートでは、この二つを詳しく比較します。

NVMe vs SATASSD: この2つの違いを確認する

カテゴリー NVMe M.2 SSD SATA SSD
バス規格 NVMe プロトコル AHCI プロトコル
帯域幅 PCIe x3 または x4 レーン SATA 6 ギガビット/秒
転送速度 最大 5000 MB/秒 最大 560 MB/秒
コネクタ M.2/PCIe SATA
サイズ/価格比 10円/㎇ 5円/GB
ユーザビリティ ゲーム、ビデオ編集、さらにスピードを要求する活動 ブラウザやメールなどの通常のデスクトップ作業
デバイス 新世代のデスクトップおよびラップトップ 古いコンピューター

この表から、NVMe SSD がさまざまな面で SATA SSD より優れていることがわかります。NVMe SSD は、より高度なプロトコルを適用し、転送速度が高く、速度が高速です。一般的には、NVMe SSD がより推奨されるオプションです。

NVMe SSD はあらゆる面で優れていますが、SATA SSD は依然として大きな市場シェアを持っています。これは、ほとんどコンピューターのマザーボードに M.2 コネクタを備えていないからです。M.2コネクタを使用すると、ユーザーはNVMe SSDをマザーボードに直接接続できるため、ケーブルなしでSSDをインストールすることになります。SATA SSDをインストールするには、ユーザーは2つのケーブルが必要です。1つはSSDをSATAコネクタに接続するためのSATAケーブルで、もう1つはSSDに電力を供給するための電源ケーブルです。

結論として、マザーボードにM.2 コネクタがある場合は、NVMe SSD を選択することをお勧めします。HDDを使用していた場合、またはマザーボードに SATA コネクタしかない場合は、SATA SSD を選択することをお勧めします。

SATASSD から NVMe SSD にクローンする方法

ハードディスクをアップグレードするとき、誰もデータ損失が発生することを望んでおらず、すべてをゼロから始めたいとは思っていません。そのため、常にハードディスクのクローン作成をお勧めします。あるディスクから別のディスクにクローンすることは、ソース ハードディスクのレプリカを作成することを示しています。すべてのファイル、フォルダー、アプリケーション、および構成ファイルをターゲットディスクで見つけることができます。システム パーティションのクローンを作成している限り、クローン ディスクから起動することもできます。

もちろん、クローンツールが必要となります。ここではEaseUS Todo Backupをお勧めします。このソフトは、バックアップ機能を備えているだけでなく、クローン作成にも優れています。HDD からSSD にアップグレードする場合でも、Windows OS を新しい SSD に移行する場合でも、EaseUS Todo Backup は常に信頼性が高く便利です。さらに、このツールを使用すると、重要なファイルのバックアップをクラウドまたは外付けハードドライブに作成して、偶発的なデータ損失を防ぐことができます。

クローニング開始前の準備:

1.ターゲット ディスクを PCに接続するには、ドライバー、パワー スプリッター アダプター ケーブル、SATA ケーブル、または USB - SATA アダプターが必要です。 
2.ターゲットHDD/SSDの容量が、古いドライブの使用済みスペースと同じ又はそれ以上であることを確認します。
3.新しいディスクのスタイルが古いディスクのスタイルと同じかどうかを確認します。そうでない場合は、新しいHDD/SSD をMBR または GPT に初期化します。
4.ディスククローンツールをダウンロード– EaseUS Todo Backup

easeus todo backupツールオプション

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup機能一覧:

  • システム/ディスクのクローン、バックアップ、復元、およびシステム転送をサポート。
  • ハードドライブをより大きなドライブに更新したり、OSのクローンを作成したりなどをサポート。
  • IDE、EIDE、SATA、ESATA、ATA、SCSI、iSCSI、USB 1.0/2.0/3.0 など、あらゆる種類のディスクをサポート。
  • ベーシック/ダイナミック ディスクとMBR/GPT ディスクのクローン作成をサポート。

操作手順:

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン手順1

2.ターゲットディスクを選択して、[次へ]をクリックします。

システムクローン手順2

注意:ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がありません。システムクローンを開始するためにパーティションを削除します。

3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、システムクローンが開始します。

システムクローン手順3

4.クローン ハード ドライブから起動する。

asus-uefi-boot

ケース1.旧ディスクと新ディスクを両方残したい場合

  • PC を再起動し、F2 (F8、F10、DEL...) を押して BIOS 設定に入ります。
  • 起動オプションで、新しい HDD/SSD を新しい起動ドライブとして選択します。
  • BIOS を終了し、コンピューターを再起動します。

ケース2. 新しいディスクだけ残したい場合

  • 古いディスクを取り外し、新しいディスクが正しく接続されていることを確認します。
  • 新しいディスクを接続し、コンピュータで検出できることを確認します
  • コンピュータを再起動してください。

結論

結論として、M.2 は SSD のコネクタ タイプであり、NVMe は SSD の一種です。NVMe SSD は、SATA SSD よりも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、マザーボードに M.2 コネクタがない場合でも、SATA SSD を選択する必要があります。

 

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

M.2 とNVMeに関するFAQ

従来のSSDからNVMEまたはM.2ドライブに移行するメリットは何ですか?

  • 読み取りと書き込みの速度が速い
  • 低消費電力
  • 発熱の低減
  • システムの応答性の向上
  • ゲームシステムやその他の高性能PCの信頼性が向上

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。