> How to Use > パーティション管理 > 対処法:デバイス問題―エラーコード39

対処法:デバイス問題―エラーコード39

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年10月19日に更新

概要:

Windowsがこのハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。 ドライバーが壊れているか、ドライバーがない可能性があります。 (コード 39)が出てくると、どうすればいいのでしょうか。この記事では、その対処法を紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

エラーコード39

この前、このエラーが発生したことがありませんが、助けてください。「このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。 ドライバーが壊れているか、ドライバーがない可能性があります。 (コード 39)」。

こちらも役に立つかも:外付けデバイスにおける0xc00000e9エラー及びその対処法

エラーコード39を解決する方法

万が一、Windowsがこのハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができなかったら、心配しないで本文は解決に役に立つ対処法をご紹介します。

方法1.エラーコード39に役に立つヒント

効率且つ信頼性のある解決法を探している場合、以下はエラーコード39を効率的に買いけるできるヒントを紹介します。

ステップ1.WindowsのPCを再起動

再起動してから、このエラーが存在しているかどうかをチェックする。存在している場合ステップ2。

ステップ2.追加/インストール済みの接続を取り外して再接続

パソコンが新しく追加され、インストールされたデバイスを認識できないかもしてません。接続の問題を排除するために、いったん取り外して再接続する必要があります。

ステップ3.壊れたセクターをチェック&修復

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

エラーが依然として存在する場合、ドライブに壊れたセクターがぞんざいするかもしれません。ですので、不良セクターを修復しなければなりません。ここで無料セクター修復ツールEaseUS Partition Master Freeをおススメします。

ステップ1.ソフトを開き、不良セクターがあるドライブを右クリックし、「ファイルシステムを確認する」を選択します。

不良セクタがあるディスクを右クリックして、パーティションチェックを選択します

ステップ2.ファイルシステムのエラーを検出して修復するために、「パーティションのプロパティをチェックする」や「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」、「サーフェーステスト」をチェックを入れてください。
ステップ3.ソフトが自動的にエラーを検出し、修復します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

方法2.レジストリデータの修正でエラーを修正(エラーコード39)

1.Win+Rで開いた画面にregeditと入力してOKボタンを押します。

2.[HKEY_LOCAL_MACHINE] - [SYSTEM] - [CurrentControlSet] - [Control] - [Class]と順に進み、-{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} を選択する。

3.画面右側に[UpperFilters] アイコンがあれば右クリックして[削除]→[はい]、なお、[LowerFilters] アイコンがあれば同様。

方法3.ドライバーを手動的に更新

1.[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。

2.一覧内のデバイスを右クリックします。

3.表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。

4.デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。

5.[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!