> How to Use > パーティション管理 > Windows 10スキャンディスク|Windows 10/8/7でドライブのスキャンと修復

Windows 10スキャンディスク|Windows 10/8/7でドライブのスキャンと修復

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月21日に更新

概要:

スキャンディスクとは何でしょうか?スキャンディスクコマンドを実行することで、Windows 10のドライブのをスキャンして問題を修復するにはどうすればいいのですか?MS-DOS以降、Windows NT、Windows 9xおよびWindows 3.xなどのバージョンでは、スキャンディスクの代わりにCHKDSKを適用する必要があります。これは、Windowsのプロパティ、コマンドプロンプト、およびEaseUS Partition Masterによって利用可能です。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

スキャンディスクとは?

スキャンディスク(ScanDisk)は、ハードドライブの問題やファイルシステムエラーを自動的に検出して修復するためのDOSベースのWindowsユーティリティです。MS-DOS 6.2で初めて導入されたスキャンディスクには長い歴史があります。だが、ハードドライブのパフォーマンスを向上させ、Windowsファイルシステムの管理に役立つスキャンディスクの代替として、Windowsに対応するCHKDSK(チェックディスク)というユーティリティが開発されました。

つまり、Windowsオペレーティングシステムに応じて、利用可能なツールも違います。

ScanDiskが利用可能なもの:

  • Windows 95および98
  • Windows 3.xおよびMS-DOS

* Windows NT にはスキャンディスクが付いていませんから、ディスクの整合性をチェックするためのサードパーティのユーティリティを使用するしかありません。

それ以降のWindows OS(Windows XP/Vista/7/8/8.1/10)では、ScanDiskの代わりに、CHKDSKは利用できます。

スキャンディスクの詳細:

  • FAT12、FAT16、FAT32などのFAT形式のハードディスクのみをチェックします。
  • 圧縮ボリュームと長いファイル名を認識できます。
  • クロスリンクファイルと失われたクラスターを自動的に修復できます。
  • スキャンディスクを実行するには、コンピューターをセーフモードで起動する必要があります。
  • Windows 95 OSR2およびWindows 98では、コンピューターが不適切にシャットダウンされた場合にスキャンディスクが自動的に実行されます。

Windows10スキャンディスク

CHKDSKとは?

Windows XP以降の新しいWindows OSでスキャンディスクの後継となるCHKDSKは、ディスクの状態を監視するために開発されました。ディスク上のファイルシステムをスキャンし、ファイル、ファイルシステム、およびメタデータの整合性を分析します。見つかった問題は自動的に修復されます。

その直感的なユーザーインターフェイスにより、CHKDSKを使用してハードドライブのエラーをチェック、スキャン、および修復することがはるかに簡単になっています。CHKDSKを実行するには、Windowsのプロパティとコマンドプロンプトの2つの方法があります。 

Windows 10/8/7でスキャンディスクを実行する方法

前述のように、新しいWindowsプラットフォームでは、ハードドライブの問題とファイルシステムエラーをスキャンしてチェックするには、スキャンディスクの代わりに、CHKDSKを使用する必要があります。

方法1.WindowsのプロパティからCHKDSKを実行

手順1.Windowsエクスプローラーを開き(Windows + Eキー)>チェックして修復するドライブを右クリック>[プロパティ]を選択します。

手順2.[ツール]>[エラーチェック]セクションの[チェック]をクリックします。 

WindowsのプロパティからCHKDSKを実行

手順3.[ドライブのスキャン]をクリックします。 

選択したドライブのサイズに応じて、スキャンプロセスには通常10分から数時間かかります。コンピュータが再起動する時、ドライブエラーが自動的に修復されます。

関連記事:ハードディスクの容量を確認する方法

方法2.WindowsコマンドプロンプトでCHKDSKを実行

手順1.スタートボタンを右クリックして、[Windows PowerShell (管理者)]若しくは[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

WindowsコマンドプロンプトでCHKDSKを実行

手順2.コマンドウィンドウで、chkdsk c: /f /r /xと入力し、[Enter]キーを押します。

  • c:-スキャンするドライブレター。
  • /f-スキャン中に検出されたエラーを修正します。
  • /r -ドライブ上の不良セクタを見つけて修正します。
  • /x-プロセスが始まる前にドライブをマウント解除します。

EaseUS Partition Masterでディスクエラーをチェックする方法

何のWindows OSでも、ディスクエラーをスキャンしてチェックするためのWindows内蔵ユーティリティは通常時間がかかり、結果もそれほどよくありません。しかも、コマンドラインを実行するには、少し複雑なことになります。一旦間違えると、新しいドライブ問題が引き起こされるかもせれません。

ここで、CHKDSKの代わりに、より簡単かつ効果的な方法としてEaseUS Partition Masterをお薦めします。ハードドライブとパーティションを管理することでパフォーマンスを向上させ、寿命を延ばすためのサードパーティのパーティション管理ツールです。EaseUS Partition Managerを利用すれば、ハードディスクエラーのスキャンと修復は遥かに簡単なことになります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクを右クリックして、「アドバンス」>ファイルシステムをチェック」を選択します。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」オプションをオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.このソフトが自動的に選択したディスクドライブをチャックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!