> How to Use > パーティション管理 > 「chkdsk」指令でドライブをチェック&修復する方法(Windows 10/8/7環境)

「chkdsk」指令でドライブをチェック&修復する方法(Windows 10/8/7環境)

2017-01-04 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
パソコンでのドライブがエラーに遭った時、Windows搭載の「chkdsk」エラー検索&修復指令を実行するのは効果的な方法と思われます。「chkdsk」指令を実行するには具体的にどう操作すればいいでしょうか?また、他のドライブエラーチェック、修復する方法はあるでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

パソコンでのドライブにエラーが発生し、正常に作動できなくなることは時にあります。ドライブエラーを修復するにはどうすればいいでしょうか?修復指令「chkdsk」を実行するのはベストな方法と言われます。

次は、「chkdsk」を実行する操作手順、または他のドライブエラーをチェック、修復する方法を皆さんに紹介します。

ドライブエラー検索&修復する二つの方法

方法一:「chkdsk」指令を実行する

  • チェックしたいドライブを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  • 「ツール」にて、「チェック」ボタンをクリックします。

方法二:無料ドライブ管理ソフトを利用する

ここで、無料のドライブエラー修復ツール―EaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。Windows10環境でハードディスク、パーティションの不良セクタ、ファイルシステムエラー、および他のディスクエラーを検出し修復することが可能です。

1.ソフトを実行して、チェックしたいディスク/パーティションを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。

「パーティションをチェック」を選択する

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが生成されます。

プロセス設定を確認する

2.「OK」を押したら、エラーチェックを実行します。

プロセス設定を確認する

EaseUSが選ばれる理由