> How to Use > パーティション管理 > HDDとSSD簡単に併用する方法二選

HDDとSSD簡単に併用する方法二選

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年03月25日に更新

概要:

HDDはSSDより遅いということ、皆さんがご存知していると思います。しかし、SSDの値段がHDDに大幅に上回っています。そこで、一つのコスパの高い方案を皆さんに紹介したいです。それはHDDとSSDの併用することです。本文では、HDDとSSDを併用する方法について詳しく解説します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

同時にHDDとSSDを併用するのは可能?

もちろん、SSDとHDDを1つのシステムで順調に使用できます。大量のデータ(写真、ビデオ、ゲームなど)を保存するには、HDDは常に最適な選択です。技術の進歩に伴い、様々なストレージ技術が誕生し、もとも使われているのはSDDです。

SSDには高速機能が搭載されていますが、大容量のSSDはHDDよりもかなり高価です。 このため、ほとんどのユーザーは、ストレージが小さいSSDしか購入できません。

SSDには、低消費電力と高速ロードを含む多くの利点があります。このため、多くの方がHDDが一つパソコンに存在する以上、SDDをインストールしたいと考えています。同時にHDDとSSDを併用するのは可能?むしろ併用するのは最適なコスパの高い方案でも言えます。

HDDとSSDを併用するメリット

  • ストレージ容量が増加
  • システムオペレーションをSSDにインストールすることで、パソコンのスピードが大幅に上昇する
  • SSDの構造で節電できる

Windows10でHDDとSSDを併用する方法

ラップトップやPCでSSDとHDDを併用するのは一目見ると難しい作業のように思われるかもしれませんが、適切なツールがあれば、いくつかの簡単な手順で簡単に実行できます。これからHDDとSSDを併用する方法について紹介したいと思います。

1.SSDをブートドライブとして使用する

SSDとHDDを併用するなら、SSDをブートドライブとして使用することがおすすめです。SSDにOSをインストールするとPCの起動、シャットダウン、Windowsシステムに関するプログラムなどが高速化します。ここで、SSDへのWindowsオペレーティングシステムをインストールするには、全体的に二つの方法があります。

一つは Windows 10 installation mediaを使って移行することで、もう一つはOS移行ソフトでシステムを移行することです。

Windows 10 installation mediaで移行する

これは一番伝統的な移行する方法のクリーンインストールです。 このプロセスでは、OSを移行する代わりに、Windows MediaCreationToolを使用してOS全体をSSDにクリーンインストールします。

準備すべきもの:

  • Windows MediaCreationTool
  • 空のSSD(128GBはおすすめです)
  • Windowsキー(インストール後にアクティブ)

これからインストールする手順について詳しく解説します。

1パソコンの電源を切り、SSDを取り付けをします。

2.上記の公式サイトでWindows 10 installation mediaをダウンロードし、インストールします。

3.PCにWindowsMediaCreationToolを実行します。

4.すべてのライセンス契約条件に同意し、「別のインストールメディアを作成する」を選択します。 後で、「次へ」をクリックします。

インストールするー1

5.下にあるイメージのとうりに選択します。

インストールするー2

6.インストールしたいシステムを選択し、SSDにインストールし、「次へ」をクリックします。

7.Windowsのインストールプログラムが自動的に起動し、終わるまで待ってください。

Windows 10 installation mediaで移行するのは初心者にとって少し難しいと思います。移行するより、SSDに新しいシステムオペレーションのインストールの方が適切な言い方。それに、新しいWindowsキーを購入しなければならないので、少しお金の無駄遣いになります。

OSツールで移行するのはおすすめです。

OS移行ソフトでシステムを移行する

ここで、EaseUS Partition Masterを皆さんに紹介したいと思います。

EaseUs Partition MasterでOS移行する場合は、OSを再びダウンロードや再インストールする必要はありません。したがって、多くの時間が節約し、以前の方法よりもはるかに便利で、WindowsOSをSSDに移行するのに役立つ完璧なオプションです。

 EaseUS Partition Master のメリット

  • 完璧にOSをSSDに移行する
  • ディスクの管理の最適化
  • 無料のトライアル版を提供
  • 簡潔なインターフェースで、初心者でも使える便利さ

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

以下の手順に従って、移行をはじめましょう。

まずはSSDを取り付けること。下のビデオに従って、SSDを取り付けましょう。

準備が備えて、さっさと移行をはじめましょう。

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードして、PCにインストールします。そして、ソフトを実行して、上部メニューでOSを移行を選択します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ1.

2.SSDを目標ディスクとして選択し、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ2.

3.目標SSDで何かデータが保存されている場合は、それらデータがすべて上書きされてしまうので、注意を払ってください。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ3.

4.転送元のディスクと転送先のディスクのレイアウトが違って、いったん移行プロセスを実行すれば、全部一緒になるので、ここで事前に目標パーティションのサイズを調整して、「次へ」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ4.

5.ソフトのメインウィンドウで「保留中の操作」をクリックして、OS移行プロセスの詳細を確認して、操作を適用します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ5.

最後に、移行が完了してから、パソコンを再起動し、特定のキー(DEL、F12など)を押してBIOSを起動し、起動順序を変更して、SSDからPCを起動します。

重要:OSをSSDまたはHDDに移行する操作では、ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がない場合、ターゲットディスク上の既存のパーティションとデータが削除されます。重要なデータ事前にUSBドライブにバックアップしてください。

2.個人データをHDDに保存する

価格が高いため、容量の小さいSSDを購入した場合は、すべての個人データ(使用頻度の低い個人データや、ビデオ、音楽、映画、写真など)をHDDに保存することを常にお勧めします。

おまけ:EaseUS Partition Masterでディスクの管理を最適化する

ハードドライブを最適化する方法がわからない場合は、EaseUSパーティション管理ソフトウェアをもう一度楽しみにしてください。 はい、OSをSSDに移行するのに役立つだけでなく、EaseUS Partition MasterはHDDを最適化するための理想的なオプションです。 この無料のツールを使用すると、パーティションのサイズ変更、パーティションのマージ、パーティションの削除、ハードディスクの消去/ワイプ、パーティションのフォーマットなど、さまざまな機能を実行できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1.EaseUS Partition Masterを実行します。未割り当て領域がないですから、まずは隣のDディスクを縮小して、未割り当て領域を作成します。

インタフェース

Step 2.Dディスクを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択して、ドラッグでDディスクを縮小します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ2.

Step 3.同じようにCドライブの右側を右にドラッグすることで拡張します。

EaseUS Partition Masterを使って、Windows 10でパーティションの領域を拡張するステップ3.

Step 4.適用をクリックして、行った操作を確実に実行します。

Windows10でSSDとHDDを併用するヒント

ヒント1.システムをSSDにインストールする

SSDの一番のメリットはその高速です。基本的に、SSDは、従来のHDDと比較して、SSDからのデータの読み取りスピードがはるかに高速です。したがって、頻繁に読み取る必要のあるすべてのものをSSDに配置することを常にお勧めします。システムと頻繁に使用するアプリをSSDにインストールして、PCが十分に高速に動作できるようにすることをお勧めします。

ヒント2.SSDをデフラグしないでください

SSDとHDDを一緒に使用するときは、必ずHDDのみをデフラグしてください。 HDDでは、データは断片化され、複数の場所に保存されます。そのため、HDDでデータを読み書きするときはいつでも、特定のファイルを見つけるのに多くの時間がかかります。したがって、HDDをデフラグすることで加速できます。これにより、ドライブのパフォーマンスが向上し、速度が向上します。ただし、SSDをデフラグしないように注意してください。そうすれば、SSDの寿命に傷つけます。

ヒント3.データファイルをHDDに保存する

SSDを完全にいっぱいにすることはできないため、データファイルをHDDに保存することをお勧めします。空き領域のないSSDは、書き込みが繰り返され、使用中のブロックが損傷するため、高速に動作しません。したがって、音楽、映画、その他の大きなファイルなどのデータファイルをHDDに保存することをお勧めします。

ヒント4.TRIM機能を有効にする

TRIM機能により、SSDはHDDよりも高速に動作します。ファイルが削除されるたびに、TRIM機能は、不要になったすべてのセクターからファイルをクリーンアップするようにドライブに命令します。このプロセスにより、新しいデータをドライブに書き込む速度が速くなります。したがって、SSDをより有効に活用するには、コンピューターシステムで常にTRIM機能を有効にしてください。

結論

SSDとHDDを併用する方法を明確に理解したことを願っています! 上記のヒントを念頭に置いて、SSDを最大限に活用しましょう。また、ディスクの管理に何がしようよするなら、間違いなくEaseUS Partition Managerに目を向ければきっと役に立てます。この優れた機能が付きのEaseUS Partition Managerには、ディスク管理を手間のかからない時間節約できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!