> How to Use > パーティション管理 > 完全比較:M.2とSSD、どちらが良いですか?

完全比較:M.2とSSD、どちらが良いですか?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年04月07日に更新

概要:

M.2とSSDのどちらを購入するかに迷っていますか?本文では、M.2とSSDを完全に比較した上、各デバイスの相違点を皆さんに紹介します。本文の内容を参照して、M.2とSSDのどちらかが自分に適切なのかを知るようになると思います。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

SSDには、M.2とSSDといった2つの主要な種類があります。SSDといえば、外付けデバイスと内蔵デバイスも含まれますが、M.2といえば、通常マザーボードに接続されるものになり、NVME M.2とも呼ばれます。この記事は、M.2と標準のSSDドライブの相違点について皆さんに紹介します。

M.2とSSDの定義

M.2またはNVMeM.2ドライブは、SSDドライブの一種ですが、インターフェイスが完全に異なり、速度も速いので、通常内部ストレージとして使用されています。NVMeはNon-volatile Memory Express(不揮発性メモリ・エクスプレス)の略です。これらは、データ転送レーン用のより高速なバスタイプを提供し、大きなストレージサイズを提供し、M.2ドライブスロットにのみ適合できます。M.2ドライブの購入を計画している場合は、マザーボードにM.2ドライブが搭載されていることを確認してください。

M.2とSSD

SSD(ソリッドステートドライブ)には、内蔵ドライブと外付けドライブの両方とも含まれています。内蔵ドライブとして利用する場合は、M.2と比較して、どちらが異なっていますか?SSDは、HDDと同様に、SATAサポートを提供していますが、標準のHDDと比較してはるかに高速です。

ただし、M.2ドライブと比較すると、内蔵SSDの読み書き速度は遅くなります。なぜかというと、M2ドライブとは異なり、SSDドライブは従来のハードドライブ(2.5インチSATA SSD)のように接続されますが、M.2ドライブはマザーボードに直接接続され、バス速度が速くなるため、非常に高速な転送が可能になります。

M.2とSSD、どちらが良いですか?

比較項目 M.2 SSD 
バス標準 NVMeプロトコル AHCIプロトコル
帯域幅 PCIex2またはx4レーン SATA 6 Gb / s
転送速度 最大5000MB/ S 最大560MB/S
コネクタ M.2 / PCIE SATA
サイズ/コスパ 高い 低い
使いやすさ ゲーム、ビデオ編集、およびより高速が必要なもの ブラウザやメールを含む通常のデスクトップ作業。
推奨デバイス 新世代のデスクトップとラップトップ 古いコンピュータ

上記の比較の情報からいえば、どちらが良いかは答えるのが難しいと思います。これらのデバイスは、異なる用途によって選択されることが必要です。

例えば、ゲーム、ビデオ編集、グラフィックスなどの作業が多い場合、ドライブの読み取りと書き込みの速度を速くする必要があります。このような場合、大容量のM.2ドライブを利用する必要があります。より高速なPCが必要であるが、ドキュメントの処理、電子メールの発受信にのみ使用する場合、OSの必要容量より大きな2.5インチSSDが十分です。

結局、M.2を使用するか、SSDを使用するかということは、自分の予算にもよることになります。予算が高い場合、パフォーマンスがもっと優れているM.2を使用するのはもっと賢明な選択だと思われています。

M.2またはSSDをパソコンに設置する方法

インストールだけではなく、SSDとM.2ドライブをパソコンに適切に設置することも必要です。これらのドライブの設置方法は、パソコンのポートに挿入すると、パソコンに自動的に認識されるHDDと異なります。

また、SSDは、フラッシュドライブの一種であるため、その寿命を延ばすために、それぞれにトリミングスペースを設定する必要があります。また、SSDとM.2で不要な書き込み操作を多く行うと、寿命が短くなるため、適切なセットアップが重要です。

M.2またはSSDをコンピューターに設置する方法

#1.M.2ドライブの設置方法

ステップ1.マザーボードのM.2スロットの周りにある取り付けネジを外します。

ステップ2. M.2ドライブを慎重に取り出し、金色の接点のある端をスロットに挿入します。

M.2ドライブの設置

ステップ3.M.2ドライブを設置すると、ネジを元の位置に戻します。この時、ドライブを壊さないように、締めすぎないでください。

#2. 2.5インチのSSDの設置方法

ステップ1. HDDと同様に、マザーボードのSATAポートにケーブルで接続する必要があります。長さを確認したら、SSDを取り出して、SSDトレイに配置してください。 

ステップ2.コネクタを使用してSSDに接続し、電源とデータケーブルの両方が追加されていることを確認します。

2.5インチのSSDの設置

M.2またはSSDをセットアップする方法

上記のステップを参照して、M.2またはSSDをパソコンに設置すると、これらのドライブを現在パソコンのストレージ構造に一致させるように、それを初期化する必要があります。ここでEaseUS Partition Masterを使用して、M.2またはSSDを初期化することがおすすめです。このソフトウェアは、パーティション分割、結合、クローン作成、OS移行などのオプションを含む、ストレージドライブの管理に必要なすべての機能を提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

このソフトには、新しいディスクを管理するため、組み込みのパーティション作成ウ​​ィザードが用意されています。パソコンで新しいSSDが設置されていることを自動的に検出し、作成ウィザードが自動的に表示されます。この作成ウィザードでは、ディスクを複数のパーティションに分割したり、ディスク上のパーティションのサイズを自由に調整したりすることができます。

このソフトを起動すると、ドライブ上のすべてのパーティションが表示されます。いずれかのパーティションを右クリックすると、クローン作成、フォーマット、データ消去、分割または結合など、あらゆるの操作を実行できます。

OSの移行

新しいM.2かSSDを利用する場合、OSの移行が非常に有用かつ便利な機能です。OS移行という機能を使用すると、OSを含むすべてのプログラムやデータを再インストールしたり、移行したりする必要はありません。だから、次の操作手順を参照して、このソフトウェアを使って、元のHDDからSSDまたはM.2ドライブに転送し、データを失うことなくスムーズに切り替えましょう。

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードして、PCにインストールします。そして、ソフトを実行して、上部メニューでOSを移行を選択します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ1.

2.SSDを目標ディスクとして選択し、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ2.

3.目標SSDで何かデータが保存されている場合は、それらデータがすべて上書きされてしまうので、注意を払ってください。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ3.

4.転送元のディスクと転送先のディスクのレイアウトが違って、いったん移行プロセスを実行すれば、全部一緒になるので、ここで事前に目標パーティションのサイズを調整して、「次へ」をクリックします。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ4.

5.ソフトのメインウィンドウで「保留中の操作」をクリックして、OS移行プロセスの詳細を確認して、操作を適用します。

EaseUS Partition MasterでWindows 10 OSをSSDに移行するステップ5.

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ご案内: OSをSSDに移行する場合、SSDに十分な未割り当て領域がなければ、SSD上の既存のパーティションとデータが削除されます。重要なデータがSSDに保存している場合、事前に外付けハードドライブにバックアップしてください。

結論

コンピューターを購入すること、または、現在のディスクをSSDかM.2に切り替えることは、パソコンのデータ転送を高速化するだけでなく、書き込み速度が速くなるため、パソコン全体的なエクスペリエンスも非常に良くなります。

予算が限られている場合は、OSとプログラムをもっと早く作動させるため、250GB程度のSSDを購入するだけで充分です。残りのデータやプログラムは、通常のHDDに保存してください。

また、M.2と標準SSDのどちらかを選択する場合は、M.2の方がパフォーマンスがもっとよく、信頼性が高いので、予算が足りる方にとって、M.2はもっと理想的なデバイスだと思われています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!