> How to Use > パーティション管理 > Windows 10/8/7でシステム修復ディスク/ブートドライブを作成する方法

Windows 10/8/7でシステム修復ディスク/ブートドライブを作成する方法

2016-07-14 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
クラッシュや故障のため、システムが正常に起動できない時、システム修復ディスク或いはブートドライブを作成するのが必要となります。どうやってWindows 10/8/7でシステム修復ディスク/ブートドライブを作成できるでしょうか。その方法を皆さんに紹介します。

皆さんは、システムのクラッシュや故障などで、パソコンを正常に起動させなかったことありますか。システムには問題があり、ブートできないせいで、パソコンを起動してもブルースクリーンやクラッシュだけです。そうな時、ブータブルディスク、或いはシステム修復ディスクを作成するのは必要とされています。しかし、パソコンにあまり詳しくない一般のユーザーにとっては、システム修復ディスクとは何だろうか、どうシステム修復ディスクを作るのか、分かっていない方もいるでしょう。

簡単に言うと、システム修復ディスクというのは、システムが正常に起動しない時、代わりにOSの役目を担当する起動メディアです。システム修復ディスクがシステムディスクとしてパソコンをブートさせるこそ、システムエラーへの修復操作が実現できます。では、どうすれば、Windows 10/8/7でシステム修復ディスク/ブートドライブを簡単に作成できるでしょうか。次は幾つかの方法を皆さんに紹介します。

3ステップでシステム修復ディスクを作成

ここは、システム修復ディスク作成機能を備えるパーティション管理ソフトEaseUS Partition Masterを皆さんにお薦めします。簡単な操作で、ブートディスクを作成してみましょう。

1.ウインドーの左側にある「WinPEブータブルディスク」をクリックします。

「ブータブルディスク作成」をクリック

2.USB或いはCD/DVDを挿入し、相応の項目を選択して「実行」すれば、USB或いはCD/DVDにブータブルディスクを作成します。

作成プロセスを実行する

3.もしブートディスクの作成に失敗したら、ISOをエクスポートして第三者書き込みソフトで作成してください。

失敗した場合の対処法

マイクロソフトソリューションでシステム修復ディスクを作成

Windows 10/8

1.サーチで「recovery drive」と検索して、「create a recovery drive」を選択します。

2.最低限2GB容量のUSB、SDカード、CD/DVDをパソコンに挿入します。

3.「copy the recovery partition from the PC to the recovery drive」を選んで、「create」

4.プロセス終わると、USBを抜けます。

 

EaseUSが選ばれる理由